« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月の17件の記事

2019年11月30日 (土)

ステイヤーズステークス(G2)の予想

さぁ時間がないぞ!w

 

目についた馬だけ!

 

7 レイホーロマンス

距離が伸びた方が良さげ。体重も絞れたし、鞍上が乗れてるノリさん!

人気薄のここで一発あるね!

 

10 リッジマン

叩いて良くなるタイプ。

追い切りも普通に仕上がってる感じ。

なら実績実力とも上位。

 

11 アルバート

もう8歳かぁ・・

1年ぶりの前走を叩いてどうか。

坂路追い切りは馬なりで普通の時計を出してきて問題はなさそう。

ならば得意の長距離で上位に来て当然か?

気持ちが終わってなければ。

 

12 モンドインテロ

あw これだ。

2週前坂路で自己ベストを叩いてきた。

昨年の3着馬。

ステイヤーのリピーターご用達のこのレース。

7歳とはいえ、この調子なら来るね!

 

この4頭で決まりだね!

 

・・・あ!

 

1 オジュウチョウサン !!!w

この距離ならこの馬を無視しちゃダメだよね。

キレ勝負にならなければ当然出番あるかな?

 

どうだろ?w

 

馬券的には

10=12-11-7

って感じです!

 

さぁさぁ、結果が楽しみですね!

 

チャレンジカップ(G3)の予想

各馬の評価、いってみよう!

 

 1 ブレステイキング 追い切り:〇 評価:〇

2週前に坂路時計を出すタイプ

当然に前走以上の時計を出したし、それ以降も全体的な時計は普段より一回り良いまま。

明確に好調。

昨年と同様な日程を組んできた。

その昨年はG2セントライト4着→1000万精進湖1着。

今年は3勝レインボー1着→ここ。

非常にじっくり大事に育てられてきた感のある馬。

2年前のこの時期の新馬戦と年明け500万に同じムーア騎手を迎えながら勝っていない。

いつも色んな外国人ジョッキーに乗り続けてもらっていていずれも勝ってるのだが、

名手ムーアだけが勝ってないw

さぁ、ここで2年越しの成長と勝利をムーアさんにプレゼントできるかどうか?

ムーアさんも自分だけ勝たせられてないのは納得してないはずw

今の上り調子ならオープン初戦の初重賞でもやれるか?

ディープ産駒の晩成は期待薄だが、ここだけは頑張れるか?

開幕週の最内枠は名手の腕の見せ所。

未完の素質馬にここで一箔つけられるか!?

 

 2 ギベオン 追い切り:〇 評価:〇

こちらも前走以上の上り調子。

つうか、前走毎日王冠は岩田Jrを乗せるという明らかな叩き台。

昨年も同様な日程で、セントライト14着大敗→中日新聞杯1着というわかりやすいローテ。

距離はギリギリな感もあるが、阪神は得意。

夏の鳴尾記念を福永ジョッキーで取りこぼした無念を、今回は神デットーリを鞍上に迎えて晴らす。

CWの追い切りの行きっぷりは物凄く良い。

内枠をとったし、十分に内で脚を溜めて直線爆発。間違いないw


 3 ベステンダンク 追い切り:▲ 評価:なし

距離的に無理、だよね?

 

 4 ロードマイウェイ 追い切り:▲ 評価:なし

4連勝中。今回も好調。でも力不足だよね?

積極策でくるだろうけど、同型が強力なだけに。

右回りではキレもないようだし。

ルメールさんがブレステイキングじゃなくてこちらを選んだのが不気味だけど。

 

 5 ブラックスピネル 追い切り:▲ 評価:なし

好きなんだけども・・。

6月の鳴尾記念2着と同舞台。

坂路時計も同等を出してきたか。

でもなぁ、あの時は少頭数人気薄で本命馬が後ろからだったこともあり

同型が不調でスロー逃げが叶って、ラッキーだったかも。

今回も同じような形に持っていけそうだが、強力な先行勢のペースメーカーになるまでか。


 6 ケイアイノーテック 追い切り:▲ 評価:なし

前走秋天がメイチ。今回はそのお釣りで。

とはいえ、距離が、ね。


 7 トリオンフ 追い切り:✕ 評価:なし

なんとなんと1年以上ぶり。さすがに全く動けてないですね。

今後どこまで復活できるか。


 8 ハッピーグリン 追い切り:△ 評価:なし

力不足、だよね?


 9 ステイフーリッシュ 追い切り:△ 評価:なし

思い切って消し。

非常に堅実な戦績ですけどね。

見事にドスロー先行なレースばかり。時計は超遅い。

昨年3着だけど開幕で59秒台だしね。

今回はキレ勝負になると見て、消し。

追い切りは間隔短いこともあって特に時計出さず。好調維持ではある。

 

10 ノーブルマーズ 追い切り:✕ 評価:消し

うーん。強めに追われても坂路時計出ず。

キレ勝負もつらいかな?

 

11 テリトーリアル 追い切り:▲ 評価:消し

旬のゴドルフィンではあるけども。

まだまだ力不足、だよね?

 

12 ゴーフォザサミット 追い切り:◎ 評価:★

これだww

坂路時計はもちろん、前走秋天時の方がびっしり時計出せてるんだけど。

南Wの行きっぷりが今回はめちゃくちゃいい。

これまでの良績時に比べても抑えたままで好時計。

馬の気持ちを重視する藤沢和雄厩舎ですからね。

今回はばっちりピークに持ってきた感じ。

惨敗続きだけどめっちゃ王道のGI・GIIに挑み続けてたからね。

今回は久々のG3。相手関係は思いっきり楽になった。

青葉賞を勝った素質馬。晩成のハーツクライ産駒。

ここで久々の重賞勝ちはあまりにもありがちな話。

大外枠の不利なんか吹っ飛ばす豪快な勝ちを期待していいと思います。

 

 

さてさて、まとめるとこんな感じ。

高評価が3頭しかいねえ!w

12 ゴーフォザサミット 追い切り:◎ 評価:★

 1 ブレステイキング 追い切り:〇 評価:〇

 2 ギベオン 追い切り:〇 評価:〇

これに思い切って消すと言ってしまったけどやっぱり好きな

 9 ステイフーリッシュ 追い切り:△ 評価:なし

やっぱり入れておこうかな?

 

以上です!

結果が楽しみですね!

2019年11月25日 (月)

京阪杯(G3)の反省(プチ的中)

〇ライトオンキュー

▲アイラブテーラー

が来たあああ!!!!

でも馬券は外れたあああ!!!ww

 

どうしても◎リナーテを外した馬券にできなかった・・

 

そんな私の京阪杯予想記事はこちら→京阪杯(G3)の予想

 

各馬の評価自体は結構当たってたかな。

まぁ上位人気馬なんで、自分の評価なんて関係なかったかもですけどw

 

上昇気配・絶賛成長中の馬がその勢いを見せてくれるレースは気持ちいいですね。

でもやっぱり3着にはベテランさんが来るのね・・

京都良績のカラクレナイさんは引っかけておくべきでしたねー

3連複で75倍とかつきすぎでしょw

 

多頭数の中、結果的に人気馬だったとはいえ、自分なりに評価した馬が上位に来てくれてよかった。

 

 

ただ・・・

ファンタジストが残念なアクシデントに遭ってしまいましたね。

まだまだこれから、どんな方向に才能が開くのか気になる馬だったのに。

若駒の悲運はほんと悲しい。

RIP。

ジャパンカップ(G1)の反省(プチ的中)

スワーヴリチャード、おめでとう!

強かった!

坂路鬼時計、絶好調の姿は間違いなかったですね。

本命◎的中!

でも馬券は当たらず!!ww

 

その私のジャパンカップの予想記事はこちら→ジャパンカップ(G1)の予想

 

高速馬場やヨーイドン勝負では分が悪い彼には好条件が揃いましたね。

重馬場の上にペースも流れ、上りのかかるレース。

それぞれの馬の適性が露わになるレースになった気がします。

 

なんて知ったか言ってる割に、予想記事での各馬の評価は外れてたようなw

特に、2着3着のカレンブーケドール、ワグネリアンはバッサリ切ってたからなぁ・・・

この特殊馬場がスワーヴリチャードに味方する!と見たなら、これらの馬も見直すべきだった。

でもなぁ・・ワグネリアンはどうにも好きになれなくて、全然評価できない・・。反省。

 

高評価したシュヴァルグランもレイデオロもタイセイトレイルも全然だめ。

最後に付け足したエタリオウが最上位の7着という無残さw

 

でもGIらしく、力比べのタフなレースになって見応えありました。

これは外国馬不参加のかわりに外国人ジョッキーがたくさん参加してくれたからかな?

 

極端な高速馬場が嫌われて外国馬が来ないと言われます。

やっぱりそうかもね。

こういうタフな馬場でタフなレースの方が見るのも予想するのも面白いのは確かかなとも思いました。

 

なんにせよ、スワーヴリチャードおめ!

馬券は今度こそ当てたい!w

以上です!

2019年11月24日 (日)

京阪杯(G3)の予想

こっちの予想はややいい加減でいくぞ!w

 

◎ 13 リナーテ 追い切り:〇

メイチではないものの。

馬体重増がサイン。

この子の実績見れば、馬体重を増やした時に勝っているのさ!w

 

〇 6 ライトオンキュー 追い切り:〇

坂路タイムもジリジリ上げてるようだし、

何よりも今夏の札幌修行が大きいはず。

リナーテと好勝負した経験をここでも。

 

▲ 12 アイラブテーラー 追い切り:◎

上り馬らしく絶賛成長中。

坂路タイムも右肩上がりだが、それを象徴するように

最終坂路も馬なりでベスト近くでキレは一番か。

上位確実かな?

 

高評価は上の3頭だけだ!

ここに1番人気でGIスプリンターズS2着に敬意を表して

14 モズスーパーフレア

を加えればOKかな!

 

さぁ!結果が楽しみですね!

ジャパンカップ(G1)の予想

時間がねえ!w

 

1 カレンブーケドール 追い切り:▲ 評価:なし

牝馬クラシック上位とはいえ、クロノジェネシスはエリ女で負けたし。

相対的に見て、ここでは力不足・・・だよね?

 

2 ワグネリアン 追い切り:▲ 評価:▲

馬体重減りすぎじゃね?w

君の成長分はどこへいったんだ?

早熟ディープらしく、ダービー当時に戻ったんだろか。

だとすれば、秋天は5着どまりも妥当。

でもそれでは今回のタフなJCに出番はない気がする。

鞍上は福永君から大幅に強化されたけどもw

その点だけをプラスに捉えて▲。

 

3 ウインテンダネス なし

ない、よね?

 

4 ムイトオブリガード 追い切り:▲ 評価:消し

重馬場だめっぽい・・・よね?

 

5 スワーヴリチャード 追い切り:◎ 評価:〇

最終坂路追い切りで突然の鬼時計50秒台。

時計のでる馬場だったのかもだけど、僕は信じますよ、こういう鬼時計を。

高速レースよりも宝塚や有馬などのタフなレースで上位に来てるのも好材料。

今回の重馬場が味方する。

坂路鬼時計を信じて◎でもいいくらい。

何気に今東京で勝ってるハーツクライ産駒だし!

 

6 ユーキャンスマイル 追い切り:▲ 評価:なし

人気してますね

でもこの馬の脚がハマる展開ではないと思います。

ここ目標ではなかったと思うし。

 

7 ダイワキャグニー 追い切り:▲ 評価:なし

やっぱ力不足かな?

 

8 レイデオロ 追い切り:▲ 評価:▲

可もなく不可もなく

キャロットの外厩仕上げだろうから特別時計ださないし。

レイデオロの戦績通りの力は期待できる出来でしょう

あとは相手関係のみ。

 

9 ルックトゥワイス 追い切り:▲ 評価:なし

特になし。

 

10 ダンビュライト 追い切り:▲ 評価:なし

いつも通り、坂路は元気一杯。

とはいえ、とんでもない時計がでたわけでもなく、おおきな変わり身はないかな?

 

11 シュヴァルグラン 追い切り:〇 評価:〇

最終は芝で追ったが、なかなか元気一杯迫力ある走りは健在です。

1週前は全然だったけど。

体重もえらく減ってるのが心配だけど。

それでも経験と基本能力は最上位クラス。

重馬場なら若い馬のキレにも対抗できる。

いぶし銀の強さを見せてくれ!w

 

12 タイセイトレイル 追い切り:▲ 評価:★

追い切りに変わり身は感じないが、戦績はちょっと魅力。

全然下位クラスの話とはいえ、東京はほぼ常に上り最速で勝ってる。

多少渋ってもOK

そして今の東京はなぜかハーツクライ産駒が勝っている。(自分の見間違いじゃなければ)

あとはGIのペースについていけるかどうか。

ドスロー展開になれば・・・

 

13 エタリオウ なし

14 マカヒキ なし

15 ジナンボー なし

 

結果的に高評価の馬少なし!

まとめるとこう!

 

5 スワーヴリチャード 追い切り:◎ 評価:〇

11 シュヴァルグラン 追い切り:〇 評価:〇

8 レイデオロ 追い切り:▲ 評価:▲

12 タイセイトレイル 追い切り:▲ 評価:★

あと、びっくりの馬体重減とステゴ産駒を信じろ!で

13 エタリオウ

を付け加えます!

 

以上!

結果が楽しみですね!

2019年11月23日 (土)

キャピタルステークスの予想【記事を消しちゃったああああ】

大失敗。
先に投稿したキャピタルステークスの予想記事、
その後に京都2歳Sの予想記事を上書きしてしまった・・・
(´;ω;`)ウッ…
ちょっぴり残ってたブログランキングの冒頭部分がこれ。
追い切り注目馬はこれ
★★★ 12 ケイデンスコール1週前に突然の鬼時計。不良馬場でこそケイデンスを上げていけ!
★★ 4 レッドヴェイロン最終追い切りでほぼベスト。ラストのキレは増してる。
★ 9 ブレスジャーニー先週今週良時計。ラストも良し。…
この次に
 5 ソーグリッタリング
10 サトノアーサー
を挙げてたのかな?
結論的な買い目は
12-4 の2頭固定で
3着狙いが5,10だったかなぁ・・
まだレース結果は見てないんだけど、
なんかもう見る気なくしたw
こんな稚拙な失敗はもうしないように気を付けます!

ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(G3)の予想

本命は

◎ 6 ミヤマザクラ

この馬以外にないですね。紅一点、唯一の牝馬。

この京都2歳Sで牝馬が勝ったのはここ数年ないはずですが・・

それでもね、前走の力強さと追い切りの成長ぶり。

マイナス要素が一切なし。

札幌でしか走ってないので時計的な比較が難しいっぽいですが、

函館芝コースでの追い切り時にラスト1F馬なり11秒台だしてたように、

普通にキレるはず。

不動の本命で!

 

そして対抗は、

〇 8 マイラプソディ

ですかねぇ・・・

正直、不安要素が多いと思います。

何より、前走9月の野路菊S完勝時に武さんが「来年が楽しみ」って言ってたのです。

なのになぜこのレースを使う???

さらには、7月の新馬勝ちのあとには調教師の先生が「夏休み放牧後の成長が楽しみ」と言ってました。

もともと500kgの大馬体とは言え、休み明け後の成長は・・・あまり感じられないのでは?

早熟と見切ったから、拙速にタイトルをとりに来てると勘繰りたくなりますw

追い切りもそんなに変わり身感じず。

まぁでも、僕のジンクスで、こういう元気なさげに見える馬はくるんですけどw

とにかく! あまりに過剰に人気してますが、勝つのはミヤマザクラだと思います!

 

さぁさぁ、ざっと見渡しても2頭のマッチレースだと思うわけですが・・・

ヒモ穴を探しましょう!w

 

で、

穴じゃないけど、順当なら

4 ロールオブサンダー

内容良しで、良化も伺える。

でも+20kgってなんだよ!w

 

穴なら

3 ジャストナウ

前走惨敗だけど、新馬のロングスパートの流れでラストのキレは素晴らしかった。

 

もう時間だ!

結果が楽しみですね!

 

2019年11月17日 (日)

マイルチャンピオンシップ(G1)の予想

時間ない!w

 

▲ 14 ダノンプレミアム

よくて2着まで?

天皇賞とマイルCSを連覇した馬なんて、2009年(10年前!)のカンパニーまで遡る。

しかもカンパニーは引退レースだったから一滴のお釣りもなく力を出し切れたけど。

天皇賞はアーモンドアイに負けたとは言え、他のすべての馬には勝ってた内容だし、勝ちに行ってたはず。

アーモンドアイを負かせば箔が付くからこそ、勝ちに行ってたはず。

けっしてマイルCSへの叩き台ではなかったはず。

その負荷は大きすぎる。中二週でここを勝つのは甘くないでしょ。

アーモンドアイを獲れなかったから、そのお釣りでこのGIタイトルをせめて・・・ってとこかな?

古馬GIタイトルを取るチャンスは今後もありそうで少なそうだしね。

でも勝ち切ることはないと思います。

マイルのスペシャリストのいいペースメーカーになるまで!

 

▲ 1 ダノンキングリー

これまた不安要素あり。

1週前追い切りで南W一杯に追いまくり。

しかしその時計は前走毎日王冠時の馬なりの時計に劣る・・。

ただ叩いた効果で最終の南Pでは行く気満々120%になってましたね。

ちょっと行く気ありすぎかもですが、最内枠をもらって、そこに閉じこもってじっとできれば、

ラストに弾けるかも。

でもねぇ、もう一つ。

初遠征ですよねw

いろんな戸惑いがあるんじゃなかろうか。

内でストレス溜めすぎて、気持ちが切れないか。

鬼脚が切れるか、気持ちが切れるか、さぁどっちだ!?w

勢いある横山ノリさんですが、馬と対話しすぎて、今回はやらずになるかも・・

秋天で期待されたサートゥルナーリアに勝てなかったのも不吉ですよね。

3歳のレベルに疑問符がついたかもです。

なのでこちらも▲評価まで。

 

▲ 7 ペルシアンナイト

こちらはプラスに捉えての▲

ローテの調子は昨年以上かと。

追い切りはかなり穏やか。びっしり追った感じはない。

が、むしろやや抑えてるようにも見えるので馬の行きっぷりは良いのかと。

私のジンクスでこういう元気なさげに見える馬が来るというのもあるのでw

もしかしたら〇まであるかもです!

 

〇 10 アルアイン

天皇賞を叩き台にしたのは、間違いなくこっちでしょ!

追い切りの元気は前走と変わらず。

昨年3着時より、今回は天皇賞で全然脚を使わなかっただけに元気あるはず。(昨年は秋天4着)

右回りに良績集中してるのは周知の通り。

今回も最上級クラスの走りで馬券内は確実だ!w

 

〇 12 モズアスコット

今度こそ!安田記念馬の意地を!

昨年はトラブルで走り切れなかっただけ。

ルメールさんに見切られたのがマイナスだけども。

京都での和田さんをなめるなよ!w

 

★ 8 プリモシーン

なにげに人気の穴。

マイルのこの馬のバネをなめてませんか?w

追い切りで抑え気味なほど、いきっぷりは良さげ。

穴をぶちあけるのはこの馬だ!

 

マイスタイルが引っ張り、ダノンプレミアムが横綱相撲

それを交わす差し馬決着を期待します!

 

もう時間がねえ!w

さぁ結果が楽しみですね!

 

 

2019年11月16日 (土)

東京スポーツ杯2歳ステークス(G3)の予想

若駒が一気にレベルを上げてくる東スポ杯

そこまでの戦績ではまだ見せてない能力を推し量るしかないのですが・・・

どうすりゃいいんでしょうねw

 

とりあえず、時計。

1800mを1分45から47秒台になるわけで、もちろんどの馬もそんなタイム出してません。

そしてペース。ドスローよーいドンが基本ですが、ハロン13秒台を挟むことは稀

前走までがそういうペースで勝ってた馬はポジションとれないか脚があがることになります。

 

圧倒的に余裕を残して先団追走できていて、ラストも圧倒的なキレで突き放すくらいでないと。

となると、ふつうに人気馬の

▲ 1 ラインベック

◎ 6 コントレイル

〇 5 アルジャンナ

あたりかな?

 

だがしかし、今回は1頭、それとは異質な有力馬。

ハイペースで逃げて押し切りを狙いそうな馬がいますね。

 

★ 8 マイネルデステリョ 追い切り:〇 評価:★ 6番人気

前走、東京2000mの未勝利戦で別の馬が大逃げうったため、結構なハイペース。

1000mを58.9の逃げ馬から離れた3番手、それでも0.5秒差くらいだから、やはり早い。

それを1500mあたりで交わして、2頭で先頭に立った1600mのタイムが1:35.6

人気馬ラインベックの中京2歳Sが1:36.5だったので、もう勝ってるんですけどw

そこから2番手だった馬を突き放して、1800mが1:47.5。このレースの勝ちタイムでもいいレベル。

ラストを12.3秒でまとめて1:59.8のレコードタイムでした。

今回、1F短縮となるわけだし、大外枠が不利な東京1800mとは言え、先行狙いのこの馬には好都合。

坂路で先週・今週とビシッと自己ベスト更新するタイムを叩いて、特にラストスパートを意識した感じ。

その分最終の南Wは併せ馬の古馬に遅れをとったけど、十分なハードワークになったかと。

中2週でこのハードワークにもかかわらず、今日の馬体重がプラス6というのは成長力と見ていいかも。

 

これでレースが面白くなりそうです。

 

さてさて、それでは差し馬側の有力馬評価を。

 

7 コントレイル 追い切り:◎ 評価:◎ 1番人気

1週前に一杯に叩いて51.1の鬼時計。

その効果抜群で、最終は馬なり51.9でラストのキレはマシマシ

完璧に仕上がった感じ。

時計の出る時期だったとはいえ、前走初戦の阪神1800mを1:48.9でラスト33.5。

残り300mまで馬なりのまま先頭に立ち、坂手前から追い出して突き放す強い強い内容。

下に挙げるアルジャンナとの比較になりますが、距離は違うけど前半のペースは若干こちらが早く、その上でこの馬はものすごく上手いスタートもあって先行できました。

内隣のアルジャンナをスタートで被せてプレッシャーかけてリードしておくのは、結構大きなアドバンテージになるかも。

鞍上にムーア様をお迎えして、もはや隙はないw

1番人気ですが、その通りど本命です。

 

5 アルジャンナ 追い切り:▲ 評価:〇 2番人気

こちらも前走新馬戦の勝ちっぷりが人気を集めてるんでしょうね。2番人気。

しかし、↑でも書いたように超ドスロー。

ラスト3Fから結構押して押して伸ばして勝った感じ。

ストライドがとても大きいのでスピードに乗せるための距離が必要なんでしょね。

その点は東京の長い直線に変わるのはプラス。

トップスピードはまだまだ伸びそうですが、有力な先行勢に届くかどうか。

CWでの追い切りも全体時計を縮めるようなのはあまりやってないようです。

新馬戦での川田ジョッキーのコメントが「能力出せるように時間を過ごしていければ」みたいな。

まだまだ未完成で未熟な自覚があるのでしょう。

それは追走力だと思います。

今回はペースに苦しんで勝てない予感。

なので対抗どまりの評価とします。

 

1 ラインベック 追い切り:▲ 評価:△ 3番人気

何も言えねえw

いや追い切りが軽すぎて。

休み明け後の坂路もそこそこで終えて最後はポリトラックという。

その坂路時計もまったく出さず(出せず?)

どうも成長できてないか調子が良くないのでは?っと感じざるをえません(おにぎりくん風)

超々良血馬にありがちな残念な将来を懸念せざるを得ない。

圧倒的なレースをしたわけでもないし、前走重馬場で苦しいレースしたのもプラスに感じないし・・

正直掲示板もなくてもおかしくない。低評価です。

 

3 オーロラフラッシュ 追い切り:〇 評価:✕ 4番人気

鞍上ルメールさん。ルメールさんの選択が人気してか4番人気にまでなってますね。

末脚が光る戦績。

でもやはり追走力が足りないか。

間隔のないローテだし、坂路タイムは若干縮めたものの、大幅な変わり身は期待薄。

出番ないだろな。

 

2 リグージェ 追い切り:〇 評価:☆ 5番人気

小穴評価はこちら。

キャロットマジック期待!w

とは言え、追い切り時計にはそんな大幅な向上は見せてません。

前走のレース内容の評価ですね。

馬群に包まれて、直線半ばまで追いだせない。

相当大きな進路変更の末にラスト1Fの抜群のキレでギリギリ勝ち切った。

新潟1800mで1:50:0は超ドスローの遅い時計で参考にならないけど。

強い高評価の馬がすでに3頭いるので馬券内は厳しいかもだけど。

血統もいいし、鞍上がマーフィさんと大幅強化。内枠で溜めてラストきれてくれそう。

問題はやはり追走力。これはまったくの未知数。

だからこそ、ここで穴をあける可能性を買うのがギャンブルですねw

 

さぁ!まとめると以下の通り!

 

◎ 6 コントレイル 1番人気

★ 8 マイネルデステリョ 6番人気

〇 5 アルジャンナ 2番人気

☆ 2 リグージェ 5番人気

 

買い目としては以上の4頭!

もう上位3頭だけでもいいと思いますけど!

 

以上です!

また評価を省いた馬がいて、それがまた来るんじゃないかというジンクスの不安もあるけれどw

結果が楽しみですね!

2019年11月10日 (日)

エリザベス女王杯 (G1)の反省

ラッキーライラックつえええ!!w

すさまじい鬼脚でしたね。

追い切り評価でフォームが変わった点を指摘してたんだけど、やっぱりそうだった模様。

成長したんだねー。

 

さてさて、予想全体を振り返れば・・・

奇をてらいすぎw

人気薄の馬をアゲるのに必死すぎた感じ。

あと、今回に限って馬番順に全馬評価を頑張ったのが裏目にでたなぁー。

普通に上位人気馬だけを評価してれば、ちゃんと

〇 2 ラッキーライラック (3番人気)

〇 6 クロコスミア (7番人気)

という二頭を最上位に評価してましたw

くーっ!! 惜しい! 悔しい!

 

クロノジェネシスのレベルを疑問視したのも、

ラヴズオンリーユーの太目指摘というか調子悪を指摘したのも、

スカーレットカラーの馬体重疑問視も、

センテリュオ?誰それ?も、

間違ってなかったっぽい!

 

うーん!!

こういう正しい評価をできてる時に限って、さらに穴馬を探そうとしてしまう悪い癖があるのかなぁ。

ラッキーライラックとクロコスミアで3番・7番人気なら、もう十分に十分に美味しいですやん!!!

ばかばかばかばか、自分のばかw

 

ふぅ・・

 

でもま、ラッキーライラックの素晴らしい走りを見れてスカッとしたし、

その走りを予感できた追い切り評価にも自信を持てました。

 

この反省を活かして、絶対にこの秋冬のGI戦線、どこかで必ず当てるぞ!

 

えー・・、最後になりましたが、一番反省すべき点を一つ。

今回の予想編の全てを通して、ずっと「東京コースだと思ってました」www

 

エリザベス女王杯 (G1)の予想

評価頑張る。当てたいw

 

1 ブライトムーン 追い切り:50点 評価:消し

追い切りで変わり身を見せてるわけでもなく(むしろ落ちてる)、力不足。

 

2 ラッキーライラック 追い切り:〇 評価:〇

良くなってる。

休み明けの府中牝馬Sで早め強気で僅差負けだったが強いレースだった。

そして一週前にビシッと追って最終の南Wでは、とても体が柔らかくなって大きな豪快なフォームを取り戻してる。

特に肩がよく回ってストライドが伸び伸び。

これなら東京の直線でさらにスピードに乗れる。

先行押し切り。これしかない。

切れ味極上の強い馬がいるだけに、各馬スローで行きたいはず。

楽に先行して望み通りの展開にハマるはず。

馬券は外さない。

◎でないのはラスト11秒台で追えなかった点のみ。

ハイペースで追い切りったから当然だし12秒フラットなら十分だと感じるけど。

好走は絶対期待できる。

 

3 シャドウディーヴァ 追い切り:◎ 評価:◎

こちらも秋華賞からの上積みはありあり。

当時のCW強め追いでの時計と同等の時計を抑え気味で出してきた。

馬はかなり走れる状態にある。

東京ではフローラSが非常にいいレースだった。

直線半ばまで最内で前が壁になり我慢我慢の展開。

最後の最後にラチ沿いの隙間に突っ込んだが、勝ち馬のスピードに乗り切った脚には間に合わなかっただけ。

あれ以上を期待できるなら、人気薄と内枠の利を生かして、インでじっとひっそり脚を溜めれば・・・・w

穴馬として期待できるかも。

それどころか、この枠順ならラッキーライラックの影にかくれてラスト突然抜け出すかもw

 

4 ウラヌスチャーム 追い切り:◎ 評価:▲

一週前のCWでのラストが素晴らしかった。

一瞬のキレは極上。いまの東京ならその加速したスピードを持続できるのでは。

問題は道中。

位置取りが器用な方ではなさそうな。これまでの騎手がミスしてただけかもだけど。

今回はいい枠とったし、そんなに後ろに下げることなくレースできるか。

ドスローならチャンス。

 

5 ポンデザール 追い切り:〇 評価:★

不気味。ここだけを狙ってきたかのような戦績。

坂路タイムは右肩上がり。レース毎にベスト更新してる感じ。

そもそもの時計は全然速くないけども。

キレは全く感じられないけども、とにかくスタミナ豊富。

晩成ハーツクライの本領発揮するのはこの馬か?

クロコスミアが後続の脚を消耗させるようならこの馬が台頭するかも。

しかし、その魅力があるだけに乗り替わりはマイナスなような。

この馬のスタミナを信じてロングスパートさせられるかどうか。

ジョッキー次第。

 

6 クロコスミア 追い切り:〇 評価:〇

エリザベス女王杯皆勤賞

一昨年・昨年と連続2着。

今回の追い切りは昨年同等以上と言っていいかも。

ちょっと追ってるかな、って感じはあるが。

一週前にベストタイムに次ぐ時計をしっかり出して調子あげてるのは確か。

ローテ自体が昨年と同じで、内容は今年の方が上。

さすがに今年はスイスイいかせてもらえる雰囲気ではなく目標にされそうだけど。

この馬のレースは出来る状態にある。

あとはこの馬をマークしてラスト一気に差し切れる能力のある馬が今年はどれだけいるかな?ってとこか。

 

7 レイホーロマンス 追い切り:▲ 評価:消し

力不足、かな。

 

8 クロノジェネシス 追い切り:〇 評価:〇

秋初戦の秋華賞をしっかり勝ち切った。

もちろん強力なライバル不在で勝って当然だったかも。

それでも秋華賞時の追い切りは一週前なんかムチまで入れての本気度120%でした。

今回は間隔も短いし、秋華賞が大きな追い切りみたいなもんで充分ですわな。

今回は一週前も結構軽め。それでも終いの伸びはスムーズ。

全体時計が遅いから当然でもあるけれど、末のキレは順調に見せていた。

実力は出し切れる状態にある。

だけどこの強力な古馬のいるGIで、この馬の戦績で足りるかどうか・・。

2番人気に押されるほど、レベルが高いとは思いにくいが・・

 

9 アルメリアブルーム 追い切り:▲ 評価:消し

武さんが乗ってる・・・

でも力不足・・ですよね?

 

10 フロンティアクイーン 追い切り:▲ 評価:消し

上積みは感じない。

明確に距離の壁がある模様。

 

11 ラヴズオンリーユー 追い切り:〇 評価:✕

一週前に鬼叩きw CWでデムーロ一杯に追いまくりましたw

正直あまり好きじゃない追い切り。鬼時計を出したとしても。

これで最終坂路で好タイムでたかと言うとそうでもないのがまた。

あの鬼叩きは太目対策だったんじゃないの?w

もちろん3歳夏明けで大きな成長分があって当然だけども。

無敗のオークス馬とはいえ、怖いほどの成長を見せてるかというとそうでもないと思う。

なーんて、悪く書くとまたあっさり勝つのかもねw

でも今回は正直消しです。太いとみた。

 

12 センテリュオ 追い切り:▲ 評価:消し

ルメールさんが乗ってる・・・

でも力不足・・・だよね?

つか、センテュリオンかと思ったw

 

13 サトノガーネット 追い切り:◎ 評価:★★★

正真正銘、一週前鬼時計はこの馬かっ!

前走夏休み明けで府中牝馬でもキレを見せたが距離が短かったとのジョッキー談。

ならばここがピッタリの大舞台じゃないの?

すべてがうまくはまって、直線突き抜けてくるのはこの馬だ!!!!

坂井さんおめ!w

 

14 ゴージャスランチ 追い切り:▲ 評価:消し

力不足だよね

 

15 ミスマンマミーア 追い切り:✕ 評価:消し

力不足。

 

16 スカーレットカラー 追い切り:△ 評価:消し

太いと思うのですが・・・

一週前は結構いい感じで追い切ったみたいだけど、最終の時計が全然。

緩めすぎ?

明け2戦目でこの体重増はどうなの。

 

17 サラキア 追い切り:△ 評価:☆

東京との相性は良し。

あまり良さげに見えない。

これはジンクス発動の気配ww

 

18 レッドランディーニ 追い切り:▲ 評価:消し

変わり身なく。

 

 

ふぅ・・ もう時間ないw

後半やっぱり雑な評価になっちゃった。

 

とりあえずまとめると以下の通り!

 

★ 13 サトノガーネット (12番人気)

◎  3 シャドウディーヴァ (11番人気)

〇  2 ラッキーライラック (3番人気)

〇  6 クロコスミア (7番人気)

▲  8 クロノジェネシス (2番人気)

☆ 17 サラキア (9番人気)

 

結果が楽しみですね!

2019年11月 9日 (土)

デイリー杯2歳Sと武蔵野Sの反省

デイリー杯2歳Sは・・・

レッドベルジュールきたあああああwwwwww

消したら来る!ジンクスがまたまたバッチリハマったああああwwwww

★のウイングレイテストの方は良かったかな。

脚質評価がてんで明後日だったけどw

ペールエールも下げれば来たし。

自分の馬の評価があべこべ過ぎて悲しい・・・

 

 

武蔵野Sは・・・

★ワンダーリーデルきたあああああ!!!!!!!

これは坂路鬼時計の勢いそのまんま、でした。

先行勢がつぶしあっちゃったのもあるけど、きれいにハマりましたね。

サンライズノヴァさん、なんでそんな前にいるの・・

森さん、ここは地方競馬場じゃないんですよ・・・

 

悲しかったり、嬉しかったり、悲喜こもごもな土曜でしたとさっ!w

毎度毎度、ジンクスも坂路タイム評価もハマるべきとことでしっかりハマってるんですよねぇ・・

私情を徹底排除して、この法則を冷徹に適用すれば、もっと当たるはずな気がする。

人気やオッズに惑わされずに、今後はやっていこう。

武蔵野ステークス(G3)の予想

まじで時間がないw

 

1番人気

5 エアアルマス 評価:▲

圧倒的1番人気。

大丈夫?

血統からも東京マイルはバッチリらしい。未経験でも。

坂路もそこそこ良さげなのだけど、最終で少し止まったのが気がかり。東京の長い直線がもつかな?

オープン初戦で。

いつもの悪い癖で、1番人気だけど、消し!w

と思ったけど、やっぱ消さずに▲にしとこ・・・w

 

2番人気

3 デュープロセス 評価:〇

これは成長したでしょ!

夏休み前のユニコーンステークスでワイドファラオに負けたけど(馬券はお世話になりましたw)

当時の坂路時計を大幅に更新。

そりゃ3歳だもんねw

東京の経験も実績もバッチリ。

(前走の負けは気にしない。あれは鞍上の福永氏が悪い)

ただダートマイルの3歳と古馬の差は大きいので、そこがどうかだけ。

でも末脚はきっと通用する。

ルメちゃんを信じる!w

 

3番人気

11 サンライズノヴァ 評価:◎

まぁ、実績・実力はこの馬だよね。

前走は盛岡のマイルチャンピオンシップを圧勝。

今年前半は不安定な成績が続いたが、ここでいい仕切り直しができる。

鞍上に剛腕森騎手も持ってきた。

絶対に勝負にくるジョッキー。

よっぽどのドスロー展開にでもならなければ、東京の直線ごぼう抜きがまた見れるはず。

 

10番人気

7 ワンダーリーデル 評価:★

穴はこれ。

1週前坂路で鬼時計自己ベスト。

近走で東京マイルで好走してるのもプラス。

しっかりちゃっかり伸びてくるに違いない。

10番人気はおいしいでしょ!

 

時間がないのでこれだけ!

でもたぶん、この馬たちで決まると思う!

 

結果が楽しみですね!

 

 

デイリー杯2歳ステークス(G2)の予想

時間ないけど頑張る!

人気順に見ていくぞ!

 

1番人気

3 ペールエール 追い切り:90点 評価:▲

最終追い切りで助手さんが結構追ってる。

ピーキング成功という感じではない。

なぜなら2週前にベストを叩き出してるから。

それが功を奏したなら、もう少し楽に時計がでたのでは?

特に、ベスト時にはラスト2Fを11秒台の加速ラップで締める素晴らしさ。

しかし、最終でも結構追ったのに、11秒台は出ず。

それでも最後止まってはいないので、ダメ出しまでする必要はないか。

デムーロさんが乗りに来てないのもマイナス。

前走新潟2歳Sでウーマンズハートに差し切られたように、極上のキレまではない。

それがダメジャー産駒の運命w

それでも今回絶好調にピーキングしてくれば、圧倒的に押し切ることも可能だったかもね。

なので〇対抗評価です!

と思ったけど、トリプルエースを↓で高評価したので一つ下げて▲だ!w

 

2番人気

4 サクセッション 追い切り:95点 評価:〇

本命◎はこっちかな。

こちらは上昇気配。

新馬時に南Wで一杯に追ってだしたタイムをマーフィーさん鞍上に馬なりで上回る。

ただし坂路は全く叩かなかった模様。

前走アスター賞までは結構坂路で強めに追い切って時計だしてたのに、今回休み明け以降はすべて馬なりかな?

キャロットだしねぇw

もうびっしりと体は作ってきたってことかな?

帰厩後一か月弱、8本ほどの坂路時計はもちろん遅いけど、しっかりじわじわ短縮してます。

馬の気持ちをじっくり乗せてきたって感じに受け止めればいいのかな?

大事に大事に仕上げてる感じ。

そこにむしろ本気度を感じるということで、本命だ!と思ったけど、↓のトリプルエースの評価を上にしたので〇w

 

3番人気

8 ライティア 追い切り:85点 評価:△

うーん。ディープにシンハリーズの血とくれば狂気のキレを期待したいのだが。

新馬戦はハイペースでキレ勝負とはならなかったので、どんな脚があるのかのお披露目はなかった。

それでも強いことは示した。

でも同時にものすごく集中力に欠けるっぽい所も見せた気がするw

最終追い切りは4頭併走するような形になったせいか前半ペース早く、最後の時計が落ちた。

その一点だけが気になる。

牝馬特有の怯みをみせるかも知れないと思う。

並びかけられたり交わされたりした瞬間に、ムキになって戦うタイプに見えない・・

基本能力の高さで前には来るだろうけど、勝ち切るタイプではないような。

 

4番人気

1 レッドベルジュール 追い切り:70点 評価:消し

うーん。何もなし。

休み明けて一皮剥けたような時計を出したわけでもなく。

新馬勝ちも特別見所なかったし・・。

武さんがレッドの勝負服着るの珍しくね?ってだけ。w

データからは推せる要素なし。

見せてない能力がすごかったら、ごめんなさいw

 

5番人気

7 トリプルエース 追い切り:90点 評価:◎

いま勢いにのってる感のあるゴドルフィン所有馬だ!

しっかりぐいぐい坂路タイムを短縮してる。

1200mを2戦してるけど、この距離の走りではない感じ。

ストライドも他馬より大きいし、特に前走小倉2歳Sなんて重馬場なのに。

良馬場ならもっとスピードに乗れそう。

最終坂路で最後止まったような時計になったけど、実はこの一本だけはずっと右手前。

他の好時計を出してる時は左手前。

ここがミソになりそうな気がする。

この京都の良馬場で爆発して欲しいw

 

6番人気

10 ウイングレイテスト 追い切り:70点 評価:★

主戦松岡ジョッキーが重賞級と太鼓判。

2戦がいずれも重馬場で、どれほどのキレがあるのかは未知数。

しかしさっきの馬以上にストライドが大きい。

この走りで1800mの重馬場を先行から押し切るのだから相当なスタミナ。

スクリーンヒーロー産駒だし、今回も徹底先行すれば、京都の平坦な直線ならスピード落とすことなく前残りもありありだね!

なので★。松岡くんがどれだけ積極的に行ってくれるかだ!

 

さてさて時間切れ。

ジンクスでまた7番人気が来たりしませんように!w

 

結果が楽しみですね!

 

と、思ったけど、7番人気がまた怪しい馬じゃないすか!!

あと一頭だけ評価!

 

7番人気

6 インザムード 追い切り:70点

母父キンカメ、母母がフサイチパンドラとかやばげな血統w

新馬戦のみだが楽勝も楽勝。これでは能力測れないくらい楽勝w

血統を信じて買うべきかw

追い切りは全然叩いてこず。

能力買って☆ですね・・w

 

2019年11月 4日 (月)

JBC 2019 浦和の予想

日曜の予想ははちゃめちゃw

アルゼンチン共和国杯の〇 ムイトオブリガードは来ちゃいましたねー。

追い切り特注馬と最後に追記したのですが、その通りに力強く勝ち切りました。

やっぱ追い切りで見せるコンディションで予想するのが一番当たりますね。

まぁ予想自体は〇ムイトオブリガード△アフリカンゴールドが来たものの、タイセイトレイルをガン無視してたため外れw

5番人気まで見る時間なかったという、これまたジンクスw

 

だが、しかし!w

予想記事を書かなかった京都のみやこステークスを当ててしまったという。

何してんだか。

まぁもちろん圧倒的1番人気のインティさんを本命にしてたのが飛んでしまったわけですが・・・

相手馬に1 ヴェンジェンス、2 キングズガード、14ウェスタールンドの3頭を買ってまして、その3連複BOXが引っかかったとw

自分でも買った覚えがなかったくらいで、当たってるとは思わなかったw

そしてなんと配当は629倍。びっくりw

こちらも買い目だけでも記事にしておけば良かった。

いつもいつもレース直前に予想してるものだから、間に合わない。

以前にも記事にしない予想が当たったりで、これまたジンクスなのかな?w

 

 

さぁ、そんな棚ぼたラッキーで気分の良いうちに、せっかくの連休だし、大好きな地方競馬・特にJRA交流重賞最大のイベントJBCの予想を頑張りましょう!

 

とはいえ、データの少ない地方競馬。

まずはJRA各馬のコンディション評価して、その後で地方馬の評価を追記していこうと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

浦和8R JBCレディスクラシック(JpnI)

 

〇 1 モンペルデュ 追い切り:〇 

馬の状態は文句なし。馬なりで前走以上の時計。

3連勝中でその3連戦の間隔を詰めて来てることもあってビッシリとは追われてないようだがそれで十分。

馬の形が出来上がりつつある証拠と見たい。

逃げ切り狙いだろうが、最内枠ゲットで申し分なし。

隣のタイセイラナキラも競ってくるだろうがレベルが違う。

上手く外側の盾になってくれて、被されずにハナを取り切れそう。

実績において1400mは2敗と距離の壁を感じそうだが、相手が強かっただけ。(いや今回も強い相手がいるけれどw)

浦和と言うきついコーナーの小回りコースと超短い直線はおおいに味方してくれそう。

コーナーの立ち上がりが上手く、そこで突き放していけるこの馬なら押し切れる。

本当は右回りの方が得意そうなのだが・・それでもまだ3歳。

この実績を一戦ごとに自ら上回り続ける成長をまた見せてくれると期待したい。

 

▲ 3 ヤマニンアンプリメ 追い切り:▲

今春から地方交流重賞で名を挙げてきた馬。

とはいえ、レベルの低かった北海道スプリント、特殊なコースで芝並に高速馬場な盛岡クラスターカップと特殊な条件での勝ち星。

現実には名古屋でのかきつばた記念2着や前走の浦和オーバルスプリントの3着という結果通り、ダートではスピードに乗り切れないし、きつい最終コーナーがさらにそのスピードを封じ込める。

持ち時計自体もそんなによくないので無理をすると止まりそうだし、鞍上の名手武さんがどういう位置取りをするのか。

いずれにせよ、今回は先行勢が強力で止まってくれそうにない。

斤量もこちらは53→55なのに、ゴールドクイーンなんかは逆に57→55だしね。

追い切りも

勝ち切るのは難しい。

着狙いでじっくり構えてしっかり3着とれるかどうか。

 

◎ 5 ゴールドクイーン 追い切り:◎◎

これは本気で仕上げてきたかw

前走の自己ベストには及ばないとはいえ、自己3番目の好時計。

特筆すべきはラストのキレだけなら自己最速で追い切ってきたこと。

完全に小回り浦和の4角・最後の直線の短いラストスパートのスピードに照準合わせて仕上げてきたか?w

走法もスピードに乗っていくというよりもダッシュ力が武器と言う感じ。

その点で小回り&短い直線はプラス。

前走の中山の強い勝ち方と追い切りの好調具合を買って本命!

 

★ 6 レッツゴードンキ 追い切り:かわいい

かわいい。レッツゴードンキ姉さん、超かわいいw

とても真面目。ここぞという時の坂路でちゃんと時計を出してくる。

毎年スプリンターズSで好走するのもわかります。

そして昨年同様にスプリンターズSからのJBCというローテ。

でも前回がJBCスプリントだったのに対して今回はJBCレディスクラシック。

相手関係は超楽に。

そして何よりも追いきりの状態がいい。

昨年はガクンと時計を落としてゆったりしてたのだが、今回はスプリンターズS時と同等時計のまま。

これは実力を出せる状態?

だとすればGI好走の力はどう考えても圧倒的にずば抜けてます。

ダートでも走れることはフェブラリーステークス5着で証明済み。

距離短縮で脚ももつ。

あとはスタートと前につけられるかどうかだけ。

後から直線一気でもいいけど、さすがに短すぎて難しいかな?

少しでも前につけれれば、まじで突き抜ける力あるでしょ。

その意味で勝っても負けても両極端に★マーク。

かわいいは正義。人気の盲点をついてあっさり豪快に勝つ姿も見たいですね!

 

▲ 11 ファッショニスタ 追い切り:▲

1番人気。

6月の阪神天保山Sの走りをされたら、圧勝かも知れない。

でも阪神の重でかなり時計のいい馬場だったし、内枠とか好条件揃ってた。

デビュー以来1400メインでその走りの実績は抜群。

それをここ2走で距離延長して違ったペースで走らせてきて、レース感がどう変わってるか。

追い切りはそこそこ元気でラストはちゃんとスピード上げてたが全体時計自体はそこそこどまり。

これがテンの遅れにつながりそうな気がしてならない。

同じ位置取りになりそうなヤマニンアンプリメよりはこちらが力強そう。

その評価で▲。

 

結論

★  6 レッツゴードンキ

◎  5 ゴールドクイーン

〇  1 モンペルデュ

▲ 11 ファッショニスタ

△  3 ヤマニンアンプリメ

道中は1-5-6の順。

ラストのキレでそれが入れ替わるイメージですね。

がんばれ、レッツゴードンキちゃん!w

 

って、今発走時刻を見たら14時からじゃないですか!!!!!

えええええ。

予想時間もうないw

なんだよもうー。

すみません、あとはもう勘でw(ひどい)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

浦和9R JBCスプリント(JpnI)

 

◎  1 ミスターメロディ

〇  2 ノブワイルド

   4 サクセスエナジー

   8 ファンタジスト

▲ 10 コパノキッキング

  12 ノボバカラ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

浦和10R JBCクラシック(JpnI)

 

◎  3 オメガパフューム

   7 アンデスクイーン

〇  8 チュウワウィザード

   9 ロードゴラッソ

  10 クインズサターン

▲ 12 センチュリオン

 

 

せっかくたっぷり予想しようと思ってたのに、また時間切れw

失礼しました。

でも結果が楽しみですね!

2019年11月 3日 (日)

アルゼンチン共和国杯(G2)の予想

〇追加▲変更w

 

時間ないけど真面目に頑張る。

 

本命はもう決まってるぞ!

◎ 9 ノーブルマーズ !!!(5番人気)

すんません。予想になってないですね。

大好きなので応援です。期待と願望です。

東京コースに良績ないように見えますが、東京にありがちなドスローヨーイドンなレースに向かなかっただけ。

プチステイゴールド並に重賞で毎度好走してるわけで、底力は最上位クラスなのは間違いない。

とにかくキレが足りない。

ラスト3ハロンの勝負とかではキレ負けする。

5ハロンくらいからペース上がって地力勝負になって台頭するタイプ。

今回はオジュウチョウサンがいるわけで、そういうレースに引っ張ってくれそう。

長い直線でやはり最後に差し切られるかも知れないけど、馬券内は確実と思ってます。

なので絶対外せない、いや外さない軸馬!

本命とか言いながら軸馬とか失礼ですねw 頭固定とか言えっての。

追い切りも前走より調子上がってます。

一昨年の宝塚記念3着時ほど馬なりでグイグイ行くわけではないけど、その8割くらいの出来には。

 

〇 ムイトオブリガード (3番人気)

先ほど一度記事を投稿したけど、検討しわすれたこの馬を見たら追い切り抜群だったw

追い切り特注馬はこれですね。

他の馬たちのように極端なペース希望でなく、その間くらいの展開になればこの馬が来るかも。

昨年のアルゼンチン共和国杯2着時のCWが好時計を完全に馬なりでこなす絶好調時だったもの。

今回はCWコースやや重なのに時計を大幅に更新する鬼時計なうえに一杯に追われて先行馬をしっかり捉えにいけた。

好調なのは間違いないと思う。

鞍上の横山ノリさんもこういう時にしれっと好騎乗してきそうだしw

ノーブルマーズと一騎打ちをするのはこの馬かも知れない。

 

△ 1 アフリカンゴールド (1番人気)

オープン初戦馬がダントツ1番人気とは・・

とにかくスローの上りキレ勝負が希望な馬。

今回そうなるのかどうか。

先行勢には↑のノーブルマーズ先輩がいるからね。スタミナ根性勝負では勝てないぞw

むしろそれでも張り合って先行しきってくれた方がノーブルマーズ先輩には好都合。

そしてそのくらいレースレベルを上げてくれれば、逆にこの上がり馬にとっても着に残るチャンスあるのかな?

 

▲ 5 ルックトゥワイス (2番人気)

少しでも前が流れれば、この馬の希望する展開。

特上のキレ味で突っ込んでくる。

ノーブルマーズ先輩のライバルはこの馬になるような展開になってほしいなw

唯一の心配は鞍上が天敵福永ジョッキーということ・・・

ワグネリアンの鬱憤をこの馬で晴らすくらいの気持ちで乗ってくれば、来るかもね。

坂路時計は自己ベスト更新したのだが、一杯に追って最後止まった感じなのが嫌味。

でもそこは藤原英厩舎の調教手腕を信じるべきだろうか。

そして自分がそういうダメ出しをした時に限って来るというジンクスがあるので、もしかしたら勝つかもねw

 

△ 4 アイスバブル (4番人気)

うーん・・どうなんだこれは?

5月の目黒記念2着は有力材料。

しかし前走は惨敗。坂路自体は馬なりで好時計だったのに。

騎手いわくペースアップについていけなかったとか。

こちらもルックトゥワイス同様にハイペース希望で前が止まる展開が欲しい。

問題は今回の追い切り。

CWで時計がいまいち。それで一杯に追ってるんだから???マークも付きますわ。

前走惨敗時は同じCWで一杯に追って今回よりも時計良かったけど併走馬に突き放される始末。

ディープ産駒。4歳とは言え、もう伸びしろ無いのかな?

池江厩舎の手腕はどうなのか?

そしてこういうダメ出し評価をした時こそ来るのが我がジンクスw

ルックトゥワイス以上にくさいなぁ・・・

 

今回はこのジンクスを信じて心中しようかな?

そういうペース・展開にならなければノーブルマーズ先輩も来ないし。

 

さてさて、メンバーを見てもこの辺までの評価でいいかな。

大穴前残りを期待するなら、

★ 11 パリンジェネシス (11番人気)

ですね。

馬体重マイナス14キロ。

逃げ馬不在なのも好都合。

一か八かの大逃げをうつなら今しかないでしょ!w

タートルボウル産駒ならそういうレースをしてこそ力を出し切れるはず。

 

以上です!

確信のもてる予想にはならなかったかなぁ・・。

とにかくドスローだけはやめてねw

 

ではでは、結果が楽しみですね!

 

 

 

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »