« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月の23件の記事

2020年5月31日 (日)

東京優駿(G1)の反省(プチ的中)

コントレイルおめ。

淡々と圧勝しましたねw

スピードの生み出し方が異次元ですね。

いまだ限界知れずって感じ。

 

サリオス2着は強いですね。

もっと短い距離の馬かという印象もあったけど。

いや全然。

この距離このペースのレースであれだけ力強く差してこれるとは。

コントレイルさえいなければ最強ですよねw

 

そして・・・

ヴェルトライゼンデ・・・!!!

10番人気という低すぎる評価をなぎ倒しての、自分らしい走りで3着。

陣営としては喜べる結果ではないと思うけど、底力を見せましたね。

ステゴの血はやっぱ素晴らしいなと思いました。

自分の予想でも、馬番順に見ていったとは言え、10番人気のこの子に引っかかるものがあったんだな。

馬券になりそうな穴候補に挙げてました。

ここで時間切れになっていれば・・・!w

直感に従って、この子を3着付けに厚く買ってただろうなー・・・(後の祭り)

でも、追い切りの姿、走りの様子、気配、時計。

見るべき所を見て感じた良さがあってたのかなと思えてちょっと嬉しい。

でもなぁ・・・・、その後コルテジアの方が上!とかヴェルトライゼンデごめん!とか書いてるもんなぁ・・w

浮気しちゃダメですね。

直感。将棋で言う直観と言ってもいい。

自分の目をもっと信じても良さげだなと思った。

 

馬券的には3連複・3連単ともにもちろん当たりましたけど・・・

コントレイル・サリオスの圧倒的人気のせいで、10番人気ヴェルトくんが入ってもそんなにつきませんでしたねw

でもいいや!

結果論結果論!当たったぞー!とったどー!!w

 

 

さてさて。

直観でも土曜の葵Sは全然だったりして。

それでも、下馬評に惑わされて不本意な予想をしてしまうより、100%自分の目で予想した方が絶対楽しいですね。

もう少し時間の使い方はマジで反省して、もっと良い予想記事を書けるようにしたいと思います。

 

ではでは。以上です!

東京優駿(G1)の予想

せーの、

時間がねえ!w

 

この年に一度きりの大レースって時に、またしても直前予想。

もっとじっくりやれよと。

やる気あんのかと。

 

絶対18頭も手が回らないし。

でも頑張ろう。

当てたい。

最近大外ればっかりだし。

 

ちょっとやり方変えて、まずは追い切り評価をザッと全頭いくか!

 

と思ってやり始めたけど、やっぱ色々考えちゃうから、いつも通りいく!w

 

 

1 サトノインプレッサ 能力:▲ 追い切り:✕ 評価:消し 8番人気

重い。NHKマイルから中2週ではさすがにつらそう。

重戦車タイプだし、今の東京の馬場にはノレない。

 

2 アルジャンナ 能力:〇 追い切り:△ 評価:消し 12番人気

元気なさげ。

間隔は十分あいてるが、成長につながらなかったか。

ブリンカーで掛からない練習してるのかも。

それでも坂路時計は毎日杯時に及ばず。

仕上がってないと思う。

 

3 ワーケア 能力:〇 追い切り:〇 評価:△ 3番人気

坂路は時計こそ出してないが、本数はみっちりこなし、全体的な時計水準はしっかり上げてきてる。

ホープフルS3着時並みの仕上がりに成長分もある。

南Wでの追い切りは時計こそ劣るものの、闘争心と走りにスマートさが増した印象。

新馬の頃は手前をちゃかちゃか替えたりやんちゃだったそうだが、今回はきれいに速く走れてる。

ホープフルSの時はスタートで挟まれて下がる不利があったらしく、その点では内枠はあまり嬉しくないかも。

ルメさんが上手くエスコートしてくれれば、キレでは負けない。

前走弥生賞は休み明けで全然仕上げてなかったからノーカンでOK。

問題はスローの上り勝負ばかりしてきたから、今の東京の高速レースに対応できるのかどうか。

かなりのマイナス点だと思います。なので一度▲つけたけど△まで下げちゃう・・w

 

4 レクセランス 能力:▲ 追い切り:〇 評価:消し 16番人気

ダービー目標にコンディションのピーキングは成功した感じ。

ただ実績からして馬のレベルは特上というほどでもなく・・

CWでも併走馬にまったく食い下がれなかったのが残念。

ダービーで戦えるレベルには、まだない・・・かな?

 

5 コントレイル 能力:◎ 追い切り:▲ 評価:◎ 1番人気

仕上がりにケチの付け所なし。

皐月賞のときには粗探しなんかしちゃって低評価したけど猛省。

じっくり見てるとこの子の走り方はすごいですね。

脚がほっそり長く見えるんですけど、そこからの蹴りの無駄のなさというか。

迫力は感じないのにスイスイグイグイ加速する。

体幹をしならせるような動きもなく安定したまま、かといって脚だけで走ってるわけでもなく。

フィギュアスケートのすべりでスピードスケートやってるような。

東スポ杯でコースレコードだったように、左回りの方がさらにスピードは増しそう。

あとは距離、か。

ホープフルSも皐月賞も、馬場が荒れててやや上りのかかる勝負だっただけに、末脚の有利が割り増しになってた。

今回はみんな速く走れる東京高速馬場。

かといって、2400mを東スポ杯のようなスピードで行き切れるはずもなく。

福永ジョッキーの腕の見せ所ですかね?

そこにわずかな隙はありそうです。

それでも馬券を外すことは考えにくく、鉄板の中心軸馬◎ですね!

 

6 ヴェルトライゼンデ 能力:▲ 追い切り:〇 評価:▲ 10番人気

坂路からは上積みがあまり感じられない・・

ただ、CWの時計は大幅に向上。

併走したOP古馬に食い下がる感じは、この馬らしい善戦マンって感じ(ちょっと失礼)。

ドリームジャーニーの闘争心、ひいてはステイゴールドの東京での底力がここで光る気がする・・・・

10番人気はあまりにも低評価。

きついレースでこそ善戦するステゴの血を信じるのは今。

なんつってw

でも・・・穴というならやっぱりこの子かもって気がする。買っちゃおうw

 

 

まだ6頭・・・間に合うかなw

発走15:40ってのだけ忘れないようにね!

 

 

7 ブラックホール 能力:▲ 追い切り:▲ 評価:消し 18番人気

スピード勝負には向かないよね・・・

ゴールドシップの子に最低人気評価とは・・かわいそうじゃないですか?

 

8 ビターエンダー 能力:▲ 追い切り:▲ 評価:消し 11番人気

あら。こちらもステゴのお孫さん。

実績からして完全な東京番長ですねw

南Wでの時計は前走並みなものの、やや追う所もあるし、最後止まって併走馬に交わされた。

ステゴ・オルフェの闘争心があるなら、それは許しちゃいけない。

出走権獲得のために頑張って疲れたかな?

積極策で見せ場は作りそうだけど、最後止まるかな・・

ヴェルトライゼンデ並の評価をしたかったけど、やっぱり消しで。

 

9 ダーリントンホール 能力:〇 追い切り:◎ 評価:▲ 5番人気

パッと見で「これは・・?!」となったのはこの子。気になるーw

追い切りは明らかに前走皐月賞以上。

しっかり上積みが見て取れます。

共同通信杯でビターエンダーとのマッチレースの激戦を制したように闘争心も十分。

ビターくんがプリンシパルSを挟んでしまったのに比べて、こちらは皐月賞からここですからね。

この間にもちゃんと成長できた感はある。

ただ・・とにかく引っ掛かりそうw

南Wでももうアップアップな感じで抑えきれないw

それでも、最後の最後にゴーサインを出せばキレた。

今の東京高速レースなら、そんなに我慢させなくて済む?どうだろう。

前走出遅れた感じになっても最後伸びてた。

そんな前走だった馬が好走するのはあるある。

デムさんの腕の見せ所。買っておきたい一頭ですね!

 

10 コルテジア 能力:▲ 追い切り:◎ 評価:★ 14番人気

!?!?

CWの時計が異常に速い。

走る姿自体はそんなに変わってないのに。

しかもまったくの馬なり。

やばいw

コンディション重視・追い切り重視のこのブログとしては、これは買わなくてはならないのか!?w

ボリクリ産駒に母父ジャングルポケット。

東京の舞台は燃える・・・!!

これは・・・w

ただただ、実績見ても短い距離ばかり。

2400mには不安しかない。

積極策がこの馬の持ち味。ぜひ行ってほしいが・・もつか?

でもCWの走りがあまりにも、あまりにも、いい!w

このスピードと、高速馬場の東京と、この血統があっと言わせるか?

なんかそんなヒモ穴馬がどんどん増えちゃうなw

でも!コンディション重視!その意味ではヒモ穴最有力候補にこの子を選ぼう!

ごめん!ヴェルトライゼンデ!w

 

 

やばい!もう時間がない!!w

 

 

11 ガロアクリーク 能力:〇 追い切り:◎ 評価:〇 8番人気

皐月賞で大注目してちゃんと3着に来てくれたガロアクリーク!!

おお!

追い切りが良い!

南Wの時計が前走以上。しかもほぼ馬なりで手応えもさらによくなってる!

皐月賞でも急成長を感じての高評価だったけど、今回さらに成長してるね!

こちらは距離には問題なし。キンシャサノキセキ産駒なのにw

この出来栄えならまったく問題なく対抗評価できるんじゃないか。

いや、しようw

時間がないから、ごめん!でも信じてる!

 

 

もうだめだ!時間切れ!

 

あとは

12 サリオス 評価:〇 2番人気

当然の対抗評価!

 

もうひと穴は

18 ウインカーネリアン

ですね!

 

もうまとめる時間もないや!

失礼しました!

 

結果が楽しみですね!

 

2020年5月30日 (土)

葵ステークス(重賞)の予想

結局結論はこうでした!

検討内容の本文はその下からどうぞ!!

 

15 エレナアヴァンティ 能力:〇 追い切り:◎ 評価:◎  9番人気

12 ビアンフェ     能力:〇 追い切り:〇 評価:〇  1番人気

 2 アルムブラスト   能力:▲ 追い切り:◎ 評価:▲  4番人気

16 ビップウインク   能力:▲ 追い切り:▲ 評価:消  2番人気

 4 マイネルグリット  能力:▲ 追い切り:▲ 評価:消  6番人気

 6 カバジェーロ    能力:▲ 追い切り:▲ 評価:消 12番人気

11 ゼンノジャスタ   能力:▲ 追い切り:▲ 評価:消  8番人気

 

ーーーーーーーーー ここからが本文! ----------

 

時間がねえ!

だからまた適当になるかも!

しかも全然しらない3歳短距離戦線だし!w

でもま、知らないなりに、怖いもの知らずにズケズケいきまっしょい!w

 

今日はできれば、東京の方まで手を伸ばしたいな!

 

馬柱をザーッと見た感じ、目についたのは

15 エレナアヴァンティ 9番人気

 6 カバジェーロ   12番人気

11 ゼンノジャスタ   8番人気

かな?

いやほんと見た目だけでw

 

この葵Sの過去の結果を見た感じ、マーガレットSの勝ち馬や橘Sからの馬が好走してますかね?

でも基本的に前走勝ってなくても全然OK!ですね。

それ以上に内枠がやたら有利・・・か。

こりゃわからんw

 

とにかく、急いでデータ検討だ!

1200mのスプリント戦だし、坂路タイムが急上昇!な馬が見つかればいいな!

 

まず気になった馬を見ておくか!

えらい人気ない馬に目をつけてしまった・・・・

 

 

15 エレナアヴァンティ 能力:〇 追い切り:◎ 評価:◎ 9番人気

 

あれ?この子まじで勝ち負けまで行くんじゃない?w

3か月の休みでグッと成長した感じ。

坂路時計が圧倒的に向上。

しかも阪神JFの時に軽く追ってだした時計を、まったくの馬なりで一回り更新の自己ベスト

走り方もJFの時のチャカチャカせわしない走りだったのが、一歩一歩の力強さやストライドがもう全然違う。

しっかり成長してますね。

新馬戦ではここで3番人気のアルムブラストに勝ってます

新潟OPダリア賞も楽勝で、その次からの重賞挑戦が厳しかった。

新潟2歳S(G3)マイル戦は自分の形で逃げて5着。

完全に距離適性外でしたが、新潟のアドマイヤムーンの神通力ですかね?w

ファンタジーS(G3)1400も逃げてガス欠。

阪神JFは番手で慎重にいったけど、完全にガス欠でストップ。

で・も・!w

年が明けてのマーガレットSの1200mで鮮やかな逃げ切り

後続を突き放しにいきましたからね。阪神の坂で。

この時も7番人気と低評価。

それを跳ね返して圧勝したのに、今回さらに人気を下げてるって、どういうことなのw

1200mなら止まりませんよ

結構なハイペースで逃げれる子です。

京都の内回り!

コーナーで追いかけるのも、短い直線で差すのも、そう簡単にはいきません。

大幅な成長と絶好調の気配を見せる、今のこのエレバアヴァンティちゃんが9番人気の下馬評をぶち破って大穴あけるチャンス到来です!w

これで内枠だったら、まじで文句なしの大本命だったかな。

でもね、馬の調子を信じて、きっとハナから行ってくれるはず。行かなきゃダメ!

京都の幸さんを信じろ!

よし、まだ他の馬を全然検討してないけど、これは本命だ!w

 

 

6 カバジェーロ 能力:▲ 追い切り:▲ 評価:消 12番人気

 

前走阪神さわらび賞を逃げてプチ圧勝。

後ろからでは良い脚を出せるわけでもないようで、積極策に脚質転換したら正解だったと。

実は同じ阪神1200mコースでエレナアヴァンティと同タイム。

上りも0.2遅いだけ。前半はこちらの方が押していった分速かったため。

というわけで、エレナアヴァンティちゃんと同程度の評価をすべきなのか?となるわけですが。

なぜか、消しw

あちらは本命にしたのに、こちらはバッサリ消しw

まぁ成長と言うか上積み期待値ですよね。

坂路時計は前走より上げましたけど、いつもより追ってのものだし、時計自体は新馬の頃から出せてるレベル。

あまり上積みを感じない理由です・・。

勝負強さはあるそうで、前走後ろから差しにこられると必死に二の脚三の脚で伸び直しました。

今回も積極策に出るんでしょうねぇ・・

となると外から来るエレナアヴァンティちゃんと被るんですけど・・・

二頭の大逃げを、人気薄だからと後ろが軽視してくれればシメシメですねw

でもこの子が勝負根性のみで最後まで残る心配(?)も・・。

いや、でもエレナアヴァンティちゃんの上積みの大きさが圧倒的なので、突き放されて諦めちゃうんじゃないかな?

その失礼な読みでもって、今回は消しとさせてもらいます・・・。

 

 

11 ゼンノジャスタ 能力:▲ 追い切り:▲ 評価:消 8番人気

 

もう名前からして怪しいw

ゼンノさん家のジャスタのお子さんですか?

前脚の振り方はいかにもジャスタウェーイって感じですねw

さて、前走橘S4着。

この葵S好走条件に当てはまりそうです。

実はその5着がマイネルグリット。今回6番人気で、なぜかマイネルさんの方が上ですね?

実は2歳時の小倉で因縁がある二頭なんですね。

フェニックス賞で差して1馬身差まで詰め寄ったのがこのゼンノジャスタ。

勝ったマイネルグリットは次の小倉2歳S(G3)もゲットしました。

その後の成長がどちらもいまいちなのかな?

橘Sでは完全にゼンノジャスタがマイネルグリットを差しましたからね。

レース間隔を考えればどちらも上積み期待できず。

橘Sの時計自体は、これまたやはり阪神マーガレットSのエレナアヴァンティちゃんのとほぼ同じなのです。

馬場比較は難しいですが、ここでも上積み期待の差で、消し、ということで・・・

 

 

4 マイネルグリット 能力:▲ 追い切り:▲ 評価:消 6番人気

 

上のゼンノジャスタの所で書いた通り、ゼンノちゃんと同等の評価をしますので、ゼンノちゃんと一緒に消しということで・・・。

 

 

あとは、人気順でいくか・・・

結構荒れるレースだから人気順にどれだけ意味あるか・・・w

 

 

12 ビアンフェ 能力:〇 追い切り:〇 評価:〇 1番人気

 

函館2歳S1着、京王杯2歳S2着。

納得の1番人気。

しかも坂路時計も自己ベスト。

前走が休み明けで坂路時計が全然でなかったことを考えれば、明らかに叩き2走目で走れる状態になってるはず。

これまたスピードを活かした逃げに来るんでしょうねぇ・・

エレナアヴァンティちゃんのライバルがまた増えた・・w

しかもキズナ産駒でサクラバクシンオーの血まで入ってたら、強敵感充満じゃないですか。

やだなーもう。

実績通りに強く逃げ切る可能性高いんでしょうね。

少し外枠ひいたのを割り引いても。

いいですよ、もう。

でも2着にエレナアヴァンティちゃんが粘って行った行った展開をお願いします!w

本命視が妥当でしょうけど、固い軸評価の〇で。

 

 

16 ビップウインク 能力:▲ 追い切り:▲ 評価:消 2番人気

 

前走のど派手な差し切り勝ちが印象的なんでしょうねぇ、2番人気。

でも未勝利でモタモタしてた子が未勝利・1勝クラスを連勝した、というレベルで捉えることもできるわけで。

他の馬のレベルが低くて止まったから派手な勝ち方に見えたんだと思うんですけどね。

でもペースや中山での上りを考えれば、確かにいい脚もってますね。

でもやっぱり、下クラスでの実績と見るにとどめて、ここは消しで。

 

 

2 アルムブラスト 能力:▲ 追い切り:◎ 評価:▲ 4番人気

 

昨年9月の中山カンナSを差して快勝。

そこから今年2月のクロッカスSまで長期休み。

さすがに前走は追い切りもモッサリしてて走れる状態じゃなかったですね。

今回は坂路で自己ベスト!

ピッチの速さもカンナS時と同程度に軽快に回せてます。気配良し!

内枠ゲットあし、リアルインパクト産駒に母父サクラバクシンオーだし、鞍上丸山さんだし。

これはまさに、エレナアヴァンティちゃんとビアンフェの大逃げ2頭に後ろから差してくる3着馬にふさわしい!(結構失礼)

 

 

さぁもう時間だ!

全然検討してないし、他にも有力馬が多そうw

でもいいや。

本番は明日のダービー。

今日はこのへんにしといたるわ!w

 

ではでは、結果が楽しみですね!

 

2020年5月25日 (月)

優駿牝馬(G1)の反省

大惨敗。

大反省。

敗因はわかってます。

「どういう馬が勝つか?」「どういうレースをできる馬が勝つか?」

ってポイントが、もうズレまくってるということです。きっと。

この東京の高速馬場は、もうそんな単純な競馬にならない。

かつてはスロー症候群と言われたくらいに、みんなみんな行きたがらなかった。

止まるのがわかってるから。

そんな悪い風潮に対するJRAの答えなのかも知れないですね。

こういう馬場を作ることが。

前に行っても勝てるとなれば、レースに緊張感が出ていいですよね。

前に行く力がある馬にもちゃんとその形で勝つチャンスが平等にある。

 

それでも、それでも後ろから追いこんで快勝したデアリングタクト、本当にすごい。

予想記事では無駄な長文で粗探しなんかしてしまって、本当に恥ずかしいw

凡人の予想なんかカスリもさせず、自分本来の形を貫いて圧勝したデアリングタクト。

まじかっけーw

牝馬は3冠目が菊花賞ではなく京都2000mの秋華賞ですからね。

これはもう3冠確定じゃないのかな。

そのぐらいの正真正銘の鬼脚ですね。

何度でも見せて欲しいです。

そして、秋華賞なら!スマイルカナちゃんも復活するはず!

今回は本当にきつかったですね。

京都ならガラリと変わるはずだと思います。

 

2着3着のウインウイン勢。

渋い強い血統がきて、納得せざるを得ないって感じですね。

スクリーンヒーロー産駒にゴールドシップ産駒。

どちらも4角4番手からの粘りこみ。本当に強いし、いかにもって感じですよねw

気になる血統だったけど、単純に末脚くらべを期待した自分は、あっさり消しちゃいましたねーw

 

でもこういう馬たちが強い競馬をして上位にちゃんと入るレースを予想できなきゃダメなんですね。

特に今の東京は。

うん、もっとたくさん検討しよう。濃い検討をするようにしよう。

長文書くならもっと内容のある検討をしようw

 

ではでは。

ただただ、デアリングタクトおめでとう!

と清々しく感服するオークスでしたね。

ダービーはもっと考えて当ててみせるぞ!w

以上です!

2020年5月24日 (日)

優駿牝馬(G1)の予想

結論はこう!

本文はその後に。

 

 1 デゼル       能力:◎ 追い切り:〇 評価:◎

 4 デアリングタクト  能力:◎ 追い切り:▲ 評価:〇

12 マジックキャッスル 能力:〇 追い切り:〇 評価:▲

11 リリーピュアハート 能力:〇 追い切り:〇 評価:▲

 2 クラヴァシュドール 能力:〇 追い切り:▲ 評価:消

 8 スマイルカナ    能力:◎ 追い切り:▲ 評価:消

 

ーーーーーーーーー 本文はここから! ----------

 

すみませーん・・・

ここにあったはずの・・・時間はどこに行きましたか・・?w

 

疲れてるのかな。寝落ちに次ぐ寝落ち。

あったはずの時間がなくなった!!w

 

もういいや。

 

オークス頑張るぞ!まじめに!時間ないけど!

 

1番人気

4 デアリングタクト 能力:◎ 追い切り:▲ 評価:〇

 

オークスが目標。

そのために桜花賞で5着以内が目標だった。

さらにその桜花賞に必ず出走できるように賞金を積み上げておきたかった・・・

が、疲れがでるタイプらしくて前哨戦をやめて桜花賞に直行したらしいというエピソード。

 

新馬からエルフィンSが中11週、次の桜花賞までが中8週。そして今回が中5週

だれもが止まる重馬場の桜花賞で鬼脚を出し切った疲れは、どうだろう?

それもあって中間の坂路は上積みを求めるような内容ではなさそう。

時計はすべてにおいて少し下回ります。

でも1週前のCWでは単走で前回時を全体とラストで少し上回るくたいに動けてた。

前走時が併走馬に遅れてたことを考えれば、体調自体は上積みなくても平行線は保ててそう。

 

それよりも。

 

前置きが長くなっちゃったw

それよりも、この馬の気性面のケアに重きを置いた中間だったのではないか。

つまり、この子はちょっとだけ掛かる

桜花賞は重馬場の割に前半結構流れたんだけど、松山ジョッキーは強めに引いて我慢させてた。

そこで溜めてこその鬼脚だったわけで。

2400mでそんなに長い時間我慢させられるか?

だからこの中間が抑えめなのもわかる。

闘争心を煽りすぎるのは絶対にやめておきたい。

 

その意味で、内枠をもらえたのはラッキーか?

とはいえ、相変わらずの超高速馬場の東京競馬場。

前座レースでも33秒台連発ってどういうことなのw しかも先行馬でも。

(※追記: 土曜の時点での話でした。日曜の前座は一転して34秒台だらけ。一夜でこの変わりようは何!?これならパワー系のこの子の脚が引き立つ好条件かも)

 

たぶん他の馬たちも相当なスピードを出せてしまうわけで、末脚での差がつきにくい。

この子の鬼脚は間違いなく随一なんだけど、パワー寄りの鬼脚ぽいですよね。

桜花賞のような荒れた道でもグイグイ加速できるって感じの鬼脚。

じゃあ、いまの東京のようなキレイに舗装されたサーキットコースのような道で、さらにスピードに乗るのかというと・・・?

走法がピッチ走法なので、自分の力でピッチをあげればそのままガツンとトップスピードまで加速できる。

それが他馬を置き去りにする異次元の鬼脚に映る。

でも地面に脚をつくことは最低限の抵抗を産む。

人間のスプリンターでもスピードを上げるためには接地時間を減らすことが重要らしい。

つまりピッチを増してスピードを上げるのではなく、ストライドを伸ばしてスピードを上げる。

でもこの子はストライドを伸ばす走法ではない。

したがって、ピッチ走法は究極の加速を産むけど、究極のトップスピードを産むかというと、実は限界があるかもって話。

この特徴って母父キンカメの走りが強くでてるかもですね。

 

いきなり長文書きすぎたw

桜花賞で本命にした大好きな異次元鬼脚デアリングタクトちゃんを悪く言うつもりなんてないのにw

 

要するに、究極のトップスピード勝負では、今回はさらに上を行くライバルがいるかもってことですね。

評価が本命◎でなく〇だったのは、その1点が理由ということを言いたいがためだけの長文でしたw

 

 

2番人気

1 デゼル 能力:◎ 追い切り:〇 評価:◎

 

というわけで、こちらが本命。

デアリングタクトちゃんの所であんなに長文書いたのは、要するにこの子を本命にする言い訳だったわけでw

先に書いた究極のトップスピードをこの子が持っているということです。

なぜなら、デアリングタクトが母父キンカメのパワーを色濃く出してるのに対して、こちらは父ディープのストライドを伸ばす走法だから。

前走で東京の直線を確かめられたのも有利。

長い直線で最後までストライドを伸ばし続けてスピードにのれることを証明した。

ラスト1Fのトップスピードは10秒台前半までいったかも。

デアリングタクトとの究極の鬼脚勝負になった時に、最後に伸びきるのはこの子なのでは。

 

わずか2戦というキャリアの浅さがネックと言われます。

でも最近はクラシック3冠をちゃんと戦い抜くよりも、オークスとか菊花賞とか馬の適性重視で的を絞って勝ちに来る馬が増えましたよね。

今回の社台グループの刺客がこの子ってわけで。

血統は超良血。潜在能力は超一流。この2戦でそれを十分に証明してるでしょう。

 

特に前走。

デアリングタクトの所でも書いた、誰でも速く走れる東京でドスローの末脚勝負になった時、他の馬も33秒台を出す中で唯一32秒台の鬼脚で差し切って快勝。

しかも気性が落ち着いていて掛かる心配がない。

2400mでこの性格は有利。

 

不安点はスタート。結構もっさりしてるw

フルゲート18頭の最内枠でノンビリしてたら、さすがに届かないくらい悪い位置取りになりそうな不安がある。

前が止まらない今の東京で人気馬が負けるパターンですよねぇ・・・

 

と思ったら!!

 

デアリングタクトの欄にも追記しましたが、土曜の時点では間違いなく高速馬場のままだったのですが・・・

今日は一転して34秒だらけ。

前残り傾向を意識して積極的に飛ばすジョッキーが増えたせいみたいですね。

馬場も土曜よりさらに乾いて砂ぼこりがあがるくらい。

うーん。どう見ればいいか。

 

ラップや位置取り重視で控えてしまったら、止まらない前を捉えられない。

体内時計ではなく馬の感覚で流れにのれるかどうか。

 

その意味では掛かる心配のないこのデゼルは、順調にレースレベルをあげて流れにのれるかな?

追い切りの坂路タイムも順調に上げてるしね。

ただそもそも時計自体が遅い馬なので、あまり参考にならないかな?w

そんな坂路調教でも本番で鬼脚出してるんだから、前走以上のパフォーマンスを期待できるでしょう。

デアリングタクトの方は行く気を押さえる調教が位置取りを悪くしちゃうだろうか?

 

しかし、ライバルが積極的に飛ばして、最後少しでも止まるような傾向はこの子にとって好都合。

最初に書いたように、究極のトップスピードまで伸び続ければ、ゴール前ですべてのライバルを交わせるはず。

ただただ、その鬼脚を信じて本命◎に。

デアリングタクトとの鬼脚が見たいなぁw

 

 

長文書きすぎたw

オークスはちゃんと検討するぞ!って言ったのに・・・・

 

上の2強は固定です。

あとはヒモ穴探しです。

もう決めました。

 

12 マジックキャッスル 能力:〇 追い切り:〇 評価:▲

11 リリーピュアハート 能力:〇 追い切り:〇 評価:▲

 

どちらも坂路で時計を向上させて上昇気配がある馬です。

そして何よりも走法が東京向き。

跳ねるような飛ぶようなストライドの広い走り。

トップスピードを期待できます。

みんな前半から飛ばして最後止まる中、2強が抜け出した後ろで脚を伸ばすのはこの子たちかと。

 

そして有力馬で消しちゃうのが・・・

 

2 クラヴァシュドール 能力:〇 追い切り:▲ 評価:消

8 スマイルカナ 能力:◎ 追い切り:▲ 評価:消

 

カナちゃん・・・申し訳ない・・・

やっぱ距離がね・・。

エイシンヒカリになれるはずだけど、桜花賞でも最後バテバテでフラフラしてたもんね。

長い直線のスピードが持たないんじゃないかと。

前にいっちゃえば逃げ切れる馬場だけども・・。

 

クラヴァシュドールは走法がやっぱパワー系に見えるので。

トップスピードに劣るのではないかと。

上りのかかる消耗戦での力強さは随一だけど、「速さ」ではどうも頼りない。

 

さぁ!ジンクス発動だ!w

 

いいんです。

もうデゼルとデアリングタクトの鬼脚勝負が見たいだけなんです。

東京でこそ生きる走法ってのを確かめたい。

自信を持ちたい。

その意味ではヒモ穴の2頭にも注目してますよ!

 

あとカナちゃんからも目を離さない。頑張れカナちゃん!(切っておいて言う)

 

さぁさぁ。結果が楽しみですね!

 

 

2020年5月23日 (土)

平安ステークス(G3)の予想

20分だ。20分だけやろう・・・w

時間がまったくねえ!

今週はオークス1本のつもり。

なのでこの平安Sは思いっきり適当に。

 

本日の京都ダートは良で普通に重たげですね。

紛れが少なくなってよしよしw

 

平安Sは荒れがちだけど、展開がスローだったり速かったり毎年バラバラだからですかね。

でもま、今年は普通にキレる鬼脚勝負を期待したいと思います。

 

スマハマくん・・・ドスロー展開を作ってくれるかな?w

 

7 ゴールドドリーム

ゆるい。けど動きがわるいわけでもなく。

単にメイチじゃないだけで、普通の馬には負けないよね?

 

2 ロードレガリス

もっとゆるい・・・と思ったけど、とにかく折り合い重視なんですかね。

末の爆発力はゴールドドリーム以上かも。

闘志がいまいちらしいから、ゴールドドリームと競り合ったら鼻差で交わされるかな?

 

9 ミツバ

坂路タイム良し。

たまに快勝する馬だけど、その時の坂路タイムのレベルが出てる。

穴候補で買っちゃおう。

でも馬券に入るにはライバルが多すぎるかなぁ・・

 

 

うーん・・どうやらペースアップについてこれるのは、この3頭だけっぽい。

この3頭の1点勝負で!w(超適当)

 

ではでは。結果が楽しみですね!

 

オークスはちゃんと検討するぞ!!

 

2020年5月17日 (日)

ヴィクトリアマイル(G1)の反省

残念。

アーモンドアイの楽勝は当然のおめでとう!だけど・・

うーん、能力評価と追い切り評価のバランスがいまいち噛み合わなかった感じ。

 

予想 vs 結果はこんな感じでした。

着順 評価 馬番 馬名 人気
12 アーモンドアイ
18 サウンドキアラ
  16 ノームコア
13 トロワゼトワル 12
ダノンファンタジー
シゲルピンクダイヤ 11
ラヴズオンリーユー
プリモシーン
・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
15 14 スカーレットカラー
・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・

 

ちぐはぐ。

低評価した馬が上、期待した馬がことごとく下・・・

今の東京の高速馬場はかなり特殊というか、各馬の実績があてはまりにくい感じ。

勢いで押し切れる部分も多分にありますね。

 

サウンドキアラはちゃんと右手前で走り切りましたね。

それ以上に体調の良さがそのまま出た感じ。

キレよりも今の高速馬場にのって走り切らせたジョッキーの判断がGJ

 

ノームコアも調子の良さを出せた。

昨年もそうだったけど、プリモシーンより前でレース進めて勝ってたんだよね。

今の馬場を考えれば、それだけで有利。

プリモシーンとの評価順が逆だったね・・・

 

プリモシーンは出遅れたようで・・・

そうでなくても切れ味を見せられる馬場ではないですね、今の東京は。

このラップでいって、33.4で上がっても、前の馬がさらに速い上りを出すんだからw

調子の良さから、昨年のノームコアを差して雪辱だ!とか考えましたが、それが間違いでしたね・・

 

ラヴズオンリーユーの不発は、手前の件以上に、適性・調子がダメだったみたいですね。

手前も直線後半で左手前に戻してたみたいだけど、それ以上に止まってましたしね。

33.5の上りで止まると表現するのも奇妙ですけどw

人気が最終的に3番人気に落ちてたんですね。

みなさんの方がよくご存じだw

 

レベル不足とか言ったダノンファンタジーの方が上位ですもんねぇ・・ははw

 

スカーレットカラーは完全に不発。キャリアの差か・・

 

 

うーん・・

コンディション重視なら、実績よりもコンディション重視なら、予想順は確かに違ったかも知れない。

とくに実績は意外と当てにならないはず、ってのがコンディション重視を始めるきっかけだしねぇ・・w

でも過去レースから馬の適性とか手前のクセを見つけるのは、意外と正解になることもあって無視しきれない、かなぁ・・

でもでも、やっぱりコンディション重視の比重をもっと大きくしなきゃダメかな!

と思った今回でした。

うん、きっとそうだ。

次は、次こそは当てるぜ!

 

以上です!

ヴィクトリアマイル(G1)の予想

書き込み中の評価状況を冒頭に追加していこうと思います。

本文は下の方のーーーー以降になりますー。

 

現時点での評価順はこんな感じ!(5/17 15:25時点)

12 アーモンドアイ   能力:◎ 追い切り:◎ 評価:◎ 1番人気

 5 プリモシーン    能力:〇 追い切り:◎ 評価:〇 3番人気

16 ノームコア     能力:〇 追い切り:〇 評価:▲ 5番人気

14 スカーレットカラー 能力:〇 追い切り:◎ 評価:★ 7番人気

 1 ラヴズオンリーユー 能力:◎ 追い切り:◎ 評価:消 2番人気

18 サウンドキアラ   能力:〇 追い切り:◎ 評価:消 4番人気

 7 ダノンファンタジー 能力:〇 追い切り:▲ 評価:消 6番人気

ラヴちゃん消しちゃったw

 

ーーーーーーーーーー ここからが本文! ----------

 

雨が降りましたが、東京競馬場の天気は回復する模様。

土曜でも全然渋ってなかったし、日曜にはしっかり乾いて高速良馬場になりそうですね。

というより、雨で稍重発表だったのに良馬場だった昨年より速いくらいなんですけどw

 

基本的には昨年と同じくらいのハイスピード決着を想定して良さそう?

馬場だけで言えばレコード更新だって可能?

上位人気メンバーに昨年と同じ馬が少なくないしね。

 

いやいや、でも展開は結構変わりそうかな?

アエロリットがいないしね。

 

ま、とりあえず各馬評価を!

でも寝落ちしてまた明日直前になりそう!w

 

 

12 アーモンドアイ 能力:◎ 追い切り:◎ 評価:◎ 1番人気

 

素直に◎でいいと思います。

坂路はもうやってないけど(外厩調整だから全然わからないw)

南W追いは1週前に闘志だして元気一杯追えてた。

最終は控え目に先行馬を積極的に抜くこともしなかったけど、時計は十分速い。

天皇賞秋の時より速いくらいです。

精神面も体調も何らおかしなところはないですね。

誰も太刀打ちできない地力を持つ馬。

普通に楽勝と見ます・・・(言い過ぎw)

 

 

で、ここから時間がねえ!の追記!w

結局昨晩はアーモンドアイしか書かず。

しかもろくな検討せずw まぁ、必要ないかな。

 

あとは毎度荒れ模様のこのレース。

今年は強い逃げ馬がいないだけに、ドスローに落としてきそうですね。みんな。

そのくらいしかアーモンドアイに抗する術がないもんね。

 

そうなると割を食うのは・・プリモシーンさんかな?

その辺の詳細はプリモシーンの欄で。たぶんw

 

ではでは続きを!

18頭はたぶん無理!

そして書ききれなかった馬がたぶん来る!それがこの予想ブログのジンクス!w

 

 

1 ラヴズオンリーユー 能力:◎ 追い切り:◎ 評価:消し 2番人気

 

坂路は走りはゆったり見えるタイプ。

でも時計はしっかりこの馬なりに出せている。

時計比較では、惜敗だったエリ女の時はそもそも時計が悪かったので、その時よりは当然良し。

この馬のベストパフォーマンスはたぶんオークス。

その時の坂路は元気一杯。

でも今回はその時の時計を上回る出来。

ピッチはほぼ同じなのだが時計が確実に縮んでる。まぁ成長分とも言えるかな。

微妙なのがCWの時計。全体時計はやっぱりオークス時がベスト。

今回はその時よりちょっと落ちる。気配・闘争心でもちょっと・・。

不調と言うほどではないし、早熟ディープ産駒だからそれほど大幅な成長は期待するべきじゃないのかな?

 

それよりもこのマイルGIに対応できるかどうか?

この馬の利き脚に不安あり、と見ます。

この子は極端な左利き。

ベストパフォーマンスだったオークスですら、直線で右手前に替えたのに、すぐ左手前に戻して鬼脚を引き出した。

普通に考えて、左手前をそんなに使ったら脚は鈍ります。

実際、この時の上りは34.5。いやこれでも最速上がりなんですけどねw

しかし、この馬は2戦目の京都白菊賞500万でマイルを1:33.6の上り33.9でした。

もしかしたら、これ以上のスピードはでないのではないか?

右回りだからこそ33秒台の末脚を出せるけど、今回は左回りのワンターン。

マイルの速いペースで、3,4コーナーも左手前、直線でまた左手前に戻してたら、いったい何m左手前で走り続けるのか・・

33秒台の上りでなければ勝負にならないと思いますが、この馬には微妙にツライかも。

どうでしょ?w

というわけで、なんと消しですw

 

 

5 プリモシーン 能力:〇 追い切り:◎ 評価:〇 3番人気

 

前走が謎の惨敗だけど、叩き台の捨てレースと考えてOK。

坂路時計はきっちり上げてきた。

素晴らしいパフォーマンスだった東京新聞杯よりも当然よし。

そして何より南Wでの走りが超良いw

東京新聞杯の時もデムさんが結構追って速い時計でラストまで鋭く伸び、そのまま結果につながった感じでした。

今回は全体時計もラストも全てが上回るw

まぁ言い過ぎで、ちょっと内側回ってたし、ずっと追ってたし、ってのもあるけど。

それでもラスト1Fを11秒台でまとめたのは絶対に良い。

マイルのスピードにきっちり対応できる準備はOKって感じ。

東京新聞杯の時と同様な高速馬場のマイル戦。

同じだけの、それ以上の走りは必ず出来る状態。

昨年が勝ちに等しいノームコアに惜敗の2着。

今回も同じだけのパフォーマンスは出せる。

強敵が一人増えてアーモンドアイちゃんがいますけどw

この出来ならば、アーモンドアイに勝つかも知れない。

鞍上レーン神だし。神だし。

せめてノームコアには雪辱したいね!できると思う!

期待を込めて、対抗〇評価!

 

追記:冒頭で言ってたスローペースで割を食うって話をすっぽり忘れてたw

この馬が快勝するのはほとんどハイレベルのハイペースなレース。

とにかく速い時計のなかでも豪脚を出せるのがこの馬の強さ。

でもペースが澱んだり、直線入り口でうだうだごちゃごちゃするとスピードに乗れない。

一瞬の鬼脚をドカンと出すタイプではないんでしょね。

速い一流馬の中で速いペースの中でさらに速い末脚を出せる時に「つええw」って勝ち方をする。

なので、もしダラダラのスローペースになるとスピードに乗れない可能性があるかも・・・

なんて書いてたら15:40だ。レース始まったかな?(ライブでは絶対に見ない)

グダグダ書いたことが全く的外れだったらヤダなw

というか、こんなマイナス点を予め考えてたのに、それも吹き飛ぶくらい調子良さげだったので高評価。

ぜひ本番でも好走していてほしいな!

 

 

18 サウンドキアラ 能力:〇 追い切り:◎ 評価:消し 4番人気

 

坂路はベストではないものの前走以上。

だけど、消し。

ラヴズオンリーユーと同じく、いやそれ以上にこの子は極端な左利き

新馬の頃から左手前ばかりで走る癖が指摘されてた模様。

直近の左回りのレースとなると、なんと昨年のこのヴィクトリアマイルになります。

そこでも直線早々に左手前に戻して最後まで左手前で走ってたのです。

全然伸びません。

左回り5戦でいまだ勝ったことがないのも納得。

右回りの一瞬の鬼脚はものすごいのに。

なので、ばっさりと消しです。

 

 

16 ノームコア 能力:〇 追い切り:〇 評価:▲ 5番人気

 

外厩調整だけに何とも。

南Wラストのみは速い。

ただし軽く追ってのもの。

昨年のヴィクトリアマイルの最終は抑えっきりで気配良く。

その1週前が一杯に追って全体時計が良かった。

今回は最終のみ軽く追ってとはいえ、11秒台はめったになかったもの。

フォームも非常に良くなっていて、同じ11秒台を出した富士Sの時以上にストライドが伸びている。

富士S時11.9から今回11.6を出したのはそこの差か。

前走高松宮記念が叩き台とすれば叩き良化のこの馬はここで本来の走りを戻すかも。

そして体の動きもいい。

昨年同等以上の走りを期待すべきか。

追い切りのデータが少なすぎて、自信をもって推せないがw

ただ間違いなく左回りのマイルはこの馬にベストの舞台。良馬場も好条件。

信頼して▲!

 

 

さぁさぁ時間がないぞ!40分発走ってのを忘れずに!w

 

 

7 ダノンファンタジー 能力:〇 追い切り:▲ 評価:消し 6番人気

 

体重ー20kgwww

ドラゴンボールで重いマントを脱いだピッコロさんですかw

鞍上は川田さんだし、こわいこわい・・

でもさ、桜花賞でも勝てなかったし、坂路に変わり身を感じないし、まだレベルが足りないと思いたい・・・

 

 

14 スカーレットカラー 能力:〇 追い切り:◎ 評価:★ 7番人気

 

一番の上昇気配はこの馬!

CWでの走りが圧倒的に前走以上。

その前走でも鬼脚を見せたが、それ以上のパフォーマンスを出せそう。

東京は昨年の府中牝馬Sを鬼脚で制した舞台。

やや後ろからになる脚質だが、今回のCWの楽な手応えで全体時計を速くしてきた感じからして、マイルのペースもいける気配。

成長と叩き二走目の絞れを一番感じるこの馬の一発はあり得る。

★評価で!

 

 

時間だ!

7番人気までしか見れなかった!

でも上位人気でも結構割れててオッズつくから、馬券的にはこれで十分面白そう!

この中の馬で決まると信じる!

さぁ!結果が楽しみですね!

2020年5月16日 (土)

京王杯スプリングカップ(G2)の反省

今回はもう結果見た。さっき見た。

残念w

 

ダノンスマッシュは強かったですねー。

この馬のこういう所を全然知らなかった自分の負けですね。

データ・追い切り重視では全く推せなかった。

 

予想 vs 結果はこんな感じでした。

着順 評価 馬番 馬名 人気
13 ダノンスマッシュ
12 ステルヴィオ
グルーヴィット
ラヴィングアンサー 12
セイウンコウセイ
ケイアイノーテック
ストーミーシー
10 タワーオブロンドン
11 エントシャイデン 11
10 ショウナンライズ 13
11 レッドアンシェル
12 ライラックカラー 10
13 ドーヴァー

 

・・・まぁまぁ・・?w

勝った2番人気ダノンスマッシュを消してる時点で馬券としては話になりませんがw

 

タワーオブロンドンの消しは正解でしたね。

この馬の気配の読み方はもうこれでいいのかも。

でももう終わったのかも知れないですね。引退近いか?

 

ワクワクしたのはラヴィングアンサー!!w

4コーナーでは外から被されて前が壁になりそうで、あああーと思ったけど

鞍上吉田豊さんが上手かった。スルッと抜けて外にだした。超うめえ。

その後の末脚は見ての通り抜群。てゆうか、この子しか見てなかったw

6歳でももう少し強くなれそう。重賞勝ちは近いかも。

 

ステルヴィオの評価順が逆だったり、今回は馬場状態の見抜き方を誤った部分も大きいですね。

重馬場重馬場と言ってたけど、時計見たら超高速馬場のままw

全員33秒台前半、ケイアイノーテックは32.5の上りって何ですかw

 

でもま、ほんの少しは予想に手応えのあったレースでした。

当たってないけど!!!

明日は絶対当てるし!!!w

 

以上です。

京王杯スプリングカップ(G2)の予想

時間がないのですw

惨敗しすぎてテンション下がりまくりです。

心を入れ替えて、冷静にデータ予想に徹しようと思います・・・

 

10 タワーオブロンドン 能力:〇 追い切り:△ 評価:消し 1番人気

 

坂路なし。南Wのみ。

追い切りで最後まで引っ張り倒し。

馬の行く気がありすぎる。

普通なら短距離でこの気配なら勢いで押し切れると思うので◎評価するのだが・・

この馬の場合は追い切りで全然時計を出してこなかったのが常。

GI快勝時ですらノンビリしたもの。

時計だけ見たら「元気なくね?」と思う気配で、本番では豪脚を繰り出す馬。

それが今年に入って坂路でやたら時計を出し始めて、そして連敗。

これは行く気が増したというより、もはやコントロールできなくなってきたと見るべき?

前走高松宮記念なんか1200ですら掛かってしまってた。(スローペースではあったけど)

1600mでギリギリと言われて距離を縮めて成果をだしてきた馬。

掛かってしまって、しかも今日の重馬場で、1400となるとラストまで息が持たないのでは。

これが藤沢厩舎マジックで、馬の変化にあわせて調教を変えた結果だとしたら、お手上げw

普通の私ならこの行く気満々な感じは文句なしに◎だけど、この馬の好調時の時計の無さという特徴を考慮して、消しです。

(1番人気なのに・・・w)

 

 

13 ダノンスマッシュ 能力:〇 追い切り:△ 評価:消し 2番人気

 

坂路時計がいまいち。

叩き台なので当然だとは思うけど。

ピッチが遅すぎる。

いい時、レースで好走した時の坂路は明らかに速いピッチで当然時計も良かった。

今回は回転が遅いし、最後も止まってた。

ずっと1200でやってきて、今回は1400に延長。重馬場。気力いまいち。

こちらもやっぱり止まりそう。消しで。

(2番人気なのに・・・w)

 

 

2 グルーヴィット 能力:▲ 追い切り:〇 評価:〇 3番人気

 

実績の裏付けに乏しいものの、今回は勝ち負けまでいけそうな予感。

坂路は自己ベストに次ぐ2番時計(?)

前走1200重馬場の高松宮記念で末脚をちゃんと出せた。

その時の坂路は全体時計抑えめの加速ラップ。

今回は早めのラップで全体時計だしてきた。

1400で時計が遅めになりそうなのも上りがかかりそうなのも好条件。

ダート武蔵野Sに使われたこともあるくらい、道悪でも末脚を出せる馬。

人気馬が不調&叩き台程度な今回がチャンス。

◎評価でもいいくらい。勝ち負けまで。

 

5 レッドアンシェル 能力:▲ 追い切り:◎ 評価:〇 4番人気

 

1週前に坂路自己ベスト。素直に高評価。

昨夏に不良馬場の中京CBC賞を勝ったように、馬場は苦にしない。

ただ、実績通りにそもそもそんなに持ちタイムがあるわけでもなく。

だから今回の重馬場は好条件。

前々にいけるタイプでもあるし、積極策から前残りを。

 

 

12 ステルヴィオ 能力:〇 追い切り:〇 評価:〇 5番人気

 

坂路時計は普通に良い。

もっと良く見えたのは南W。

抑え気味でもゆったりしたフォームで好時計。

これで良馬場だったら文句なしだった気がするw

スタートさえ上手く決めれば、この好気配なら馬なりで前につけちゃうかも。

前走高松宮記念も敗れたけど十分力強く前に残ってた。

後ろになってしまったら、さすがにこの馬場では不発になるかな。

 

 

〇評価多いなw 絞れないぞこれ。

一応、色で優劣つけてるつもり。

 

 

7 ストーミーシー 能力:▲ 追い切り:▲ 評価:消し 6番人気

 

坂路は時計出ず。

南Wでのフォームは良く、ラスト重点でかなり良い感じ。

横山Jrが先行策を試したりしたけど、やっぱり末脚に賭ける形に戻すのかな?

いずれにしても、重賞ではタイム不足だし、重馬場ではちょっと良いところがでる感じがしない・・

 

 

9 セイウンコウセイ 能力:〇 追い切り:◎ 評価:★ 7番人気

 

坂路は久々にまぁまぁの時計をだした模様。

それ以上に、南Wが異常に好時計。しかも馬なりで。

元気一杯なのは間違いない。

ただ・・1400mという距離がこれで持つかどうか。

この勢いならハナを奪うくらいで行くかもね。

この馬場ならその方がいいと思う。

1200ならそのまま行っちゃえたかもって気配・・

でも先週の東京は本当によく前が残れましたしね。

渋ってもその傾向が続く馬場じゃないだろか?

てゆうか、今見たら7レース500万条件で1:33.8の番手から33.7の上り出てるじゃん・・・・w

いまの高速馬場からしたら、これでも渋ってる方なのかな?w

でも先行有利ですね。

雨でさらに悪くなれば、この馬にとっては好都合。

問題は距離だけ。

南Wの好時計を信じたい気持ちを込めて、まさかの行った行ったの★穴評価で。

 

 

3 ケイアイノーテック 能力:▲ 追い切り:▲ 評価:消し 8番人気

 

坂路では1週前に自己ベストに次ぐ2番時計。

最終でもその勢いで好時計。

ただ一杯に追ってのものだし・・・。

最近は復調気配があり、末脚健在で好着順まで追い上げるレースが出来てる。

それでも序盤のスタートダッシュは遅いから後ろからになって、届かない。

最近の元気一杯ぶりにペースアップを図っての一杯追いだろうか?

でもやっぱり、そんな一気の脚質転換は難しいだろうし、1400の距離短縮でペースももっと早くなるしね。

ものすごくストライドの大きな走りは、長い東京の直線で武器だろうけど・・

ハイペースで前が止まってこその馬。

まだ今回は激走の時ではないかな・・

 

 

4 ドーヴァー 能力:▲ 追い切り:? 評価:消し 9番人気

 

データまったくなし。

不良の東京キャピタルS(L)での激走はあるし、道悪軽快のアドマイヤムーン産駒にゴドルフィン・・・

でもまぁ昨年惨敗だったし、重賞レベルではないかな・・・・

 

 

6 ライラックカラー 能力:△ 追い切り:▲ 評価:消し 10番人気

 

変わり身なし。

レベルも足りないかな・・。昨年よりは強くなってるんだろうけどね。

 

 

11 エントシャイデン 能力:△ 追い切り:▲ 評価:消し 11番人気

 

まだまだレベル足りないよね・・。変わり身もなし。

 

 

1 ラヴィングアンサー 能力:▲ 追い切り:〇 評価:★★★ 12番人気

 

まだまだレベルが・・・と言っていいんだけど、ちょっと警戒。

6歳ながらここに来て元気一杯。

前走中山春雷Sの追い込みはなかなかのもの。

今回の東京でも、丁度1年前の晩春Sでの大激走勝ちがあり。

1400がピッタリ合うのかラストの伸びが尋常でなく、1:19.5の上り32.7の超好タイム。

当時も前走で勝っての連勝だったし、坂路時計も同じくらい良かった。

毎年この時期に勝ってる馬。

なんだか色々なフラグが立ってますので、大穴候補にしたいと思いますw

 

 

8 ショウナンライズ 能力:△ 追い切り:〇 評価:消し 13番人気

 

突然の坂路自己ベスト。といっても57秒台だけどw

変わり身?といってもレベルが足りないよね・・?

 

 

 

何気に全頭見れちゃった!!w

1,2番人気を消しちゃう悪い癖は、やっぱり出ちゃいましたけど。

地力で勝っちゃうのかもだけど、気配や条件はやっぱり悪いと思うんだけどね。

あとは〇評価で並ぶ馬が多すぎた。どうしようw

 

とりあえずまとめると、こんな感じ!

 

2 グルーヴィット 能力:▲ 追い切り:〇 評価:〇 3番人気

5 レッドアンシェル 能力:▲ 追い切り:◎ 評価:〇 4番人気

1 ラヴィングアンサー 能力:▲ 追い切り:〇 評価:★★★ 12番人気

9 セイウンコウセイ 能力:〇 追い切り:◎ 評価:★ 7番人気

12 ステルヴィオ 能力:〇 追い切り:〇 評価:〇 5番人気

 

順番もこれでいいや!

さぁ、いい時間になってしまいました。

結果が楽しみですね!

2020年5月10日 (日)

NHKマイルカップ(G1)の予想

時間がねえ!w

おかしいな、昨晩何か見て何か考えてた気がするんだけど・・・w

 

よにかく頑張るぜ!

でも18頭多すぎ!

例によって人気順に見れるだけ見ようかな!

 

そうだ。昨晩見てて「わかんねえなこれw」って思ったんだ!

データ見てもレース見ても、いまいち実力と力関係を掴みきれないというか。

 

いやいや。本気を出せば何かが見えるはずw

あらためて、頑張ろう!

 

その前に、馬場!

「アポ―」とか言ってわかる人がいるのかどうか。

今日の東京の馬場、きれいなパンパンの良馬場ですね!

内外の差も無さげ

上り33秒台がバンバン出てるし、500万条件1400mで32.9なんてものまで。

全体時計が異常に速いってことはないようなので、特殊に作りこまれたわけでもなさそう。

どの馬も実力をちゃんと出し切れそうですね。

 

 

3 レシステンシア 能力:◎ 追い切り:△ 評価:消し 1番人気

 

というわけで、この子が1番人気になってるわけですねー。

スピードを出し切れる良馬場。桜花賞と違って内枠ゲット

まさに好条件。

でもねぇ・・・話題になってる通り、追い切り坂路時計が全く出ていない

 

この子の坂路時計の作り方は本当に精密緻密で凄いんです。

新馬 → ファンタジーS(G3) → 阪神JF(G1)の時の最終坂路時計(上り)が

54.3(12.4) 53.1(12.2)52.1(11.9)

どうですか、これ。すごくないですか?w

きっちり上げていってる。

 

そして間隔をあけて、チューリップ賞(G2) → 桜花賞(G1)の時がこう。

52.0(11.8)49.5(12.1)

緻密過ぎてもうロボットかと。

間に挟む時計を出さない時の坂路の追い方にもパターンがちゃんとあることもデータから読み取れます。

 

そのくらい、きっちりとコンディションの作り方が確立できてるこの子が、今回の坂路時計は

1週前 53.2(12.6) 最終 56.5(13.7)

これですよ・・・。

・・・・ダメでしょう・・・?

 

桜花賞が重馬場で超ハードに追ったダメージがあるのは間違いない。

だから坂路を控えるのも当然。陣営も狙った時計だと言ってるとか

でもね、この子の坂路はいつも激しく追うことも引っ張り倒して抑えることもないんです。

たぶんほんの少しのコンタクトでコントロールできる子なんだと思います。

見た目は常に馬なり。

これまでの好時計・鬼時計の時も、今回のダメ時計の時も。

だからこそ、なおさら、この子自身のコンディションがそのまんま表れてると思うんですね。

コンディション重視を謳うこの予想ブログだけに、ここは初志貫徹(?)

このコンディションのサインを見ない振りするわけにはいきません。

 

超一流のスピードとタイムを持ってはいても、それは牝馬の中でのこと。

こちら牡馬マイルGIで1分32秒台上り33秒台はもはや例年当たり前のレベル。

そんなレベルのレースに万全の最高潮のコンディションで挑めなければ、勝ち目はないと見ます。

 

ルメさんを鞍上に迎えてますけど、たまたまルメさんのお手馬がいなかっただけ、ということにしておきたいw

 

 

17 サトノインプレッサ 能力:〇 追い切り:△ 評価:消し 2番人気

 

1・2番人気を消しちゃったwww

でも、NHKマイルCって1番人気が全然勝ってないし、1・2番人気揃ってくることも滅多にないようですね。

だから大丈夫w

3戦3勝だけど重馬場ばかりで、勝負強さは間違いないけどスピードが未知数

でも、坂路でそれほどスゴイ時計を出せないだけでなく、今回はやや悪化。

走り方もキレを感じない。トップスピードあるんだろうか?

疑問が深まるのは、前走毎日杯1800mのタイム。

1:47.9で1000mラップが59.6の上り35.3

実はその前の10レースが4歳以上1000万条件1600mで

1:33.9で1000mラップが59.5の上り33.8

9レースなんか3歳牝馬500万条件1800mで

1:48.1で1000mラップが61.6の上り34.3ですよ!

同じ雨の中の稍重馬場で!

とてもGI勝つような特別な馬のタイムとは言えないと思うのです。

走り方を見ても、ディープ産駒だけど飛ぶような走りというよりはやはりパワータイプかと。

 

ただ、再考の余地があるとすれば、前走のタイムが速くないのは重馬場というだけでなく。

後ろに控えて直線も馬なりのまま前にスペースが開くのをじっと待ってました。

半ば過ぎでゴーサインから一気に一瞬で突き抜けた。

だから上り3Fで見ればタイムはないけど、一瞬の脚は極上だったのは確か。

その脚が、今日の東京の長い直線のスピード勝負に適したものなのかどうか?

私はトップスピードでは劣ると見ます。

きっとジンクス発動でしょうねw

 

 

2 タイセイビジョン 能力:〇 追い切り:〇 評価:▲ 3番人気

 

上位人気の評価が上がらないw

この子は惜しい!

先に言っちゃうけど、問題は距離!!マイルがギリギリ過ぎる!

1400mまでならゴールまで脚色落ちることなくスピード満点で走り切るのに・・

マイルだとゴール前でもう止まりそうになる。

走り方がバネがあって失速の少ない走りなので、惰性で流れ込めてるけど・・

朝日杯FSのサリオスとなんか対照的でしたね。

サリオスが最後までグイグイ伸び続けたのに、この子はもう完全に止まってた。

だからこそ、サリオスは2000mの皐月賞でコントレイルとGIの最高の闘いを演じれたわけで。

この子は1600mがもうギリギリって姿を見せておいて、ここで勝てるんだろか?

もちろん朝日杯もGIでその時にライバルと一度は勝負付けが済んでます。

でも昨年の12月のこと。半年近くたっての成長があります。

でも・・・この子の坂路時計は変わらないw 成長してない?

いや最終時計自体は1秒縮めてますよ。ラップも。でも上りはちょっと落ちる

でも昨年出してきたような速い時計は一切出さない。

ただこれは、掛かり癖対策ってことらしいです。

なのであんまり発奮させないとか?

でもなぁ、いつも坂路ではやや追って促すのがこの子の常なんだけどw

同じように走らせて、特別な上昇を感じないなら、そんなに変わり身ないかな?

 

1400mで見せてきた切れ味。特に東京京王杯勝ちの時なんか強烈でした。

大きな武器です。

でも1600mとなると全くガラリと様子が変わりそうです。

パンパンの良馬場が最大限失速をおさえてくれそうで味方してくれそうですが・・

やはり最後脚があがってしまうと思います。

最後まで伸びるライバルが、朝日杯の時より強くなったライバルがいれば、足元掬われそうです。

 

 

最近、長文書きすぎw 時間がねえってのに!w

 

 

14 ルフトシュトローム 能力:◎ 追い切り:△ 評価:〇 4番人気

 

3戦3勝。中山マイルを勝ちあがるごとにレベルを着実に上げてきてる。

こちらは1600mを駆け抜ける距離適性はバッチリ

勝負根性も素晴らしく、前走NZTなんて、4コーナーで2着シーズンズギフトが外に膨らんだせいで、大外からさらに外に弾かれて。

その拍子でさらに外から蓋をしようとしてた3着ウイングレイテストにタックルして弾き飛ばしたw

そんなトラブル・不利がありながら、直線グイグイと伸びて勝っちゃった。

この勝負強さはいい!

過ごしだけ不安は坂のスピードがいまいち。

でも坂を上がり切ってからの再加速は出色

この脚は東京の坂を上がってからの残り300mでの勝負所で活きるはず。

まさにタイセイビジョンの所で書いた、最後に交わして勝つ馬の最有力候補です!

 

・・・と言ったのですが・・・言いたかったのですが・・・w

やはり連戦の疲れからか、坂路時計が少し落ちました

前走は上でも書いた通り、不利を跳ね返して勝つために全力出し切った感じだもんなぁ。

南Wの時計はそれほど落ちないけれど、前走時は引っ張り倒して押さえた上でのこと。

今回もレーンさんが軽く抑えてたけど、前走ほどではないなぁ・・。

それで同じくらいの時計ですから・・。

前走よりもさらに上向き!とは言えないです。

せめて同程度の力は出して欲しいですね。

本命にはできませんでしたが、今のところ軸〇には推せそうです。

 

 

8 サクセッション 能力:◎ 追い切り:▲ 評価:〇 5番人気

 

こちらもマイル成績が良好。

ピッチ走法なのでスピードを感じさせないけど、タイムもキレも悪くない

新馬で東京を走って以来だけど、なかなかの伸びをだせる。

それ以降は中山ばかりだったけど、注目は3、4コーナーのスピード。

大外ぶん回すことが多かったけど、内の馬よりも速いw

たぶん右手前が強いのね。

これは東京に変わった時の直線での武器になるはず。

そしてピッチ走法で手前も適時替えていけるのでバテずに走り切れる。

特に坂でもスピードが落ちない

前走スプリングS1800mでもその脚質を落とすことなく発揮できた。

一瞬の加速で勝ったガロアクリーク(!)に差はつけられたけど、最後までスピードは劣ってなかった。

 

追い切りは・・・そんなに変わってないw

坂路はもうやらずコース調整のみ。

というかキャロットファームなので外厩調整メインなのでデータ不足だよね。

南Wでも馬なり抑えめ調整ばかりで時計は出さない。

今回ちょっと注目なのはゴール板超えてから伸ばした感じがあって、これは距離と長い直線への対応としていい感じ。

 

そんな感じで明示的にデータで言える根拠がないのだけどw

マイナスもないってことで、こちらも〇評価できると思います!

 

 

まずいなぁ・・軸になりそうな〇馬は見つかったけど、これぞ!という本命の魅力がある馬が見つからないw

 

 

5 シャインガーネット 能力:〇 追い切り:△ 評価:★ 6番人気

 

追い切りがちょっと元気なかったかなぁ。

東京での勝負強さはあるし、勝負付けできたライバルもいると言って良さげ。

でもやっぱり牝馬ぽいというか、もう一声力強さが欲しいのか?

オルフェーブル産駒の狂気がでるかも知れないけど、コンディションは良くないかなぁ・・

 

 

時間が無くなったので最後にヒモ穴二頭!

 

10 ハーモニーマゼラン 追い切り:◎ 14番人気

15 ソウルトレイン 追い切り:◎ 15番人気

どちらも坂路で突然の51秒台。

特にハーモニーマゼランは上位評価馬との接戦経験もあるし、東京でこそ切れ味を出せる馬。今回はねらい目!

 

さぁ、時間が無いのでぶった切りw

結果が楽しみですね!

2020年5月 9日 (土)

プリンシパルステークスの予想

時間がねえ!

追い切り時計だけ見て当ててやるぜ!(うそ)

時間があったら戦績とかも見る!

コンディション評価予想の真価を見せてやるぜ!(うそw)

 

1 ビターエンダー 追い切り:〇

南Wで抑えきれない気配ノリ。そもそも左回りが良さげ。

 

2 ポタジェ 追い切り:◎

坂路一気に52秒台。めっちゃ追ったわけでもないし、素直に成長とみた。

 

3 ディアセオリー 追い切り:〇

前走から坂路時計縮めてきた。でもダート血統なのかキレ足りないよね。

 

4 マイネルブラシウス 追い切り:◎

美浦坂路時計が大幅良化。一杯に追ってのものだけど間隔開いてるから良し。

未勝利東京1800を快勝した時と同等の時計だし、今回も勝ち負け。

横山Jrがまた人気薄をもってくるぜ!w

 

5 ウシュバテソーロ 追い切り:△

いくら狂気のオルフェーブル産駒でも感覚詰めすぎでは。ドスローでないと。

 

6 サトノフウジン 追い切り:〇

最終追い切りはがっちり抑えて控え目。

一週前南Wでちゃんとやってましたね。

本番が強い。東京の高速馬場に対応した切れる脚。

今回もきっちり使えそうですね。

 

7 スレプトン 追い切り:〇

新馬東京がドスローのヨーイドンで捕まえ損ねたが、前走中山でそこそこのタイムでキレる脚が使えることを証明。

その前走より坂路時計縮めたし、東京でも切れ味発揮。

 

8 メイショウサンガ 追い切り:✕

9 アメリカンフェイス 追い切り:△

10 アリストテレス 追い切り:△

超素質馬だけど・・・前走ほどのメイチでないぞ・・キレ負けしそう・・・

11 スタートクラージュ 追い切り:△

 

しっかり仕上げてきた馬が多すぎw

これは困る。

 

でもキレ勝負になるとみて、

6 サトノフウジン 追い切り:〇

7 スレプトン 追い切り:〇

4 マイネルブラシウス 追い切り:◎

で!

 

2020年5月 7日 (木)

京都新聞杯(G2)の予想

時間がある!w

今週はガチで当てにいこう。うん。頑張る。

いつもレース直前に予想してますが、自分の予想スタイルでは最終追い切りが終わった時点でもう予想できるはずなんです。実はw

だから、だいたい木曜には勝ち馬・消し馬は決められるはず。

でも、なかなかね。色々用事があったりなかったりで・・・

それでも今回は頑張って手を付けてみよう!!

最終的には枠順・人気などが確定したらまた編集すると思います。

 

ではでは。

 

 

8 アドマイヤビルゴ 能力:◎ 追い切り:▲ 評価:◎ 1番人気

 

でた6億っ子w

それでちゃんとデビュー2連勝、リステッド若葉Sも勝つんだから、たいしたもんですね。

430kgの小さな馬体が可愛らしい。

新馬戦なんて2着の牝馬フアナの方が迫力ありましたもんね。

 

さてその新馬戦は幼さ満点でコーナーでコロコロ手前を替えて最後は逆手前で回ってきたり

直線もフアナに詰め寄られて最後の最後で右手前に戻して勝ち切りました。

その辺のこの自身の勝負根性というか勝とうとする動きはとても良いですね。

手前の点は2戦目では完全に解消されて、コーナーも直線もきれいに走り切りました。

そこは確実に成長してますね。

 

ただ、坂路追いでは特別速い時計は叩いてない模様。

前走に比べて本数は増やしてるようだけど、時計は若干遅め。

目的がはっきりしてるって印象。

でもマイナスに感じたのは、前走時よりもストライドが縮んでるっぽいこと。

時計がコンマ1,2秒遅いのはそのせいかな?

 

唯一の不安点というか疑問点は、位置取りです。

スタートから結構促して前々のポジションでレースしてるんですよね。

ディープの時の武さんは不利さえなければ勝てる末脚に完全な自信をもって後ろからレースしてました。

この子の場合は全く違うということです。

新馬の時のコース追いでも、先行して併走馬に後ろから追いつかせる形でした。

坂路のラップも平均ラップにこだわてっる気がするんですよね。

つまり、キレはそれほどでもないけど長く良い脚を使うタイプを目指してる?

コメントも全身のバネを褒めるんだけど「速い」とは言ってない気がしますw

前走2000mを1分58.6、上り33.6という時計なら十分速いと思いそうですが、当時の阪神の馬場は結構な高速馬場だった模様。

3歳未勝利マイルで1分34秒台。1000万以下の1200mが1分8秒8の上り33.7とかね。

新馬2着のフアナが前日の未勝利戦1800mを1分47.9の上り34.0で快勝。

この時の阪神の時計の速さはあまり過信しない方がよさげ。

むしろ京都での新馬戦1800mの1分51.1、上り35.3を番手からだした結果だということの方が参考になりそう。

牝馬フアナの方が速い上り34.9で詰め寄ったということもね。

 

今になって気付いたけど乗り替わりなんですね。

新型コロナ対策でしたっけ。土日の移動制限。武さんはGIの東京の方なんですね。

となると、この微妙なペース加減とか手応えからのゴーサインのタイミングとか・・・

藤岡さんは大丈夫でしょうか?

京都の外回りで直線は十分長いから、深く考えずに直線勝負で、とか?

うーん・・この乗り替わりはちょっぴりマイナス気分。

 

さて今回の京都新聞杯はもちろん舞台は京都競馬場。

新馬の走りがますます参考になりそうですね・・・と思いきやw

先週の天皇賞でも書いたのですが、この子の新馬の時に比べても今の京都はかなり高速仕様に変わってると思います。

アンカツさんがツイッターで変な天皇賞、菊花賞みたいと言ったとかなんとか。

となると、この子にとって有利なのか不利なのか。

多分、有利です。イメージは天皇賞のスティッフェリオです。

前2走同様に前々から早めのスパートで押し切る形しかないと思いますが、この子の長く良い脚とスピードを持続させてくれる馬場が味方して、スティッフェリオ同様に勝ち負けまでいける可能性は大でしょう。

フィエールマンのような極上のキレをもつライバルがいなければ

そんなライバルがいるかどうかは、まだ他の馬を見てからですね!

あとでまた追記します!(てゆうか、一頭目からこんな長文書いてて大丈夫かなw)

 

さて、だいたいライバル馬を見終えたので改めてビルゴくんの評価をまとめたいと思います。

軸◎で良さそうですねw

散々、1番人気に逆らおうと粗探しをしまくってしまいましたが、この子を上回るようなビックリするライバルはいなかった模様w

33秒台の上りを使ったことのあるのは結局このビルゴ君のみ。

今日の京都の良馬場はちゃんとこの切れ味を発揮できる馬場ですね。

外回りの長い直線ならこの末脚で確実に馬券内は当然確保するでしょう。

 

 

3 シルヴェリオ 能力:▲ 追い切り:◎ 評価:▲ 6番人気

 

お兄さんがあのシルバーステート、ヘンリーバローズ

とんでもない脚をもった天才馬たちでしたね。

ただし、ともにディープインパクト産駒。この子はハーツクライ産駒。

その違いがあまりにも大きいのか、走り方が全然違います

お兄ちゃん二人は走り方がそっくりだったけど、この子は明らかに違う。

お兄ちゃんたちは強靭な体幹に圧倒的馬力の脚の蹴りで驚異的な推進力を出してた感じ。

この子はそこまでの馬力がなく、普通に体のバネもしっかり使って駆ける感じ。

絶対的スピードはお兄ちゃん達には全く及ばないですね・・・

これまでのレースを見た限り。

ただ、最初から素質を発揮する早熟ディープ産駒と違って、成長力自慢の晩成ハーツクライ産駒。

ここで大幅な成長があるのかどうか。

 

で、追い切り。良いw

自己ベストではないけど大幅に良化

ベストは新馬の時で、当然ガシガシ追ってのものなのでね。

今回は馬なりでそれに匹敵する時計。

まぁ1年経てばそれも当然かもですけどw

前走若駒Sがビリの大敗。そのせいで今回人気薄でもありますね。

ただ当時の坂路時計はひどかった。一回り二回り悪い。

当然、レースでもまったくバネのない跳ねないモタモタした走りで最後まで全く伸びず。

直線入っても手前をすぐ替えられずリズムも悪かったし。

追い切りの不調がそのまんま出た感じでしたね。

この馬の一番良かったのは前々走の未勝利勝ちの時。

シルバーステートを彷彿とさせる、向こう正面でハナに立って直線突き放す快勝。

走りは全然違うし、時計も全然及ばないけどもw

それでもこれがこの馬のベストな走りだったのは確か。

直線でのスパートの走りも若駒Sとは全く違い、芝を跳ねるように蹴れてました。

その時の坂路時計はやっぱり良く、今回はその時計をさらに上回ってきました

しかも最終坂路時計が先に書いたように自己ベストに馬なりで迫るもの。

前々走より3秒縮めてるんです!

これはひょっとすると・・・ですw

しかも、同時期のレースをライバルと比較するとですね・・・

シルヴェリオ    11/09 京都2000 2:01.2 34.9 02-02-01-01 6番人気

ディープボンド   11/03 京都2000 2:01.1 35.0 06-05-05-05 4番人気

マンオブスピリット 11/17 京都1800 1:48.8 34.6 06-08       3番人気

ファルコニア    11/02 京都2000 2:03.5 34.5 03-03-03-03 2番人気

上位人気馬はシルヴェリオより前の週、つまりまだ馬場状態が良い時なわけです。

すると、シルヴェリオはディープボンドより上、ファルコニアよりも前でギリしのげるか?なんて風に考えられそうですw

こんなデータ比較も面白いと思います。

この点から、3着以内に入る可能性を見込んで▲評価で!

でもねー・・鞍上が新馬から替わり続けて、ルメさん・川田さん・マーフィーさん・シュタルケさん・・そして西村君。

え?どんどん弱化してる?(ど失礼すぎる)

でもね、今日の騎乗馬5番人気以内ばかりで結構期待(重荷?)を背負わされてます。

3レース目終わった時点ですべて人気より着順落としてますけど・・・

いやいや、若い子はこういう逆境でこそ奮起してくれないと!頑張ってくれるはず!頑張れ!

 

 

こんな書きまくってたら絶対時間が足りないw

 

どんどん行こう!

 

 

10 ファルコニア 能力:▲ 追い切り:▲ 評価:△ 2番人気

 

2番人気は過剰人気・・・だなぁ・・

まず、速い脚が無い

よほどのドスローでないとキレは出せない。

そのキレも特上という程でもなく。

新馬のドスローでもキレ負けしたアンサンブルがいまだ500万特別も勝てないし。

この子は前々走小倉のあすなろ賞を勝ったのですが、後方で1000mラップ62秒程度で脚を溜めても最後はズブズブで上り36.3。

それで前走スプリングSではドスロー展開を嫌気してデムーロさんが向こう正面で捲り上げていったわけですね。

4着に負けましたがその判断は大正解だったと思いますね。

勝ったガロアクリーク(!)なんかとは脚の回転が全く及ばず絶対勝てない感じでしたが、あれだけ動いて上り34.7でまとめられるのは、この馬の長所なんだと思います。

しかし、そのスプリングSから中6週。

変わり身あるかと言われれば・・なさそう

追い切りでも坂路時計は前走時をわずかに上回ったのですが、結構追って出した感じ。

前走時は馬なりだったもんね・・・。

スタートの失敗も癖になりかねません。

川田さん、キセキに続いてまた出遅れにやられるか?w

前目のポジションをとれれば粘りもあるかも知れませんが、もしスタートで位置取りが後ろになったら即終了だと思います。

正直、シルヴェリオの方が評価は上ですね・・。

 

11 マンオブスピリット 能力:〇 追い切り:〇 評価:〇 3番人気

 

この子はかっこいいですねぇ

走る姿がサンデーサイレンス!って感じで(?)w

サトノインプレッサが勝ったマイルの新馬戦こそ敗走したものの、続く未勝利・つばき賞ともに快勝。

どちらもゴールまで一切バテることなく伸び続けて、なんならまだ走れそうな、また距離が伸びても同じような末脚が出せそうな走りでした。

そこがいいw

特に前走は重馬場を最後方から進めて大丈夫かなって感じで、直線に入ってもなかなか前に行かなかったのですが・・

馬が全然ブレないんですね。かっこいいw

きりっと頭を固定したまま、淡々と、でも闘志は秘めた感じでここぞというタイミングを待つ感じ。

そしてゴール前からはグイグイ加速して一気に先頭に抜け出す。

抜け出した後もしっかり加速し続けたのも心強い。

これは名馬になる予感w

この重馬場での力強さはいかにもルーラーシップ産駒ですね。かっこいいw

時計自体はそれほど良いわけでないし、前走重馬場だったので比較は難しいです。

でもまだまだ余力を残して底を見せてないから、さらに上のレースレベルでもやれる期待感はあります。

 

追い切りでは、坂路で特別時計をだすタイプではないので数字自体はたいしたことないです。

でもコンディションの整え方として傾向は明確にでてます。

強かった前走とどうようの時計の出し方をしていて、ちゃんと少しだけ上回る時計を出してます。

CWでの最終追いは直線半ばまでじっと我慢で、ゴーサインに素早い反応で一瞬のスパートをやれました。

たぶんこの馬のいい形を出せる準備は整った感じ。

まだ出し切っていない底力があることと、とにかくカッコイイ点を評価して〇で!!

 

 

6 ディープボンド 能力:△ 追い切り:〇 評価:△ 4番人気

 

めちゃくちゃ大きなストライドでゆったり走る子。

だからキレがないし、前々走阪神アザレア賞でも和田さんが早めに動いてスタミナ勝負に持ち込んだと言ってます。

皐月賞に出てしまったし、坂路時計も当然落ちてるし、今回末脚で負けるんじゃないかな。

 

少し訂正。消しまで評価下げるべきじゃなかった。

お父さんキズナも詰めた間隔で力をだせた。

あと、この子は坂が苦手っぽい。

平坦京都ならストライドを活かしつつピッチも上げられる。

坂路時計に一片はないけれど、馬なり時も含めて全体時計は皐月賞時よりマシ

早熟傾向の馬らしい、この時期に一気に才能を出し切っちゃおうってタイプなのかな?

皐月賞でも早めに動いても(ノリさんがやってるかやってないかわからん動きでもw)、キレこそなくても最後まで自分の走りはしてた感じ。

今回上りのかかる展開になればチャンスありか。

キレ勝負なら、やはり分が悪いとは思う。

 

 

13 プレシオーソ 能力:〇 追い切り:▲ 評価:★ 5番人気

 

うーん、不気味w

ダート2戦2勝。

びっくりするようなタイムではないのですが、先団から突き放す力強い勝ち方。

走り方も体が伸びるしストライドも大きく、芝でもいけそうな印象

追い切りは前走並み。

ラップ配分を変えて、末脚よりは追走ラップに注意した感じ。

でもなぁ・・・前走若干ラストのラストでバテたような

お母さんが短距離傾向だし。

でもお兄さんにハーツクライ産駒のマジェスティハーツがいて、そのお兄さんは芝クラシックにも挑戦して重賞でも好成績残してました。

一方、ディーププリランテ産駒のラプタスは短距離ダート重賞馬。

同じサンデー系でも傾向が全然違いますねー。

ブラックタイド産駒のこのプレシオーソくんはどっちだろう?w

2200mという距離に一抹の不安を残しつつ、走り方の好印象から期待の★評価でw(あいまい)

 

 

7 キングオブドラゴン 能力:△ 追い切り:✕ 評価:消し 7番人気

 

あら、ラッキーナンバー&ラッキー人気w サイン馬券なら買いですねw

追い切りがダメっぽい。

調教方法を変えたのかも知れないけど、年が明けてから坂路時計まったく出さず。

CWでも1月の京成杯の時の走りと全く違ってて、重いというか跳ねないというか重心が低すぎというか。

もちろん時計も出てないけど、調子が悪いのか成長が悪い方に出てるのか

頭が高い分、加速していけるタイプではなく、中山とか短い直線を前々でしのぐ感じ?

長いと加速しない分、後から差されちゃうね。

 

 

12 サペラヴィ 能力:▲ 追い切り:▲ 評価:消し 8番人気

 

血統がすごいらしいですね。

クロスにクロスとかよくわかんないけどもw

でも・・・消しですねぇ・・・w

キレがない。一変する気配もない。

前々走の水仙賞で先着したガロアクリークの方はその後一気の成長で皐月賞3着まで行きましたが・・。

最後に脚を使うことは毎回できてるようです。

でもレースに勝つために、勝てるポジションからしっかり前を差すっていうのは、さっぱりできない。

勝てる馬、って感じではないですね・・・。

ここまでケチョンケチョンに貶すとジンクス発動で来てしまいそうで怖いw

ハイペースで上りのかかる展開になれば台頭可能でしょうけど、勝ち負けまでいくかというと、それもなぁ・・。

いずれダート転向して一花咲かせそうな気がする。そんな脚に見えます。

 

 

9番人気以降には一変気配もなさそうだし、いいかな。

にしても、ダート走ってきた馬がぞろぞろと・・。どういうことなのw

 

一応、全馬に目を通せたってことになるかな!やったね!

最後にアドマイヤビルゴへの評価を書き直して終わりにします!

 

まとめると、こう!

 8 アドマイヤビルゴ  能力:◎ 追い切り:▲ 評価:◎ 1番人気

11 マンオブスピリット 能力:〇 追い切り:〇 評価:〇 3番人気

 3 シルヴェリオ    能力:▲ 追い切り:◎ 評価:▲ 6番人気

 6 ディープボンド   能力:△ 追い切り:〇 評価:△ 4番人気

10 ファルコニア    能力:▲ 追い切り:▲ 評価:△ 2番人気

13 プレシオーソ    能力:〇 追い切り:▲ 評価:★ 5番人気

 

馬券としてはもう上位3頭だけにするつもり。

当たってください。お願いしますw

 

以上です!

結果が楽しみですね!

2020年5月 6日 (水)

兵庫チャンピオンシップ(JpnII)の反省

全敗w

土曜から今日水曜まで全部外れたーw

 

この兵庫チャンピオンシップは、例年どおり前々決着でしたね。そりゃそうかw

高評価のヒルノマリブは大惨敗。

サンデーミラージュは後ろからきっちり脚使って3着。

 

結局前々勝負のバーナードループとダノンファラオでしたね。

しかもズブイズブイとひどく言ったバーナードループくんの方が力強く競り勝ってるしw

 

人気通りの決着。みなさんほんとよくわかってらっしゃる。

 

あぁ、すべて裏目と言うか予想が外れて悲しい。

せっかく予想で楽しい楽しい連休だったのに、最後に結果を見たせいでブルーw

競馬は結果よりも予想で楽しむもんですね!

もうこれからは結果を見ない、反省もしない、でいこうかなw

 

ではでは。

今後は、もっと時間をかけていい予想をしたいと思います。

かしわ記念の大反省

全然ダメw

( ノД`)シクシク…

ワイドファラオは以前にお世話になったのに、ひどいことしちゃったなぁ。

坂路自己ベストを無理矢理だしたかのように言ってしまって。

めっちゃ強い逃げ切りですやん。

坂路時計信じろと。

 

そのくせ、ケイティブレイブには追い切り時計が全然でてないのを信じて消し!とかさ・・

支離滅裂w

圧倒的実績とフェブラリーS2着の底力をあなどるとこうなりますね。

 

まともな評価が妥当だったのはサンライズノヴァだけでしたね。

 

モズアスコットはスタートの躓きもあったけど、やっぱり適性がもろに走りに影響するタイプぽいですね。

ルヴァンスレーヴはやはりブランクあったか。追い切りも比較難しかったけど時計でてなかったのかな?

 

終わってみれば納得の着順なのか・・・

ほんと反省。

もっとよく考えよう・・・

かきつばた記念(JpnIII)の反省

うーん。

4番人気リアンヴェリテくんに期待したけど、ラプタスのスピードに負けましたねー。

地方馬ドリームドルチェもいつもの強さを見せて3着に入ったし。

リアンヴェリテくんも4着で立派ってことかな。

ノボバカラは実力実績通りか。予想ではけちょんけちょんにダメ出しした気がするけどw

2番人気アディラートの低評価は当たったかな。

とにかく固めの決着で、裏をかいたような予想の出番ではなかったですねー。

反省。

天皇賞(春)(G1)の大反省

はぁ・・・

スティッフェリオくん・・・・来たね・・・

いつもの好走パターンで。

強かった。

ステイゴールド産駒希望の星はこちらですやん・・

時間が無かったとはいえ、最後にとりあげたステゴ産駒はエタリオウの方でした。

あっさり消したくせに。

それならスティッフェリオくんの方が吟味するべき要素はたくさんあったよね。

でもなぁ、結果のムラと追い切りでの変化のなさに、やっぱり切っちゃった。

あと高速馬場と読んで、やっぱり出番はないかな、とか。

ぜーんぶ逆目w

ステゴ産駒ですよ!ステイゴールド!!

あの黄金旅程のドバイでの香港でのキレッキレの脚を忘れたのかと。

その血を受け継いでたら、この走りも当然か。

でもな、スティッフェリオには何度か期待をかわされたり、ステイフーリッシュと間違えたり(w)、あまりいい思い出がなかったからかな・・。

ひどい仕打ちをしてしまった。

ステゴ産駒はもう無条件に買わなきゃダメですね!w

 

さてさて、買ったフィエールマンは強かったですね。

というか、鞍上ルメールさんがヤバ過ぎw

キセキが2周目まくりあげて遥か前方に行ってても、3コーナー前でライバル達が早めに動いても、まったく動じず。

ライバル達も持ってる力を出し切るようないいラストだったのですが、それでも勝てる自信しかなかったんでしょうね。

僅差でも完勝という内容でした。すげーw

 

ミッキースワローは末脚勝負というよりロングスパート気味。

そういえば、こういう脚を出せる子でしたね。福島でそういう勝ち方したっけ。

持ち味を出せた感じで強かった。

 

ユーキャンスマイルは岩田さんの内差しを乗り替わった浜中さんがきっちりやり切りましたね。

まぁ内差しというより、物凄い勢いでモタれたって感じにも見えたけどw

 

キセキは最後止まったかーw

距離がやっぱり長いかな。

武さんが頑張って御してかなりいいペースでいきましたけどね。

それでも先頭に立つのは不本意だったんだろか。

でもまだまだ力はあると思います。

次走以降、距離が縮まればまだまだ勝てる。

 

さて、一番の反省は・・・

シルヴァンジャー

本当にごめんなさい。

シルヴァンシャー

でした。

名前を間違えるような無礼者に競馬を当てる資格はねえ!w

本当に失礼しました。

最下位はひどい・・残念でした・・。

 

 

青葉賞(G2)の大反省

大惨敗w

これはひどい。

もう何もかもが全然ダメ。うそっぱちw

1着オーソリティも2着ヴァルコスもめっちゃダメ出ししまくってw

キレがないとかなんとか。

めっちゃ早い時計で決着してますやん。

何も言えねえw

追い切りの時計から見た好不調の考察が全く通用しなかったのがツライ。

レースでの負けっぷりも勝ちっぷりもまだまだ見抜けてないところが多かったんだろな。

反省しきり。

もっと時間をかけて、馬の良さを見抜けるようになろう。うん。

土下座レベルでダメダメな大反省レースでした・・・。

 

兵庫チャンピオンシップ(JpnII)の予想

時間がねえ!w

いや今日はレースするつもりなかったけど。

ちらっと見たこのレースの有力馬でちょっと人気と違って面白そうだったので、買ってみることに。

全然知らない馬だらけだし、3歳じゃ地方馬もくるかも知れないし

そうなると全然わかんねえなこれw

 

あ、それとこの4日間?中央土曜日曜から地方かきつばた・かしわ記念と全部結果をまだ見てません!

あーでも地方投票で残高を見た気がするから、あれって払い戻しがなかったかも知れない。いま気付いたw

ほんとに怖くて見れないし、予想するだけの方が楽しいし。

心に余裕ができたら見ようw

 

さぁさぁ。兵庫チャンピオンシップ(JpnII)の有力馬評価へ行きましょう!

時間が無いから!w

 

さて、1番人気がこちら

9 バーナードループ 能力:〇 追い切り:▲ 評価:▲ 1番人気

鞍上ルメさん。前走だけはドバイ遠征のため乗り替わりだったのかな?

本気度は高い・・・と思ったけど・・

追い切りは結構本数をこなしてる割に時計は全然だしてない。

いやでも3歳ならそんなビシバシやるより本数こなせば十分かな。

一応一本速い時計を出して、ラスト1Fだけはベストだった。

ここがポイントかな?

キャリアは中山1800のみを3戦2勝1敗。十分ですね。

ただ相当ズブイらしい。スピードはない。

勝負根性はあるから、前々につけてとにかく後続に負けじと頑張らせるしかない。

園田の馬場は重くて時計がかかるので、ここに来たのは正解。

昨年みたいな重だと結構キレが必要になるけど、今日はいつもの展開でいいか。

しかし新馬負けたし500万を買ったばかり。

隙はあると思う・・。

 

そして2番人気

10 ダノンファラオ 能力:〇 追い切り:〇 評価:〇 2番人気

こちらも先行タイプ。

前々走の京都500万がとても力強く先行から突き放す快勝。

でも軽い京都だったからか・・・

前走中山OP伏竜Sで惨敗。とはいえ、かなりハイペースで先行して頑張った。

時計もバーナードループと同等。1秒は速いラップでとばして最後とまったぶんの着順差。

今回は追い切りは前走ほどの時計は出してない。

少し落ち着いたペースでレースするつもりで教えてるのかな?

全体時計は抑えめだが、ラスト2Fはむしろ速めの時計で叩いてる。

これはこちらも本気度高いとみていいかと。

そして印象的には、バーナードループが最後もたもたズブイのに比べて、こちらの京都でのラストはめっちゃ力強かった!

その勝ち方に期待して、こちらを高評価したい!

 

だがしかし!ここで3番人気

12 ヒルノマリブ 能力:〇 追い切り:◎ 評価:◎ 3番人気

前走桜花賞15着と大敗。

そして前々走に京都芝1400の紅梅Sを快勝してるけど、前々走1600で最後止まってる。

という印象のせいで人気下がってるのかな?

でも血統は最高級!

父ゴールドアリュールだし、なによりも母パレガルニエは大井東京2歳優駿牝馬の勝ち馬!!

ダート一流血統ですやん!

しかも追い切りで坂路自己ベスト。

距離の不安はあるだろうか?あるある!w

でも前走まったく走れず最後方追走になったのが奏功するでしょ。

慌てずマイペースで追走して後半のまくり差しに徹すれば、追い切りでの好調と良血が騒ぐはず。

ダートで一変を期待!

 

そしてこちらが不気味な4番人気

7 サンデーミラージュ 能力:〇 追い切り:? 評価:★ 4番人気

追い切りデータなし。

社台の秘密の特訓をしたのだろうか・・?w

前走阪神1800勝ちでラップ優秀。ラストも力強かった。

前々走も京都で快勝。

ムラはあるけどディープらしい末脚発揮すればあっと言わせることもある。

ハイペース先行勢がいるし、まくりが決まることもありそうで・・

穴☆評価!

 

時間がねえ!

以上です。

人気と逆順に買えばよさげ!!!

 

2020年5月 4日 (月)

かしわ記念(JpnI)の予想

時間があるっ!

しかも、交流重賞なのに7頭立て。

これなら全頭目が回せそう。

でも、うち6頭がJRA勢って、船橋でやる意味あるのかな、これ?w

でも見てなるほど、メンバーが強烈ですねw

フェブラリーステークスと同じ左回りですが、馬場の性質はかなり東京とは異質。

それだけに馬の特徴も見抜いて予想するのは面白そうですね。

 

・・・・・

・・・で、その前に。

まだ、土日の青葉賞と天皇賞の結果を見てねえ!!!ww

怖くて見れない。予想はやっぱり楽しいのに、結果を見るのは何かイヤ。

でもなぁ、ブログへの反応を見てるとなぁ・・・・外れたっぽいなw

でも実は今日のかきつばた記念の情報集める際にちらっと天皇賞のニュースが目に入っちゃった。

ユーキャンスマイルが4着とかっ!w

いや負けた馬の情報で喜んじゃ失礼ですね。

でも、2番人気を消しましたからね、自分の予想では。(参考記事はこちら→天皇賞(春)(G1)の予想

そこは少しだけガッツポーズ。最近、人気馬の消し評価は結構当たってる。

でも肝心の馬券が当たったかどうかは、知らないw もっと心身ともに健康な時に見る!

・・・・・

 

さてさて、かしわ記念の予想に戻りましょう!

 

・・・・

って書いたところで寝落ちしたあああっ!!!!一生の不覚ぅ!!!ww

 

本当に失礼しました。

悔い改めて、続きを書きたいと思います。

・・・

で、

 

時間がねえ!!!w

ウソです。ごめんなさい。寝た自分が悪い。

それに発走は16:05。まだ間に合う。

それにたったの7頭立て。全然余裕w間に合う間に合う。

ほんとかな。

 

駄文が過ぎました。各馬評価と予想に行きましょう。

 

1 ワイドファラオ 能力:▲ 追い切り:〇 評価:△ 6番人気

東京マイルのG3ユニコーンSを勝ったのはもう昨年の6月ですか。

あの時はお世話になりました。2着デュープロセス・3着ダンツキャッスルでずばり的中w

5月の芝マイルG1、NHKマイルカップを惨敗してのダート転向初戦で3番人気で馬券的にはごっつあんでした。

でもそれ以降の中央では力不足。

G3では入着が精一杯、G1では大敗。ハッキリしてます。

でも自分の力、脚質はしっかり使い切れてます。

その意味では安定してて良い馬です。

でもねぇ・・・勝てるかというと・・・つらいw

マイルでハイレベルのラップになるとラストでぱったり止まる。脚がもたない。

中央の軽いダートですらそれなのに、船橋の重いダートではさらにつらいかな?

今回はハナに行くしかないとは思います。最内枠もらったし。

それでどこまで、ってことでしょうね。

でもその展開は前走・前々走と東京でやってきた展開。

しかも今日と同じようなメンバー相手にw

つらいですね。やっぱり。

ただし!坂路時計は自己ベストを叩いてきました!

でも一杯に叩いたんだろなぁ・・

馬なりでの時計の方が全然上がってない。

前走からの変わり身は感じません。

評価は△以下で。

 

3 アルクトス 能力:〇 追い切り:◎ 評価:▲ 4番人気

追い切りがいい感じ。

南Bコースで時計の比較ができないのだけど、3頭併せの真ん中で、引っ張り倒されたままグイグイ抜け出していきました。

気配はめちゃくちゃいい。

これまでは必ず鞍上が促すなり軽くとも追うなりして時計を出してきたのに、今回初めて抑えまくり。

馬がかなり気合入ってる模様。

となると掛からないかが心配。

前走のフェブラリーSは結構飛ばしてしまって(ワイドファラオと一緒にw)、大敗したわけで。

でもね、その負けたレースでも主戦田辺ジョッキーはめちゃくちゃ前向きなコメントしてたんですよ。

特に掛かったわけでもないし、勝ちに行ったのだから悲観しないと。出直すと。

さぁ、今回はそこで負かされたライバルと再戦のチャンスです。

フェブラリーSの東京ダートはとても軽くて速い馬場でした。

勝ったモズアスコットの上り35.4ですからね。

今回の船橋ではそんな展開にはなりません。上りはかかります。

そうなれば前に行けるこの馬にはチャンス。馬の気合もいい。

前々から残るチャンスは十分。

父アドマイヤオーラ母父シンボリクリスエスの血がここで真価を発揮する。

▲評価で!!!(勝つとは言えないw)

 

4 ケイティブレイブ 能力:◎ 追い切り:✕ 評価:消 5番人気

追い切りがまったく時計を出さず。

フェブラリーS前の叩き台川崎記念の時と同じ感じ。むしろ時計はさらに二回り悪いくらい。

本気度ゼロと言ってもいいかも。

その川崎記念が2番人気で6着だったわけで。

今回もそのくらいひどい着順になるつもりかな?

前走G1で2着した馬を消すのかぁ・・と思ったら、5番人気w

みなさんも良く分かっていらっしゃるんですねw

十分に経験も実力もある馬だから、本番では一変する?

いやぁ、この川崎記念たたき台の前例を考えればねぇ・・

船橋という舞台自体は悪くない。パワー勝負はどんとこい。

でもこの子のスピードでまくれる相手ではないなぁw モズさんもルヴァさんも。

そういうわけで、追い切りの時計を信じて、きっぱりと消しで!

 

5 モズアスコット 能力:◎ 追い切り:〇 評価:〇 1番人気

坂路時計がメイチではないですね。まぁそりゃそうか。

でもこちらの良い所は馬なりでの時計は全体的に良いってところ。

追う時もラスト重点にやってるみたい。

船橋のコースを意識してるのかな。

前走フェブラリーSを圧勝したわけですが・・・・

その結果をそのままここ船橋に持ってくるのは安直すぎます。

芝を走ってきた馬だけに、軽いダートが好み。

フェブラリーSは高速馬場だったからこそ、末脚を活かせたのでは?

船橋は重いです。ゴールドドリームだって上り37秒はかかるんです。

そういう勝負でこの馬はどうか?

全体的なスピード・時計は勝ち負けレベルでしょう。

でもラストで勝ち切る、重いダートでのパワーはまだ少しだけ疑問が残る

というわけで、〇評価で!

 

6 サンライズノヴァ 能力:〇 追い切り:◎ 評価:◎ 3番人気

本気度はこっちの方が上かもw

坂路時計はフェブラリーS時にほんの少し及ばないだけ。

でもラストのキレは今回の方が上かもってくらい。

そして馬なり時計は全体的に今回の方がいい!調子がいい証拠だと思う!

追い込み馬の印象ですし、中央重賞では常にそれで好走してます。

でも地方ではまくり気味にいける馬なんです。

小回りの地方コースでそういう走りはちゃんとできる。

昨秋には盛岡の南部盃でアルクトスとゴールドドリーム(!)にもそんな走りで勝ってます!

そして今回の鞍上は武豊!!!

この子には初騎乗だけど船橋を知ってることはノヴァくんにとって大きなアシストになるでしょう。

ギャンブル的にもこの馬に賭けるのが面白そう!

 

7 ルヴァンスレーヴ 能力:◎ 追い切り:◎ 評価:〇 2番人気

1年半ぶり!?

8戦7勝。2着は内田さんが乗った1回のみ!!w

その負けたのが重い中山ってのがちょっと不安?

でも大井でも川崎でも勝ってるし、重い軽いは気にしなくていいかな?

何より、超長いブランクにも関わらず、追い切りが元気一杯!

坂路は3本程度で時計も出さなかったけど、コース追いが良かった。

南Bコースで比較はわからんけど、走りっぷりはこれまでの大きなレース時よりも気配は上。

体のキレも悪くないです。

ブランクさえなければ無条件で◎ですが、やっぱりそこはマイナスして。

あとやっぱり重い馬場でキレをそがれた時にノヴァくんが来るのでは・・・・という期待(?)を込めて〇評価でw

 

 

さぁ以上です!

まとめると、こう!

6 サンライズノヴァ 能力:〇 追い切り:◎ 評価:◎ 3番人気

7 ルヴァンスレーヴ 能力:◎ 追い切り:◎ 評価:〇 2番人気

3 アルクトス 能力:〇 追い切り:◎ 評価:▲ 4番人気

5 モズアスコット 能力:◎ 追い切り:〇 評価:〇 1番人気

1 ワイドファラオ 能力:▲ 追い切り:〇 評価:△ 6番人気

4 ケイティブレイブ 能力:◎ 追い切り:✕ 評価:消 5番人気

今回はきれいな虹色にまとめました!w

上位4頭のBOX買っておけば何か当たるでしょ!

どこを本命にするかは・・・・w

さぁさぁ、結果が楽しみですね!

かきつばた記念(JpnIII)の予想

時間がねえ!

1時間で当ててやる!w

とはいえ、データほとんど無いしねぇ・・

JRA勢だけで決まるなら実質5頭立て。

なんとかなるか!

 

1 リアンヴェリテ 能力:▲ 追い切り:〇 評価:〇 4番人気

4連敗中。

それで人気下げてるんだろな。

交流重賞ではJRA勢は人気順と逆に買え!って格言があるような気がしたけども・・

悪くないと思うけどな。

基本逃げ馬。結構いいペースで逃げ続けてる模様。

連敗にしても相手が強い。

前走のマーチSはG3でスワーヴアラミス・クリンチャーが相手、

前々走のみやこSはG3でヴェンジェンス・キングスガードが相手だもんね。

そんな強敵相手に中山1400mラップが1分26秒、京都1400mラップが1分23秒。

十分走れてると思います。

ずっと1700m以上の重賞で逃げまくってたんだから、今回一気に1400mに短縮するのはプラス。

特に名古屋と京都は似てる気がするから、スピードは足りてると思う。

だって、GIII連敗前は函館でOP・リステッド勝ち。

その前は京都の栗東S(L)で2着。相手はノボバカラ(!)

そしてその栗東Sがちょうど1年前。

その時の坂路時計より今回は一回り良い!

超小回り名古屋で内枠は逃げ馬にとって大幅プラス。

あら?あららららら??w

こーれは好フラグが立ちまくっていませんか?w

まだ他のJRA勢を全く見てないので確定できませんけど、まずは〇評価で!

 

3 ラブカンプー 能力:△ 追い切り:△ 評価:消 6番人気

見た名前だと思ったら、芝スプリントの常連でしたね。

にしても使われすぎ。

そりゃバテるでしょう・・

一昨年にOPからGIまで一気に駆け上がった時が旬でしたねぇ。(すべて2着だけど)

それ以降もほぼ毎月重賞走ってますけど、もはや逃げも出来ずブービーな結果ばかり。

勝ち星は500万条件のみっていうね・・。なんか可哀そう。

さぁ、そしてここです。

スピードにまかせて大逃げするのか。一か八かやるんでしょうねぇ。

差しに回っても1400mという距離が鬼門。

若い時のブイブイ言わせてた頃ですら、1400では勝ち切れなかった。

坂路も前走以降にビシバシ叩いてるようですが、それほど上向かず。

むしろ疲れてますます1400持たないんじゃないのかな?

ギャンブル的に怖い馬ではありますが、素直に消そうと思います。

 

7 ラプタス 能力:〇 追い切り:〇 評価:〇 1番人気

あんまり知らないw

あ、でも前走で高知の黒船賞を勝った馬か!

戦績を見ると1400mのスペシャリスト。いいですねぇ。

昨年4月末の未勝利勝ちを皮切りに黒船賞まで一気に駆け上がったんですね。

とはいえ、その内の前々走の東京OPバレンタインSが惨敗。

遠征と馬場が悪かったのかな?

でも連勝街道がほぼ京都というのはいいですね。名古屋も大丈夫そう。

時計も十分。

前走高知遠征できっちり逃げ勝ったことも精神的にプラスでしょう。

坂路時計も自己ベストではないけど2番目に良い時計。

しかも平均ラップに近い早いペースで走り切れた模様。

これは小回り名古屋で強い武器になると思いますよ。

あららー、先ほどのリアンヴェリテの逃げにも期待したけど・・・

こちらは番手から差す競馬で勝ったこともあるから、リアンヴェリテをマークする形にしそうですね。

リアンヴェリテの重賞でもまれた経験か、このラプタスの勝ち上がってきた勢いか。

いいマッチレースになるのかな?

鞍上が主戦幸騎手がちゃんと乗りに来てるのも勝負気配ですね。

馬券からは外せない馬ってことでしょう!

 

8 ノボバカラ 能力:〇 追い切り:▲ 評価:▲ 3番人気

4年前のこのレースの勝ち馬。

馬は意外とそういう勝ち味は覚えてると思いますが、どうでしょう。

昨年は交流重賞で好走してた・・と言っていいのかな?

力は衰えずってことだと思います。

坂路時計も相変わらずいつも通りの時計を出せてます。立派ですね。

でも悪く言えば相手なり。

4着以下がほとんどということは、JRA勢の参加枠は基本5頭ということを考えれば参加賞程度とも言える。

今回も相手弱化と言えるかもしれないけど、やっぱり4着以下って気がするなぁ。

 

10 アディラート 能力:〇 追い切り:△ 評価:▲ 2番人気

こちらも立派な戦績ですね。

中央OP重賞で健闘してます。

しかーし、この4月に2戦。

11月からの休み明けを叩いて2戦目できっちり勝ったという形。

そして続けてここでも?

いやいやいや・・それは馬がつらいでしょ。

戦績見ても3戦目で好走した例はなし。

バテるタイプでしょう。

坂路時計もガクンと落ちたし。(落としたのかも知れないけど)

鞍上川田師匠を持ってきましたが、これはギャンブル的なフェイクだと思います。

川田さんはそういう役回りを時々やってますw

なので、今回は止まるのでは?

よくて3着。悪くて4着以下もあるでしょう。

 

さぁ!もう時間がねえぇ!w

中央勢しか見なかった。

どうも中央に3頭足りなければ地方地元勢が割り込んできそうだけど・・

 

1 リアンヴェリテ 能力:▲ 追い切り:〇 評価:〇 4番人気

7 ラプタス 能力:〇 追い切り:〇 評価:〇 1番人気

8 ノボバカラ 能力:〇 追い切り:▲ 評価:▲ 3番人気

10 アディラート 能力:〇 追い切り:△ 評価:▲ 2番人気

 

この4頭で足りると思います!中央勢で!

ではでは、結果が楽しみですね!

 

2020年5月 3日 (日)

天皇賞(春)(G1)の予想

時間がねえ!!!www

またしても。

ま、いっか。もう毎度のことです。

 

昨日の青葉賞の結果はまだ見てません。怖くて見れない。

まぁなんとなく外したなってのは感じております。

どうせブルーミングスカイちゃんとかが来たんだろな。

そんな結果に動揺することなく、GI春天の予想を頑張りましょう!!

 

てゆうか、京都の馬場!!なにこれ!

土曜の芝レースのタイム見てたら、異常な高速馬場じゃないすか?

未勝利戦でラスト33秒台連発。1800mが1分46秒台とか。

いつぞやの中山でもこんなのがありましたけど、今日の京都はそういう高速馬場ですね。

これは前有利というよりも、切れ味自慢の馬がその武器を存分に発揮できる馬場、と考えた方が良さそう。

 

というわけで!この子から!

 

▲ 5 ミッキースワロー 能力:〇 追い切り:▲ 評価:▲ 4番人気

って、せっかく最初に取り上げるのに、微妙な評価w

鬼脚自慢ならこの子!パンパンの良馬場なら間違いなくキレる。

追い切りは普通。南Wの時計はむしろ良い方だし馬なりでそれを出せてるなら好調ぽい。

ただ久々に坂路をこなしてるようで、ちょっと疲れないかな・・・?てのが不安。

坂路入れてる割に気合が急上昇してる感じもないしね。

なので距離がどうかも不安。

キセキが結構なペースで逃げるなら、追走でばてる心配も。

スローでそんなに前と離れず直線に向ければ、勝ち負けに参加可能でしょう!

 

◎ 14 フィエールマン 能力:◎ 追い切り:◎ 評価:◎ 1番人気

あらら。こりゃ本命ですわw

とにかく絶好調っぽい。

昨年のこの春の天皇賞を勝った時より一回り良いくらいの感じ。

坂路も南Wもすべての時計が昨年以上。

最終南Wでのラストのゴーサインへの反応と瞬発力も目を引いた。

完璧w

大外枠だけがマイナス。ポジション取りがスムーズにいくかどうか。

とはいえ、昨年が13頭立ての10番から勝ったわけで、そんなの関係ねえ!

ってくらい調子が良いと判断するなら、問題ないかな?

 

消 7 ユーキャンスマイル 能力:〇 追い切り:△ 評価:消 2番人気

対照的にこちらは・・・調子落ちてない?

CWの時計が異常に速い数字なんだけど、そういう特殊な馬場だったのかな?

しかし、併走馬を交わせない。

調子のいい時は集中力高く、力強く必ず先着してるイメージなのだが。

坂路時計も全体的に重いような。

一応ラスト重点に時計だしてる雰囲気はあるけれど。

しかし、そもそもこの子は叩き2走目で良くなるってタイプでもなく。

なんとなくGIIコレクターというかアルバート先輩にダブるものを感じるw

昨年ももどかしく5着に終わったけど、今年はもっと止まる気がする。

 

〇 8 キセキ 能力:◎ 追い切り:〇 評価:〇 3番人気

大好きなキセキ!

今回は調子良さげ。

追い切りの走りに調子の良し悪しがハッキリと現れる正直な子ですw

一昨年の秋天・ジャパンC・有馬の連続好走の頃がわかりやすかったけど、

グイグイ駆ける秋天・ジャパンカップが3着・2着と素晴らしいハイレベルの逃げ。

しかし有馬の時はもう追い切りからして疲れありありで、やはり止まっての5着でした。

昨年春は大阪杯・宝塚とGIを連続2着で安定した強さを見せました。

凱旋門は残念ながら惨敗だったのと、その後の有馬は当然お疲れで度外視OK

そしてそして、前走叩き台の阪神大賞典がまさかの大暴走w

いやー強かったですねぇwww あれだけ力強く暴走できる馬はオルフェーヴル以来じゃないですか?w

そういや同じ阪神大賞典だったしw

精神面だのスタートだの色々言われましたが、そんな馬じゃあないでしょ!

素晴らしい実績をそんな馬が積み重ねられるわけがない。

あれはぜーんぶ川田さんが悪いんですっ!w

今回は盾男武豊ジョッキーが鞍上!逃げ馬に乗れば最強男。

追い切りでは暴走気配はないし、むしろ好調。

武さんのエスコートで勝利への方程式を見事に解いてくれるでしょう!

でもフィエールマンの方が調子良さげだったので〇評価でw

でもキレ勝負希望のライバル達を尻目に、これまでのGI戦線で見せてきた後続をつぶすハイペースラップを決めればフィエールマンですら影を踏ませないことも可能かもね!

 

消  9 ミライヘノツバサ 能力:△ 追い切り:▲ 評価:消 11番人気

消 10 メロディーレーン 能力:▲ 追い切り:▲ 評価:消 13番人気

消 11 メイショウテンゲン 能力:▲ 追い切り:▲ 評価:消 10番人気

失礼ながら、この辺はずらっと消し・・・

 

★ 12 シルヴァンジャー 能力:〇 追い切り:◎ 評価:★ 9番人気

不気味なサンデーレーシング・ノーザンファームの秘密兵器?w

とりあえず坂路時計が急上昇

昨年秋の京都大賞典も3着に好走しましたね。

その後にまたNFの虎の穴で特訓してきたんだろな。

5歳ながらキャリア9戦とまだまだフレッシュ

伸びしろはあるだろうし、昨年10月以来のレースというのも体力・精神面にはプラスでしょ。

ノーザンファームの外厩調整は長期休みが休みじゃないですからね。

ただ、坂路時計がめちゃくちゃ良化してるとは書きましたが、併走馬にいっつも千切られてるのw

そこだけが不満。根性なし?w

素質と能力だけはきっとある。

どうも他の馬を嫌がる面があるとかないとか。

でも広い京都の外回りで、なにより無観客

自分の走りやすい所を無心に追い上げれば馬券内もあるかもね!

キセキに引っ張ってもらって上りが多少かかる展開になれば!

その時にはミッキースワローより前目のポジションにいることが有利に働くでしょう。

 

☆ 1 モズベッロ 能力:〇 追い切り:△ 評価:☆ 5番人気

こっちの方が穴人気してるでしょうね。

前2走の動きは素晴らしかった。

ディーププリランテのいい所を受け継いでる感じ?

ただ、坂路の動きはやんちゃで元気っぽかたけど、時計は伸びてない。

あと、まっすぐ走れない悪い癖は明らかにでてるようだし、最内枠をもらったけど、展開的に直線は外へ出すよね?

内にもたれまくっていては、やはり勝つレースは難しいのでは・・

前走はそれでミッキースワロ-に完敗してるしね。

動きの元気さだけを拾って☆には残しましょうw

 

消 2 エタリオウ 能力:〇 追い切り:▲ 評価:消 7番人気

うーん。ステゴ産駒の希望の星・・・

変わり身は感じないですねぇ・・

展開的にもキレ的にも見せ場をつくれる気がしない・・・

 

もう時間だ!!!

少し書きそびれた子もいるけど!

まとめると、こう!

 

◎ 14 フィエールマン  能力:◎ 追い切り:◎ 評価:◎ 1番人気

〇  8 キセキ      能力:◎ 追い切り:〇 評価:〇 3番人気

▲  5 ミッキースワロー 能力:〇 追い切り:▲ 評価:▲ 4番人気

★ 12 シルヴァンジャー 能力:〇 追い切り:◎ 評価:★ 9番人気

☆  1 モズベッロ    能力:〇 追い切り:△ 評価:☆ 5番人気

 

結果が楽しみですね!

 

って、発走15:45だと思ってたら、15:40やん!!

買いそびれそうになったw

まぁ買っても当たる自信はないけどさ・・・・

2020年5月 2日 (土)

青葉賞(G2)の予想

時間がねえ!w

ほぼ毎回のように言ってますね・・・

3歳クラシック戦線は頑張ろうって思ってたのに。

いや、頑張るぞ!

2時間弱で当ててやる!w

でも18頭もいるやん・・・

ではでは・・・

 

▲ 1 フィリオアレグロ 能力:〇 追い切り:▲ 評価:▲ 1番人気

1番人気!?

そこまでの評価はしないけど、馬券は死守しそうなタイプ。

前2走ともスローだっただけに、その末脚を信用しきれないが、勝負根性は確か。

走りははちゃめちゃと言うかあまり上手くなさそうなんだけど、後から抜かせない。そこがいいw

追い切りは相変わらず興奮気味で、2400m我慢できるか心配だけど、

最内枠もらったし、鞍上がレーンさん!これはかなりのプラス材料ですね。

パンパンの良馬場でどこまでキレを増すことができるのか(走り方が上手になってるのかw)

そこだけ心配だけど、馬券内の確率はかなり高いとみた。

 

消 2 アラタ 能力:✕ 追い切り:✕ 評価:消 14番人気

ないかー・・

 

△ 3 オーソリティ 能力:〇 追い切り:〇 評価:△ 3番人気

もどかしいレースが続いて。

GIホープフルS、GII弥生賞で5着・3着と成績としては十分だが、かなり明確な力負け。

いずれもワーケアにズバッと交わされてるのが印象悪い。

強気の位置取りも押し上げも出来る強い馬だが、キレが足りないのか。

東京の長い直線、切れ味自慢の馬に交わされそうな気がするなぁ・・・w

 

消 4 ブルーミングスカイ 能力:△ 追い切り:▲ 評価:消 8番人気

足りないよね・・

 

消 5 ディアマンミノル 能力:✕ 追い切り:✕ 評価:消 12番人気

ないよね・・

 

消 6 レイアリザトゥール 能力:✕ 追い切り:✕ 評価:消 18番人気

ないよね・・

 

消 7 ヴァルコス 能力:▲ 追い切り:△ 評価:消 4番人気

アイアンバローズくんの所で触れたヴァルコスですが・・こちらも重戦車タイプでしたね。

キレはない。

前走後の坂路で全く時計を出さず。

動きももともとモッサリタイプでピッチが上がらないね。

差しでいくなら、なおさらキレが足りないか。

バローズくんより上とか言っちゃったけど、展開的に消しなのはこちらですね。

って、え?4番人気だったの!?

・・・大丈夫か、消して・・・w

 

消 8 アピテソーロ 能力:✕ 追い切り:✕ 評価:消 13番人気

ないよね・・

 

☆ 9 アイアンバローズ 能力:▲ 追い切り:◎ 評価:☆ 10番人気

不気味w

とりあえず、最終坂路で突然の鬼時計。

持ち時計を二回り近く縮めちゃった。

まぁやや一杯に追ってはいたんだけど・・。

んー、でもなぁ・・キレが足りないか・・

重馬場ならチャンスあったろうけど、今日みたいなパンパンの良馬場ではねぇ

ダノンセレスタの方が人気してるけど、前々走で勝ってるからダノンよりは上。

でもヴァルコスくんに完全にキレ負けしたから、それ以下か。

無心に前々で行き切ればもしや・・・

先行勢が多すぎて、やっぱ無理かなw

オルフェーヴルの狂気に一縷の望みを託して消さずに☆にしておきます!

 

消 10 ダノンセレスタ 能力:△ 追い切り:△ 評価:消 6番人気

6番人気かぁ・・・

5戦して連対外さず。

とはいえ、ずっと未勝利を戦ってたわけですけどねw

ハーツクライの血か、追って追って走らせられるタイプですね。頑張り屋さん。

時計は全然足りないと思うので、消し。

でもドスロー展開になればごっつあん前残りはあるかもね。

でもヴァルコス・アイアンバローズより下と言ってしまった以上は、消し!w

 

消 11 フィロロッソ 能力:✕ 追い切り:✕ 評価:消 16番人気

ないよね・・

 

★ 12 メイショウボサツ 能力:▲ 追い切り:★ 評価:★ 5番人気

3走前の中京でいい切れ味を見せたけど、中京のスローでその程度までか・・・と厳しく見ればそんな感じ。

前走重馬場の2200mで一杯に追う競馬をしちゃったし、疲れちゃってないかな・・

坂路も弥生賞の時の気配も時計も及ばないし・・・

と思ったら!

一週前のCW追いで好時計。

馬なりで併走馬に並びかけ、反応良く末脚伸ばした。

比較はできないが、もしかしたら3走前の切れ味の再現を?

ってさっきだいぶ悪く言ったのにw

鞍上乗り替わりまくりなのもマイナスだけど、今回は吉田豊師匠!

吉田師匠といえばクリスタルブラック!本番では不発だったけど、前哨戦2度の伸び脚は忘れない。

師匠もあの走らせ方がきっとマイブームw

もしかしたらこの馬にその手綱さばきがフィットするかも知れない。

そんな希望的願望的観測を含めまくって、大穴評価★!(といっても5番人気だけどね)

 

消 13 ロールオブサンダー 能力:▲ 追い切り:▲ 評価:消 9番人気

トビの大きいいい走り。

でもスピードは足りないかなぁ。

京都2歳Sでもスパッと差されたように、上位馬には早め先頭パターンは通用しないかな。

逃げずに前目からロングスパートで仕掛けるんだと思います。

でも勝ち馬は馬なりで追いつくだろな。

 

消 14 サーストンカイドー 能力:△ 追い切り:▲ 評価:消 15番人気

スピード不足かな・・

 

◎ 15 フライライクバード 能力:〇 追い切り:〇 評価:◎ 2番人気

切れ味だけならこの子が一番なんだろな。

走りも飛ぶような走りで、良馬場の長い東京の直線はトップスピードで伸び続ける絶好の舞台になるか。

阪神を見る限り坂は苦手ぽいけど。体重が軽いからかな?

その体重を減らし続けてるのも不安と言うか可哀そうな気もするけど。

坂路時計も一応自己ベストを出した。

青葉賞のデータ的にも中3週で挑戦する馬が来る確率が相当高い。

軸にできそう。

・・・・って!!!鞍上!!!!福永祐一くんやないかい!!!!!www

因縁の福永ジョッキーがまたしても!!!!

あああ、不安しかない。見なければ良かったw

でもま、◎評価で。

 

△ 16 プリマヴィスタ 能力:▲ 追い切り:〇 評価:△ 17番人気

17番人気は低すぎると思う。入着あるぞ。

クロフネらしいタフな展開に強そうなタイプ。

フィリオアレグロ並みに勝負根性ありそうだ。

キレは足りない。そこがネック。

やや上りのかかる展開になれば台頭しそうだね。

ライバル少なそうなので、まじで入着はあると思う。

 

消 17 ディアスティマ 能力:▲ 追い切り:▲ 評価:消 7番人気

メイショウボサツの下になるね。

キレが足りない。ライバルに差されるだろな。

 

★★★ 18 コンドゥクシオン 能力:〇 追い切り:〇 評価:★★★ 11番人気

こ・れ・だ・!!!www

穴馬はこの子にします!!!

唯一のダイワメジャー産駒で母父にトニービン!

東京ならトニービンでしょ!

何気に一番タフな戦績。

レース内容も非常に闘争心あふれる戦う競馬をしてきてます。

勝負できる馬です。

キレは未知数。

でも前走が休み明け3歳初戦で重馬場を力強く差し切った。

一番成長を感じる馬はこの子だけかも知れない。

期待していいと思う。

大外枠の分がマイナス。

最内のフィリオアレグロに比べたら大きなマイナス。

その分勝ち切るのは難しいだろうけど、馬券にはきっと来る!

お父さん買っちゃうぞ!w

 

 

以上!

よーし!なんとか全頭見た!!

ちょっと評価を見直して、上位評価馬は以下の通り!

 

  ◎ 15 フライライクバード  2番人気

  ★ 12 メイショウボサツ   5番人気

  ▲  1 フィリオアレグロ   1番人気

★★★ 18 コンドゥクシオン  11番人気

  △  3 オーソリティ     3番人気

  ☆  9 アイアンバローズ  10番人気

  △ 16 プリマヴィスタ   17番人気

 

すみません。めちゃくちゃだww

上位4頭が固いかな・・・

とにかく時間がない!!

以上です!!

結果が楽しみですね!

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »