« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月の13件の記事

2019年12月29日 (日)

東京大賞典(G1)のプチ祝杯

◎ ノンコノユメ!!

 

頑張った!! オメガパフュームとの一騎打ちは熱かったw

ゴールドドリームは一番人気で残念でしたね。

でも、予想通り、初の3戦目は疲れてたんだと思います。

ケイティブレイブは・・中途半端に控えちゃいい味でないよね。残念。

地方馬モジアナフレイバーは激熱でしたね!

一瞬は先頭に躍り出るかと思う勢いでした。

あそこから止まらずしのぎ切るのが中央馬の強さでしょうか。

 

馬券的には、ノンコ軸の馬複・馬単・ワイドはとれたし、想像以上に高オッズでびっくりでしたw

でも・・・3連系をなぜ逃したのか・・・

相変わらず買い方が下手だなぁ・・・泣きたいw

 

しかし!

年の最後にようやく当てました。

気持ちよく新年を迎えられそうですw

ノンコノユメの名前通り、いい初夢も見れそうですね!w

 

ではでは。

来年はもっと当てられますように!

東京大賞典(G1)の予想

とりあえず、

◎ ノンコノユメ !!!

詳しくはまた明日直前にw

 

というわけで、追記。

でも時間がねえ!!w

 

中央有力馬の中でノンコが一番年上になってしまいましたね。

名前はかわいいのにw

惜敗続きのここ2走で地方馬に負けてるわけですが、大井の2000mなら別。

なんだかんだで夏の帝王賞でも3着してるわけです。

その時はオメガパフュームのロングスパートについていけなかったけど十分な末脚で追いすがっての3着。

2着のチュウワウィザードはいませんし、同様に走れればオメガと僅差のレースは常に可能。

 

そのオメガパフュームは昨年1着時とほぼ同様の臨戦過程。

チャンピオンズカップで負けてここで勝つ、という予定w

でもね、2走前の浦和JBCクラシックもしっかり仕上げてたし、チャンピオンズCは昨年より2秒も時計を縮めたハイレベルレース。

疲れがあると思うんです。

坂路タイムは自己ベストに近く、前走時を大幅に上回ってるんですけどw

でもでも、一流馬が冬の3連戦ベストで戦えるとは思えない。

この馬はそれで昨年のここを勝ってますけどねw

だがしかし、昨年はゴールドドリームの外につけてフタをして相手のスパートを遅らせた好騎乗のおかげ。

ゴールドドリームとは互角だったと思われる。

 

さて、そのゴールドドリームこそが初の秋冬3戦目。

これまでは2戦目のチャンピオンズCか東京大賞典にとどめて、次は年明け2月のフェブラリーが定番ローテでした。

今年は初めてチャンピオンズCも出て東京大賞典も走る3戦目を使ってきます。

これはさすがに無謀では。

こちらこそ疲れがでると思います。

なのに、こちらも坂路時計はほぼ自己ベストを馬なりで出してるんですけどねww

 

しかし、間違いなくフレッシュな状態で出走できるのは、

〇 ケイティブレイブ

前走から乗り替わった御神本ジョッキーの脚質転換とも思える前走のパフォーマンスは圧巻。

いいたたき台になったはず。

まったく疲れなく、馬券を外したことのないもはやホームコースの大井2000mなら間違いなく勝ち負け。

 

さてさて、以上の4頭ですね!

人気のゴールドドリーム・オメガパフュームが疲れを見せて末脚鈍れば、ケイティブレイブは必ず前残る。

絶好調のノンコノユメが末脚爆発させて、まさかの勝ち負けに来て欲しい!w

そして、ゴールド・オメガがまじで沈んだら、地方馬最上位のモジアナフレイバーが突っ込むってことでしょうね。

 

さぁ!結果が楽しみですね!

2019年12月28日 (土)

ホープフルステークス(GI)の予想

時間がないからサイン予想で!(ウソw)

 

とりあえず、気になる馬。

 

12 ラグビーボーイ

来そうな気配がプンプンです。

新馬戦4着も鞍上北村宏司騎手はセンスを褒めて成長を期待しました。

そして夏を越しての未勝利戦で前目から早め先頭押し切り勝ち。

この勝ち方は今の(今日もの)時計のかかる中山にピッタリ合うと思います。

しかも、並びかけられてから抜かせまいとする勝負根性も露わにしてたのも良し。

そして、それでも走りにはどこか余裕というか、まだ全力でない雰囲気がありました。

きっと、まだ上積みがあります。

最終追い切りでは美浦北Cでちょっと訳ありぽいのが不安点ですが。

でも終始北村くんが抑えきりで、慎重に慎重に馬をコントロールしてました。

本番のレースを見据えた本気度を感じる追い切りだったかと。

そして!何よりも!お父さんがエイシンフラッシュ!!

明けて3歳の1月の中山2000m京成杯を先行押し切りで勝った名馬です!!

北村宏司騎手がやろうとしてるのは、まさにこのお父さんの走りではないでしょうか?

母親がダート馬。キレはなくとも持久力と地力は相当あると思います。

有力馬がキレにこだわるなら、早め早めに前残りは十分にありえます。

今日の中山はそういう舞台のはず。

軸穴に据えたいw

激走を乞うご期待。

 

そして有力3頭はこちら。

◎ 7 ワーケア

〇 11 オーソリティ

▲ 5 ヴェルトライゼンデ

このレースはディープディープしてないんですよね。

ハーツクライ・キンカメ・シンボリクリスエスの子達が活躍。

年の瀬の中山の馬場は荒れて時計がかかる、キレを削ぐ馬場になってますからね。

パワー系・スタミナ系の台頭も妥当。

1番人気コントレイルは高速馬場のスローキレ勝負しかしてないんだなぁ・・・w

まぁそれは置いておいて。

逆にここのワーケア・ヴェルトライゼンデは前2走とも重・稍重で強い勝ち方。

本レースへの強い適性をすでに実証してるわけで、推奨しやすいわけですね。

鞍上もルメール・マーフィ。

そして何よりもノーザンしがらき・天栄でやってきてるわけですよw

少なくともここに向けて力を出せる状態に仕上げて来てるのは間違いない。

勝っておくしかないでしょw

最後オーソリティは重馬場実績はないのですが、パフォーマンスは出色。

てゆうか、いかにもオルフェーブル産駒らしく、ハチャメチャですねw

正直安定して信頼できる気がしないw

最終追い切りでも手前はめちゃくちゃだし、頭もぶるんぶるん回してるし、大丈夫かおいw

でもね、そういうオルフェの未知数な魅力は買っておくべきでしょw

何するかわからないけど、とにかく強かった。そういう子が出て欲しいのがオルフェ産駒。

この子にも期待しましょうw

 

さてさて、圧倒的1番人気・・・コントレイル・・・。

どうしましょうw

 

でもま、神ムーア様が褒めちぎったのだから、潜在能力は随一でしょう。

サリオスの反省もあるし、絶対能力は評価しましょう。

問題はきっと鞍上の福永くんです。

内枠にも入ってしまいました。

13頭立てという多くない頭数でも壁にぶち当たってくれるジョッキーです。

不安しかありません。

体内時計も怪しいし。

東スポ杯のレコードタイムは気にする必要ないと思います。

高速馬場でそういうペース展開になれば出るものだと思うから。

むしろ、今回の中山の特殊に重くてキレない馬場をしっかり読んで動けるかどうか。

馬よりも福永君の動きに注目ですねw

本命にはしません。3着付けでもいいくらいですw

 

以上です!時間だ!

結果が楽しみですね!

 

2019年12月27日 (金)

兵庫ゴールドトロフィー(JpnIII)の予想

馬場状況によって大きく時計が変わる園田競馬場

今日の発表は不良

2015年にレーザーバレットが差し勝った時の状態に近いと思われます。

とにかく速い時計が出る。

持ち時計のある馬、末脚自慢の馬が台頭できる馬場ですね。

展開よりも力勝負で予想してよさげ?

この非常に大きな前提条件に注意して予想がんばろう!

 

6 テーオーエナジー 追い切り:〇 評価:〇

前走GIチャンピオンズカップはビリ負け。

しかし、逃げるインティの2番手で通過ラップは1400m1分24秒8。

そこまでのラスト3Fだけなら36秒2。

この走力をそのまま出してしまえば、ここでは先行押し切り可能。

追い切りでも前走同等より少し良いくらいに動けてる。

ここ一年近くは低迷。

もちろん重賞に挑戦してたからで、そのレベルへの対応に迷走してた感じ。

そもそも積極的に前々に行ってこその馬。

その走りを取り戻したのが前走。

今回はその勢いそのままに飛ばしまくって行ってほしい!

前走から乗り替わって鞍上は岩田のガンさんだが、実は一番多く乗ってる主戦ジョッキー。

この馬の良さを一番知っている。

必ず今のこの馬に必要な展開にもっていくはず。

期待をこめて本命!!

に一度はしたんだけど、↓のノボバカラがさらに良くみえたので対抗〇に!w

テーオーエナジーごめん!

 

8 ノボバカラ 追い切り:◎ 評価:◎

前走JBCスプリントは大差負けの4着だが、3・4角からの捲り上げた末脚は出色。

後ろからでは届かない恐れもあるわけだが、今回はテーオーエナジーが引っ張るハイペース。

丁度いい流れで展開に紛れることなくスパートできるはず。

最後のゴール前でテーオーエナジーとの一騎打ちになるか。

持ち時計ではこちらが上か。

追い切りは前走をさらに上回る自己ベストに近い時計。ラストもさらにキレた。

鞍上はテン乗り地元の吉村騎手。

この馬は乗り替わりばかりで、地元騎手に替わることが多い。

園田をよく知る吉村さんが「勝つ競馬」をしてくれれば、この馬はそれに応えられるコンディションにある。

道中にテーオーエナジーと何馬身離れるのかわからないけど、差し脚が届くかどうかドキドキしながら見ましょうw

 

3 デュープロセス 追い切り:◎ 評価:▲

ノリノリイケイケ三歳馬。

のはずだったが、ここ2,3走はもどかしい競馬。

これはペースの問題。

OP入りくらいまでは道中ペースも緩く、ラストに広い馬場でスパッと切れれば快勝できてた。

しかし、重賞は楽ではないペースについていって最後まで持続させる地力が必要。

その辺りがこの馬に足りない部分として露呈してきた模様。

今回は園田の小回り。1400mなのにコーナー4つ。

のんびり後ろで構える暇もないし、ラストに伸び伸びできる広さもない。

少頭数とは言え内枠に入ったので、のんびりしてたらどんどん被される。

かといって、今回のテーオーエナジーのペースについていったら末脚鈍る心配も。

テン乗りの北村さんもこの馬の御し方を手に入れてるのかどうか。

もちろん、レースレベル・相手関係を考えれば、そんなの関係ねえ!って楽勝するかも知れません。

一度だけ経験した関西遠征の阪神では未勝利戦でしたが大楽勝でした。

しかし・・・

やはり久々の遠征、初の園田、超小回りコース、壁をつくりにくい少頭数。

いろいろと難しい条件の中でモタモタしてる間にレースが終わると予想しちゃいます!

(こういうダメ出しした時に限って来るのが私のジンクスですけどね!!w)

 

10 ランスオブプラーナ 追い切り:△ 評価:消し

毎日杯勝ち馬ですよ・・・

サートゥルナーリア世代のために埋もれてしまってますが。

いやでも、やっぱり早熟で終わったかな・・?

前走久々のリゲルsも、芝1600mをそこそこ先行しただけでぱったり止まった。

毎日杯を逃げ切った脚ももう見る影もなく、初園田・初ダート・大外枠で、果敢に逃げてみてもパッタリ止まるのでは。

非情ですが消しで。

 

1 ラブバレット 評価:★

この馬を買わないわけにはいかないですよねーw

過去2回このレースで好走。

2016年の不良馬場では4着。1分26秒4のラスト37.9.

2017年の稍重では2着!1分28秒6のラスト38.9.

馬場問わず、しっかりラストに伸びてくるとてもいい馬です。

前走も盛岡で大楽勝。調子はよさげ。

今回のJRA馬が相手なら展開的に3着の可能性大。

 

さてさて、有力馬は以上で充分でしょう。

展開予想としては、2枠の地元地方馬ナチュラリーが飛ばしていくでしょう。

その外からテーオーエナジーが並びかけ、最初は2番手につけるまでか。

それらの内でデュープロセスが強引に飛ばしていくとは思えず後ろに控えるか。

最内枠のラブバレットはレース慣れしてますから、落ち着いて3,4番手につけるかな。

その後ろにノボバカラ。

ランスオブプラーナは大外から思いっきり飛ばして先団にとりつくべきだろうけど、それも無理かな?

向こう正面の直線でテーオーエナジーがペースを緩めずに先頭へ。

ノボバカラは我慢。デュープロセスはあせって(もしくは自信をもって?)動きはじめるかも知れません。

テーオーエナジーが数馬身のリードで直線へ。

後ろから豪脚スパートでノボバカラ。

デュープロセスはノボバカラをまくり切れずに外に押し出されるかな?

園田の今日の直線は砂の入れ方が中途半端なので、外にいきすぎると変なことになりそうw

好調ノボバカラが極上の末脚でテーオーエナジーを捉えるか。

ジリジリ脚を使ってしまったデュープロセスが止まった内をすくうようにラブバレットが突っ込んできそう。

というわけで、買い目はこう!

◎  8 ノボバカラ

〇  6 テーオーエナジー

★  1 ラブバレット

▲  3 デュープロセス

さぁ!結果が楽しみですね!

 

2019年12月22日 (日)

有馬記念(G1)の予想

土曜の阪神カップはボロボロw

なんだか阪神には予想をことごとく真逆に潰されてばかりな気がするw

気を取り直して、年の締めのドリームレース、有馬記念で頑張りましょう!!

 

時間がないので、ちょっとサイン予想というかオカルト予想になるかもw

 

まずは

9 アーモンドアイ 追い切り:▲ 評価:〇

馬券から外すわけにいかないですよね。仕方ない。

戦績を汚したくなければ出る必要のない有馬記念。

わざわざ出走して負けてケガでもしたら、本当に何の意味もない。リスクしかない。

となれば、出る以上は勝つ以外にないわけです。

海外挑戦前に国内ライバルに勝たねばならないとか、有馬を勝たねば真の日本一じゃないとか、そんな精神論でレースを使うような陣営ではないでしょうし、使っていい馬ではないでしょう。

ここを勝てばもういつどのレースを選んで出ようが誰も文句は言えないでしょう。

自由にプランを組んでいける。

ここ勝てば、そういうメリットだけは得られると思います。

(たったそれだけのために冒すリスクの大きさじゃないと思うけど)

いや、そんなのリスクにならないくらい、自信があると思いたいですねw

というわけで、素直に馬券に入れましょう。勝ち負けでもいいでしょう。

特殊・特別な有馬の舞台。

本気でアーモンドアイに勝ちにくる馬もいるはずですから、本命とまでは打ちません。

 

6 リスグラシュー 追い切り:△ 評価:消し

勝ちはないでしょう。

というか勝たせるつもりがない。

馬主がキャロットで、同馬主のレイデオロとサートゥルナーリアが出走してるから。

牝馬のリスグラシューには、ここで勝つメリットがないのです。

すでに宝塚記念と豪コックスプレートを勝って、十分に箔はつけました。

ここで負けても価値は下がりません。

しかし、引退するレイデオロは種牡馬としてもう一つ星が欲しいし、サートゥルナーリアもそう。

とにかく、リスグラシューは勝ちにこない。

追い切りの仕上げを見てもそのまんまです。

宝塚記念の坂路なんてレーン様が引っ張り倒してたくらいに気迫充満してました。

今回は助手さんが普通に追って追って併走馬と撞着。

時計の数字は良く見えても、そういう数字のでる馬場状態だったのかと・・。

とまぁ、ここまでケチョンケチョンに言う必要もないのですがw

もちろん、まったくやる気なく出番なく終わる必要もないし、基本能力で上位に来て当然の馬です。

着内もあるかもですね。

でも、勝ちにくるメイチの仕上がりではないし、勝つべき時ではないと思います。

というわけで、今回はギャンブル的に思い切って消し!!w

 

8 レイデオロ 追い切り:△ 評価:消し

その同馬主レイデオロですが・・・終わったんでしょうかね・・・?

これまでは負けたレースでさえ最終追い切りでは馬なりでそこそこ時計出てました。

今回は三浦さんが促しても全体的に1,2秒遅い。

併走馬が必死に引っ張り倒してレイデオロを前に行かせようとする始末・・

ちょっと失礼じゃないですか、それ?w

もちろん、いつものノーザンファーム天栄の外厩調整だから、本当の調整内容は測りかねますが・・・

それでもやっぱり、自然とにじみ出るはずの気配が今回は足りないと、素直に捉えるべきかな。

というわけで、ギャンブル的にこれまた消し!w

 

10 サートゥルナーリア 追い切り:★ 評価:◎

キャロット同馬主、レイデオロを消したらこの馬しか残りませんねw

キャロットの勝負馬はこちらと思いたい。

というより、そんことうんぬん以前に有馬はサートゥルナーリアと心中と最初から決まってるんです!!w

CW追い切りの様子がとても興味深い。

前走も絶対勝ちに行く仕上げだったはずの天皇賞秋時にはスミヨンさんが終始引っ張り倒してました

圧勝の神戸新聞杯の時は助手さんだったのか、馬なりでいかせたら超好時計をあっさり出す馬ですからね。

でも気性とレースの性質考えてもコントロールしたかったんでしょうね。

とにかく抑えて抑えて。

でも本番は思いっきり興奮しちゃってあの惨敗・・・。

走力は圧倒的に足りてても、レースに勝つ能力として足りない部分が露呈したわけです。

で、今回。

またまたスミヨンさんが一週前CW追い切りで・・さらに引っ張り倒してましたww

なんだかサートゥルナーリアが小さく見えるなぁ・・今回調子悪いのか?と不安になってよく見たら・・・。

スミヨンさんが天皇賞の時よりももっと抑え込んでましたw

サートゥルナーリアちゃん、もう首を全然使えないの。首をケガしないかと心配するレベルの引っ張り方。

首が伸ばせないから小さく見えたのねw

こういう時に、同じジョッキーにレースだけでなく調教から乗ってもらうメリットが出ますね。

スミヨンさんが一番よくわかった上でそうしてるわけでしょう。

併走馬もこちらは普通に走らせたままでした。忖度して止めたりしてません。

あと、天皇賞時には先行馬に追いつかせもしなかった。

(天皇賞はまさかたたき台に捨ててた?w)

今回は普通に抜き去る形。あと大外一杯を走らせてるのも好感ですね。

などなど。

細かい所みると、さまざまな変化が見て取れます。

それら一つ一つにきっと陣営も思惑があると思いたい。

当然、勝つための。

というわけで、勝とうという気配を感じずにはいられません。

サートゥルナーリア本命で討ち死にするのみ!!!(しんじゃだめだw)

 

さて、中山有馬と言えばステゴ産駒。

3 エタリオウ 追い切り:▲ 評価:★

4 スティッフェリオ 追い切り:〇 評価:▲

どちらもヒモ穴候補ですねぇ。

エタリオウは菊花賞でフィエールマンの2着。

先に先頭に立ってからの甘さを突かれた。

前走JC負けはスルーでOK。

あの重い長い直線で手前替えずに走ってるんだものw そりゃ止まる。

その前走でノリさんが「スイッチ入った。この馬らしさを見せた」と言ったそうで。

確かに菊花賞を思わせる積極さでした。

この馬は追い込み馬と思われがちですが、本来はこっちかも。

今回の舞台はその走りに合う。

同じ鞍上ノリさんがまたやってくれるか?

不安は春の3戦目の宝塚で「疲れてたね」と言って大敗だったこと。

今回も秋3戦目。ノリさんの先のコメントは今年はOKって意味にもとらえられて・・・こわいw

でも追い切りは友道厩舎同士のシュヴァルグランと豪華な併せ馬。

一週前は馬なりで先行してたし好調に見える。

最終は一杯に追うシュヴァルグランに離されたけど、この馬の最終追い切りはいつもこんなもん。

有馬記念の3歳勝ち馬はすべて菊花賞馬。

この馬も菊花賞勝てそうだった馬だから、有馬でヒモ穴になる資格はある!(ものすごく失礼)

 

一方のスティッフェリオは好調の勢いが怖い。

同じ中山の産経オールカマーを快勝。

その時の追い切り同等の時計を出せてるし、様子もまったく同じ感じ。

相手は超強化されるけど、素直に積極策でいけば十分こわい存在。

ステゴ産駒の良さを十二分に出してくれるかも。

鞍上はことし乗れてる丸山さんだしね。

一年の総決算にここでもやってくれるかも。

 

どっちも外せないw

 

そして菊花賞馬といえば・・

5 フィエールマン 追い切り:◎ 評価:〇

昨年の菊花賞馬。

絶好調ですね。

凱旋門賞惨敗でしたが、原因がこの中山有馬に直結する心配はなさそう。

菊花賞も春天も勝ってるし、それらの時の追い切り同等以上の動きができてます。

中山の舞台も苦手でなく2戦とも勝ち負け。

なんら割り引く要素もなく勝ち馬候補でしょう。

 

7 ワールドプレミア 追い切り:▲ 評価:消し

今年の菊花賞馬。

なのですが・・追い切りはそれほど良さげでもなく。

あとライバル馬の方が、この舞台と展開では上回るんじゃないかな・・

 

もう時間がないw

14 ヴェロックス 評価:消し

善戦マンだし、大好きだけど・・・

同世代で善戦どまりでは、ここでは力不足でしょう・・

 

2 スワーヴリチャード 追い切り:◎ 評価:△

ジャパンカップおめ!!!w

大好きだし、坂路でまたまた鬼時計だしてくれた!

だから超期待するんだけど・・・

やっぱり右回りはちょっと・・だよね・・

あと、馬場が。

雨降ってくれなかったね。

もちろんパンパンの良馬場ってわけでもないけど、もっとタフなレースになってほしかった。

ちょっと最後のキレがたりず、いつもの惜敗どまりになるのかな・・

でも大好きだから、切らない!ヒモ穴に買う!w

 

あ!!忘れてた!!

11 キセキ

も大好きだから買うよ!w

 

さぁもう時間だ!

結果が楽しみですね!

 

 

 

 

まだまだ、現在書き込み中w

2019年12月21日 (土)

阪神カップ(G2)の予想

時間がないので、かいつまんで。

 

追い切り注目馬

◎ 1 マイスタイル

坂路時計は京都スワンS以上、中山ダービーCT3着時に匹敵。

馬なりで出せており、脚の回転もいい。

馬はかなりやる気に慣れてる感じ。

ここ最近の短距離重賞で勝ち負けで来ており、その中でも調子は最高に近いのでは?

最内枠からハナをとってしまえば、1400mは押し切ってしまう予感。

 

〇 4 レインボーフラッグ

先週今週好時計。

前走は馬体重+20で惨敗も、調子上がってる感じ?

何気に持ちタイム上位。激走の気配。

力はスマートオーディンの方が上っぽいけど、枠の内外で今回は逆転の予感。

 

▲ 17 スマートオーディン

阪急杯勝ち時同等の時計出せてる。

枠は微妙だが、調子はいい。

勝利持ちタイムトップ。

レインボーフラッグとのワンツーを期待。(マイスタイルの後ろでw)

 

あっ゛!!!!

何か忘れてるっ!!!www

 

5 グランアレグリア

ただの叩き台のためだけに出走する馬じゃないしねぇ・・

そんな藤沢厩舎じゃないでしょうしねぇ・・

ルメさんもねぇ・・・

ただ、馬の力がライバルの古馬に勝ってるとも思えず。

圧勝だけはない。

レースセンスと枠の有利と先行脚質で着は確保できるか。

 

というわけで、以上の4頭でいきます!!

結果が楽しみですね!

2019年12月19日 (木)

名古屋グランプリ(JpnII)の予想

ティーズダンク来たああああ!!!!!

彼を推せた自分におめでとう。

馬券は外した自分にさようなら。

複勝にすればいいかな?とか思ったんだけどなぁ・・・ワイドにしちゃったんだよなぁ・・w

でも期待通りの最終コーナーの脚を存分に見せてくれたので大満足です!

 

さぁ、なんか調子よさげな気もするから、名古屋グランプリも頑張りたい!

でも時間がない!w

 

とにかく予想だ!!

 

◎ 2 デルマルーヴル

素直に本命にしたいんですよねぇー・・

なんかいろいろケチをつけられてるみたいですね。

でも今回は美浦坂路でほどほどの良い時計もだして明らかに前走以上。

やりすぎてもダメっぽい。

機動力もあるし、内枠ゲットしたからには内でじっとしてれば最後爆発できるはず。

この子は自分から勝ちに行ける子です。勝とうとする子です。

いつぞやのレースで見せた、闘志あふれる末脚が忘れられないのです。

ぼかあ信じますよ、この子はできる子です!w

 

消し 5 メイショウワザシ

また武さんがいる。昨日はもうちょっと頑張って欲しかった・・・w

だからというわけじゃないけど、切ります。消しです。

間隔が短い。それだけです。

これまで何度も詰めた間隔でレースに出てますが、いずれも2走目で着順を落としてる。

それだけ。

だって、時間がないんだもんw

 

〇 8 アナザートゥルース

美浦坂路で今年一番の時計。

前走浦和記念時に一杯でだした時計を強め程度で上回ってきた。

休み明け3走目でさらに調子あがったか?

たしかに、同様な3連戦セットでの出走パターンが何度もあり、いずれも一戦ごとに着順を上げている。

3走目に一番よくなる・・・

あれ?勝つのはこの子??ww

むむむ。せっかくデルマルーヴルちゃんを推したのに。

データ的には完全にこの馬が◎。

でも私情を挟んで〇です。〇しか認めません!w

 

消し 9 アポロテネシー 

徹底先行?こわいこわい。

今回は逃げになってしまうんじゃないかな。

でもま、東京2100mの実績ならアングライフェンが上。

時計は立派だが、勝負所ではやはり条件馬とOP馬の格の違いがでると思います。

ペースメーカーどまりで潰されるとみて、思い切って消しです。

 

★ 12 アングライフェン

これだ!もう7歳。おつかれーって感じだけど、結構頑張ってるこのお方。

坂路時計も今回は飛びぬけた時計は出さなかったものの、前走前々走のG3時に引けをとらず、加速ラップの整った感じはむしろ好感。

これは調子よさげ。

しかもしかも!ステイゴールド産駒ですよ!!!

こういう8度のコーナーのタフなレースでステゴを買わなくてどうすんですか?って感じ!

何も言わずに買っとけ!ですよね。

ステゴですもん。ステイゴールドまじ大好きw

大外はかなり不利だけど、大人の強さを見せてくれそうです。

 

さて!JRA馬3頭に絞れちゃいましたね!

◎ 2 デルマルーヴル

〇 8 アナザートゥルース

★ 12 アングライフェン

個人的にはアングライフェンの激走に来たいです。

この手の中央交流重賞ではJRA馬が人気と逆の着順になって高配当になるのが常だしw

結果が楽しみですね!

2019年12月18日 (水)

全日本2歳優駿(JpnI)の予想

今年はプチ荒れの予感。

 

◎ 10 メイショウテンスイ

ここ数年の勝ち馬はとてもバラエティに富んでいて、実績あるダート種牡馬にこだわる必要もなく。

といっても、この馬の父ダンカークは今ダートでブイブイ言わせてる勢力。

ライバル馬がサウスヴィグラスやエスポワールシチーやパイロ産駒な今年は、その順当な予想を外してこのダンカーク産駒が勝つのがセオリーかな?w

前走は右回り最終コーナーと立ち上がりにもたついて、早めスパートしたテイエムサウスダンを捉え損ねた。

今回はスムーズに2勝快勝してる左回り。

追い切り坂路も加速ラップで最速の上りを計時。

この好調さなら最終コーナーのまくりも直線のキレも期待できるはず。

距離も伸びた方が良さげで、圧勝の予感。

 

〇 4 ティーズダンク

いきなり穴馬ぽいのを挙げてしまったw

いやいや、北海道2歳優駿こそ惨敗だったが、その前のレースでは同距離をもっと良い時計で快勝してた。

実力はあるはず。

だって、スマートファルコン産駒だものw

しかも母父がキングカメハメハ。

時計のかかる川崎でそのパワーと爆発力を見せろ!w

その片鱗をみせたのが前走浦和。

小回りコースでのコーナーのまくりも直線の加速感もなかなかのものだった。

時計こそ一回り縮める必要があるが、余力残しな感じから可能とみた。

鞍上が森泰斗で上手かったのもあるかな。

今回は門別で何度か乗ってた石川氏。北海道から招集です。

わざわざ負けに来るつもりなんてないでしょうw

とにかく展開が向きそうで、メイショウテンスイの大差勝ちの後ろで中央馬を差しちゃうのを期待w

 

▲ 8 テイエムサウスダン

前走JpnII兵庫ジュニアグランプリの勝ち馬。

メイショウテンスイがもたつく間に早めスパートから勝ち切った。

しかしちょっとそのレースぶりに余裕の無さを感じる・・・

左回り中京での惨敗も気になるし。

距離・左回りに弱点があるのでは。

だからこそ前走が勝負レースだったのではないか?

追い切りの様子からもそんな感じがするのだが・・

持ち時計は十分圧倒的なので、それでも3着にはくるかな。

 

★ 6 キメラヴェリテ

いまが旬のキズナ産駒だ!ダートは全然だけど!w

でもこの馬は前走北海道2歳優駿を逃げ切ってみせた。

オーナーさん指示でとにかく逃げにこだわってるようで、今回もそうなるのでしょう。

展開的に同型のインペリシャブルがいるのだが、あちらが控えそう。

もしインペリシャブルとの間隔が意外に開くような展開になればラッキー。

差し馬の仕掛けどころが遅れればこの馬にもチャンスがあるか。

先に書いたように、ダート血統にこだわらなくてもいいのがこのレース。

北海道2歳優駿勝ち馬の勝率ももちろん高い。

押さえざるを得ない一頭ですかねw

 

さぁ、他にも気になる馬はいるけれど、この辺でいいやw

今年の中央馬は強くないという前評判もあるようです。

まぁまぁ、なんだかんだで武さんデムーロさんが来るんじゃないでしょうか。

私はティーズダンクの激走だけを期待して観ることにします!

ではでは、結果が楽しみですね!

2019年12月15日 (日)

朝日フューチュリティステークス(G1)の予想

時間がないけど頑張ろう。

 

1番人気

6 サリオス 追い切り:〇 評価:〇

順調に時計をだして、問題なく調教できた模様。

能力は出し切れるか。

不安点はその巨漢。

瞬発力はない。

特に坂の登りでは加速が鈍る。

前走の東京の上り坂では2着馬の方が速かった。

その重さが坂では大きなブレーキになるだろう。

まぁ東京ではスパートの最初に坂があるので目立ったけど、阪神は最後の最後にあるのでそこまでの勢いと惰性で行けるのかもしれないがw

それでも、阪神FSの過去の傾向でも体重の軽い馬が人気よりも上位に来てる気がする。

接戦になった時に阪神の急坂で順位がどう入れ替わるか。

よりスパッと切れる馬が一瞬のスキをついて交わす光景が目に浮かぶw

なので対抗評価どまりとしました。

 

2番人気

8 タイセイビジョン 追い切り:〇 評価:◎

ハッスルハッスル!

坂路で発奮しまくりですねw

気合入ってていいですよ、好きですこういうのw

だから掛かる掛かると言われるんだろうなぁ。

それでも前走前々走をルメさんがしっかり御して勝ち負けさせました。

今回は名手武豊。庭の阪神で負けるわけにゃあいかんでしょ。

しかも「勝ちましょう」と陣営に語ったとか。

爆発力・キレはこの馬が一番。

逃げ残り多発の今の阪神なら皆前掛かりになるでしょう。

この馬にとってはレースしやすくなるんでは?

タートルボウル産駒というのが意外でしたが、母父がスペシャルウィーク!!

スペシャルウィークと武さんのコンビで負けるわけがぁない!w

スパッとズバッと突き抜ける姿が見てみたい!

というわけで、本命です!w

 

3番人気

12 レッドベルジュール 追い切り:▲ 評価:▲

前走が休み明けでしっかり成長を見せた。

新馬で張り合ったメイショウボサツは今月やっと未勝利脱出したレベル。

なのでこの馬のレベルも疑わざるを得ないが・・

一応、前走デイリー杯2歳Sを勝ったことは褒めるべきだし、武さんの戦術に応えた操作性も評価。

ただ34秒台の時計で前が止まる展開はラッキーだったし、内がぽっかり空いたのもそう。

今回そううまくはいかないでしょね。

末脚はあるので形はつくれるでしょうけど、ライバルの方が前かなぁ・・。

 

4番人気

3 ペールエール 追い切り:▲ 評価:△

変わりなく。これまで通りのレースをしそう。

しかし、とにかく前に行くにしても時計が乏しい。

いまの阪神がいくら前有利でも、前走程度の時計で後ろに捕まっちゃあねぇ・・。

よいペースメーカーで終わると思いたい。

意外と本命に挙げる予想家の方々が多いけど。

そこだけが不安w

 

5番人気

2 ビアンフェ 追い切り:▲ 評価:△

こちらもペールエール同様ですね。ほんとに。それだけ。

 

6番人気

16 ラウダシオン 追い切り:△ 評価:消し

ルメさん人気w

大外から勝ち切れる脚があるとも思えず。

アーモンドアイとのバーターでルメさんは本馬で我慢、ってことじゃないですかね?w

なので今回は見送りで。

 

7番人気

7 ウイングレイテスト 追い切り:〇 評価:★

これをヒモ穴に。

前走はレッドベルジュールに内をブロックされ切り替えた外で前が壁になりそうなところを間を割って2着。

なかなかの闘志。

鞍上と手があってるように思えないけど・・w

南Wは終始馬なりで流すだけ。坂路も時計ださず。

これは私のジンクスですw

こうやって時計だしてない馬をこれまで切っては来るを繰り返してたので、今回は買う!

人気も丁度盲点になってるみたいだしね!

 

さてさて、まとめると。

8 タイセイビジョン 追い切り:〇 評価:◎

7 ウイングレイテスト 追い切り:〇 評価:★

6 サリオス 追い切り:〇 評価:〇

12 レッドベルジュール 追い切り:▲ 評価:▲

ですかね!

 

この4頭で勝負!

結果が楽しみですね!

2019年12月14日 (土)

ターコイズステークス(G3)の予想

昨年一昨年とミスパンテール1着・デンコウアンジュ3着が連続しました。

リピーター御用達レースなのか?

その2頭がまたまた今年も出走するだけでなく、その昨年一昨年の2着馬、リバティハイツ・フロンテアクイーンも出走w

リピーターだらけのレースになりました。

ただし、いずれも牝馬戦での実績馬。

今年はここに京成杯AHで牡馬を粉砕してきたトロワゼトワル・ディメンシオンも参加。

俄然面白くなりそうな中山マイル戦。

 

ではでは、各馬の評価をば。

 

1 メイショウグロッケ 追い切り:◎ 評価:〇

はい来た、いきなり来たよ、坂路鬼時計

自己ベスト大幅更新の51.9。

まったくの馬なりだったので最後は緩んだけど、これは明らかに絶好調。

OP初戦の初重賞なので相手強化は厳しい。

でも、前走前々走と3番手から結果をだしたのが奏功するはず。

強力な先行勢がいるのと、だけどそれほどの高速馬場でもないので、好都合なペースを期待できる。

いったいったの前残り勢に参加できるはず。

◎に一旦したけど、↓のモアナがもっと良かったので〇に。

 

2 ウインシャトレーヌ 追い切り:- 評価:△

前走重馬場大敗後はろくに追わず。

前々走札幌で快勝OP入りして、休み明けにびっしり仕上げてただけでに馬場に泣いた形か。

その出来が維持できてるかどうか。

前で渋太いタイプと思うが、前残りまではどうか・・

 

3 モアナ 追い切り:◎ 評価:◎

はいはい、またまたこちらも鬼時計。

しかもこちらは美浦坂路全体で一番時計とか。

馬場状態もよくないらしいのに自己ベスト近く。

これは圧倒的に好調とみるべきか。

1400以下を使うことが多いのだが、何気にマイルの成績も安定。

1000万時にショウナンアンセムに競り勝ったこともある。

中山マイルでは2勝3着1回。コース相性は良い。

あれ?これって確勝じゃね?w

とにかく、買うしかないですね

 

4 ハーレムライン 追い切り:〇 評価:△

追い切りは好調。若干引っ張るくらいの気配。

でもなぁ、とにかく本番では時計が足りないか。とくに重賞ともなると。

ドスローになればわからないけど、今回の相手ではちょっと。

切ります。

 

5 デンコウアンジュ 追い切り:▲ 評価:▲

追い切りは順調。特に変わりなく。それはそれで素晴らしいですね。

リピーターとして昨年・一昨年と変わらぬ走りは出来そう。

戦績は負けが続いてるようにみえるけど、牡馬混合戦だから。

何気に常に牝馬最先着・牡馬と僅差の力は発揮してるんですね。

それが毎年この牝馬限定戦で好成績につながるのか。

ただ牝馬のスローなペースでは中山の短い直線では前を捉えきれない感じですね。

結果は展開次第か。

 

6 フロンテアクイーン 追い切り:▲ 評価:▲

こちらも変わりなく。

でも実績は断然ですね。牝馬重賞上位の常連と言ってもいい。

中山マイルで勝ち切れてないのは気がかりだが。

時計が早くならなければ前残りありあり。

それほど外枠にもならなかったしね。

 

7 シゲルピンクダイヤ 追い切り:〇 評価:〇

桜花賞2着時に匹敵する坂路時計だしてきましたね。

ちょっと強めに追ったけど。

それでもクラシック上位、マイルも得意。

1番人気も仕方ない。

不安は初中山と輸送、だよね・・・。

でもま、素直にクラシック尊重でいいかも。

 

8 エスポワール 追い切り:▲ 評価:▲

人気してますねぇ・・

順調に上昇中。この勢いで初OP初重賞って感じ。

血統も中山向き?

でもなぁ、前走を除けば時計が・・。

このレース特有のペースではジリジリのまま出番ないと思います。

 

9 リバティハイツ 追い切り:▲ 評価:△

昨年2着。今年もそんなに変わりなく。

前走前々走と1400ではあったがついていけてなかったのが不安。

このレース結構前半流れるしね。

出番ないとみます。

 

10 ダノングレース 追い切り:▲ 評価:消し

スロー専門だと言って。

 

11 オールフォーラヴ 追い切り:〇 評価:〇

叩き2戦目で追い切り気配良化。

前走は先行から粘って評価できる内容。それも東京で。

中山に変わればその脚力はもっと活きる。

好調も合わせて上位へ。

 

12 フローレスマジック 追いきり:▲ 評価:消し

大敗続きは牡馬混合だったとはいえ、この中山で好走する血統でもなく・・

 

13 コントラチェック 追いきり:▲ 評価:△

人気するよねw

でも3歳前哨戦まで。ペースにまだついていけないと思う。

最後のキレもここでは足りない。

 

14 フィリアプーラ

なしw

 

15 ディメンシオン 追いきり:◎ 評価:★

ここで鬼時計w 時間ないってのにw

大外枠なのだけマイナス。

リピート実績とこの鬼時計なら勝ち負け頑張れるかな?

買いで。

 

16 トロワゼトワル 追い切り:▲ 評価:〇

こちらも大外ネックだけど、京成杯勝ちの実績は断然評価します。

買いで。

 

あああ、時間ないw

結果が楽しみですね!

 

2019年12月 8日 (日)

阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)の予想

時間がないのでこっちはエピソード予想で。(なんだそりゃw)

2歳GIって、将来の条件馬とGI馬が一緒に走るんだって、じっちゃんが言ってた。

それくらい実力差が大きいレースなんですよね。

 

本命は川田さん。

馬の名前はなんだっけw

◎ 15 リアアメリア

新馬で「わざとスタートを遅らせた」と言ったそうで。

あのアーモンドアイですら、のんびりしてたら負けちゃった新馬戦で。

そのくらい馬の力が飛びぬけてる自信があったんでしょう。

もうそこを信じますw

大外枠は嫌味だけど、ねじ伏せましょう。クラシック獲るつもりなら。

 

〇 4 レシステンシア

坂路タイム鬼時計連発ですねw

めざせプチアーモンドアイ!

この気性で1600mを我慢できるかは不安だけど、スピードは魅力で仕方ない。

坂路タイムの良い馬は信じよう!

キャロットだし!

北村友一さんも信頼できるし!

 

▲ 3 ウーマンズハート

切れ味ならリアアメリアに負けないでしょうね。

夏を越してしっかり馬体も増やしてきた。

坂路の走りが若干普通でしかなかったけど(時計はもちろん縮めてるけど)。

ゴドルフィンにビュイックさんなら馬券を外したらゴルゴに消されますわなw

必ず持ってくるよね。

 

最後はキズナ産駒を買っておこうね!

 

ではでは、結果が楽しみですね!

 

 

カペラステークス(G3)の予想

上位人気馬から評価していっくぞ!

 

4 ゴールドクイーン 追い切り:△ 評価:消し

この馬の戦績と坂路タイムの関係は濃い。

1週前にいい時計が出ればよい順位という結果がついてくる。

さて今回は?

自己ベスト2位くらいの時計はしっかり出した。

しかし今までにないのはラストが12.7と極端に遅い。

どうも鞍上のフルキチさんの追い方がよくない気がするw

自己ベスト鬼時計は前々走のながつきS。

今回と同じ舞台で1.09.0の超好タイムで圧勝。

でもどうやらその頃の中山ダートは時計がでやすかったようで。

前走時も坂路は自己ベスト2位くらいの好時計でそのまま2位の結果につながった。

今回はG3と格下げですから、同等の坂路時計なら勝ち負けでいいはず。

でもなぁ・・どうしても最後の止まった(ようには見えないけども)感じが気になる。

そして中央馬場での一線級とは初対決。

強力な先行勢もいるし、楽には逃げられない。

テンにこれまで以上のダッシュを使ったら、最後止まるか?

という予想。

思い切って、切りますw

 

7 コパノキッキング 追い切り:▲ 評価:▲

連覇がかかってるが・・・ううううんん・・・・こっちも不安だw

CWでの意欲的な6F追い。昨年勝利時と同じ。

時計は一回り上げてきた。

しかし「上げてきた」と言うだけに、かなり追ってる。

昨年は馬なりで済ましたんだよねぇ・・。馬の気配は十分に良かったから。

今回は追ってる分、全体時計はいいのだが、やはりラストがガクッと落ちて12.7。止めたわけでもないのに。

昨年は馬なりでも12.0でまとめたのだが。

それが昨年の直線一気の鬼脚につながったのか。

前走のJBCスプリント2着時も、5Fタイムまでは同じでもラストは加速でまとめてた。馬なりでw

それに今年は菜七子ちゃんが先行癖をつけさせてる。

昨年とおなじレースをするだろうか?追い込みもうまいと思うけど。

どっちにしても太鼓判押せる追いきりじゃなかった気がする―・・w

びっしりメイチに追ってきた、と素直に思えばいいんだろか?

時計以外は、フォームも元気も変わってないように見えます。

そこだけが救いw

なので、こちらは切りません。馬自身の力を信じたい。

勝ち切れないとは思うけど、馬券内には。

 

12 テーオージーニアス 追い切り:△ 評価:消し

35秒台の末脚を連発。

オープン未勝利重賞初挑戦の身ではあるけれど、目下充実期。

なのだが。

前走OP初挑戦ということで、メイチ仕上げの坂路51秒台でした。

今回は間隔が詰まってるのと、自身いつもの2戦ローテと違って3戦目。

いつも2戦ずつなのは疲れやすいから?

とすると、今回時計がでなかったのも納得か・・

中山1200は今年2月に一度だけ走って勝ってる。

その時の坂路は全体は今回より1秒遅いけどラストは11.5と鬼脚自慢なキレを出してた。

本番でも35.8の末脚だしてて納得。

さぁさぁ、今回は?

うーん。少しの疲れと、そもそもの持ちタイムが1分10秒台後半までなんだよね。(新潟除く)

ヒロシゲゴールドなんかにはその差で負けたこともあり。

というわけで、今回は鬼時計をだしたわけでも気配絶好というわけでもなさそうなので、さらにタイムを縮めるとも思えず。

鞍上も乗り替わりの初騎乗丸山君という始末。

まだ格下でしたという結果を予想します。残念ながら、消し。

 

上位1~3番人気を低評価しまくり‥‥大丈夫かw

 

15 ヒロシゲゴールド 追い切り:▲ 評価:消し

さぁ武さんのお手馬だ!・・・と思ったら、ありゃ、また乗り替わりw

でも今乗りに乗れてるツムラさんですね!

あと、カペラSはなぜか外枠の馬が来るって傾向が強いのも後押し。

なんだけど・・

これまた坂路タイムが出ていない。

先月時計出したんだけど、京都のレースを使おうとしたから?

いつも勝負レース前には51秒台だしてるけど、今回は52.5どまり。

ただ加速ラップでラスト11.9を馬なりで出せてるのはさすがか。

でもなぁ・・鬼時計出して欲しかったなぁ。

こちらもオープン未勝利の身。

格上挑戦なのだから、それなりの仕上がりを望みたかった。

残念ながらその出来にない。

ゴールドクイーンの2番手で、ドスロー展開になれば・・・ですね。

展開に恵まれなければ、出番なしです。

 

10 レッドアネラ 追い切り:▲ 評価:★

上り調子・・でも坂路時計が・・・

と思いきや。

今週の美浦坂路は時計がでないらしく。

となればこれまで同等かいい時計なのかも。

いい方に解釈しようw

中山は500万1000万でたっぷり経験済み。

夏休みを経ての成長を見せたのが前走外房S。

これまでの逃げの一手から成長して、2番手から直線交わすレースへ。

最後は止まったとのことだけど、見事OP入りを勝ち取った。

その前走時よりは坂路時計も大幅に良化。

坂路重いことを考えればめちゃくちゃ良化してると見ていいかも。

休み明け2戦目。

ここが買い時な気がするw

ヒモ穴もしくは単勝まであるかも。

買います。買いましょうw

 

13 タテヤマ 追い切り:〇 評価:◎

やっと追い切り:〇がついたw

これだw

京都ではあるけどオープン実績あり、中山苦手ぽいけども・・

昨年のカペラSが何気に4着なんですよね。

しかも、当時の坂路タイムを今回は一回り上回って仕上げて来てる。

近走ではなく昨年と比較します。

昨年以上の成績をだすはず。

となれば、人気先行馬が潰れる予想をしちゃったからにはw

パイロ産駒の末脚がさく裂ですよ。ズバッとドカンと行きましょう。

思い切って本命だね!

 

さてさて時間もないし。まとめると!

13 タテヤマ 追い切り:〇 評価:◎

7 コパノキッキング 追い切り:▲ 評価:▲

10 レッドアネラ 追い切り:▲ 評価:★

12 テーオージーニアス 追い切り:△ 評価:消し

4 ゴールドクイーン 追い切り:△ 評価:消し

ついでに、ひっそりデムさんの

1 ドリュウ

 

ってとこで!大荒れ予想になっちゃった!!

結果が楽しみですね!

2019年12月 1日 (日)

チャンピオンズカップ(G1)の予想

土曜は結構穴馬当てた気がする。

馬券にはならなかったけど・・・w

 

今日も時間がないけど頑張るぞ!

 

1 タイムフライヤー 追い切り:〇 評価:▲

中二週だし当然軽め。

そのためか馬体重+10とか・・。大丈夫かな?

でも全体時計は高水準で維持。結構いい感じかも。

動きは軽快。脚も良く上がってる。

問題はルメさんが指摘したことのある距離。

2000mで長かったそうで、1800mはギリギリか?

コーナーワークはさすがに上手ぽかったので、小回り中京でも多分OK

ただ使える脚が短そう。でもそれも中京だから逆にメリットかな?

最内枠は〇。行きっぷりも悪くない。

一昨年ホープフルステークスを勝ったのも年末。

寒い時期に調子上げるのかな?

ハーツクライ産駒だしね!意外と来るかも?

 

2 モズアトラクション 追い切り:▲ 評価:△

元気なさげに見える。

一応1週前に強めに追って、反応良く末脚みせた。

今回も後ろからだろうけど、多頭数でどこまでさばけるか。

時計もどこまで?

でも中京1800m勝ちは昔あるので悪くないはず。

当時と比べてどこまで成長してるかな?

時計は4秒以上縮めないといけないぞ!w

 

3 チュウワウィザード 追い切り:△ 評価:▲

ちょっと疲れてないかな?

2戦目3戦目でガクッと落ちるタイプではないけれど

それにしても坂路で時計が出なかった。助手さんの手が結構動いてた割には。

追走にもしかしたら苦労しそうで、ちょっと割引。

でもなぁ、ジンクス発動したら、こういう風に悪く見える馬がサクッと来るからなぁ・・w

 

4 インティ 追い切り:✕ 評価:消し

多分ダメ。

疲れてる。背中が特に疲れてないかな?

頭が上がらないから前脚の掻き込みが弱い。

それが坂路時計の悪さに出てる気がする。

これでは出番なさげ。

 

5 クリソベリル 追い切り:△ 評価:▲

こちらも調子落ちてますね。

夏馬くさい。

全兄クリソライトも冬は勝てなかった。

寒くなるとダメなタイプの予感。

最後の最後で交わされそう。

 

6 オメガパフューム 追い切り:◎ 評価:◎

これだw

坂路時計よし。自己ベストかな?

JBCクラシックを叩いて上向いた。

昨年はJBC2着からチャンピオンズカップを大敗。力の差を痛感。

しかし1年たって成長したぞ!w

坂路時計も当時より一回りよくなった。

動きもよく、ピッチも軽快。

雪辱を晴らすためのメイチ仕上げが出来上がったと見た。

今回は勝つ!!

って、しかも鞍上にデットーリ神をお迎えしてるじゃないですか!

こりゃもう絶対に勝つ!!!

 

7 ワンダーリーデル 追い切り:〇 評価:△

調子は上向き。

坂路時計も前走以上を楽に超えてきた。

不安点は距離のみ。

初の1800mどうなんだ?

ノリさんポツンで直線勝負、だろうなぁ。

さぁ、それでどこまで?

 

8 ウェスタールンド 追い切り:〇 評価:▲

ここ一本に絞ってきたのね。

叩き2戦目。

1週前にビシッと追って自己ベスト2位の時計。

ただ最終坂路では口向き悪く、どうも後脚のバランスが崩れてた。

本番でどうか。

末脚は健在だし、時計も昨年で証明した通りある。

一発狙いでどこまで?

 

時間がねぇ!w

 

9 サトノティターン

押さえるほどの手応えの追い切り。だけど力不足?

 

10 ミツバ

おつかれ!”

 

11 ゴールドドリーム 追い切り:◎ 評価:◎

これもだ!!!!

最終坂路で馬なりで自己ベスト鬼時計50秒台。

これを信じないでどうする。

オメガパフュームと一騎打ちの予感。

 

15 ロンドンタウン

来るね!

 

16 ヴェンジェンス

これも要注意!

 

時間なかったwww

すみません。

結果がたのしみですね!

 

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »