« 平安Sの予想メモ | トップページ | 葵Sの予想メモ »

2023年5月21日 (日)

オークスの予想メモ

日曜の東京芝は良馬場でやれそうで。

土曜の時点でかなりキレ味を活かせる馬場だったし、更に乾いてキレッキレの直線勝負が見れそう。

 

時計勝負できるほど強い逃げ馬はおらず、スローに落とすのは必至。

ハナか番手で進めそうなゴールデンハインドをしっかり交わせるかどうかが指標。

 

他のマイル以下で前付けして勝負していた馬は、オークスの定説としてバッサリ消してOK?

 

 


 

◎  1 ラヴェル

 

最内枠ゲットのこの馬を本命に抜擢。

東京アルテミスSで驚異的に鋭い末脚でリバティアイランドを置いてけぼりにしたキレ者。

その後の阪神JF・桜花賞はいいところなく惨敗したが、どうも走るフォームから極端なサウスポーっぽい。

桜花賞でも最後の最後で右手前に変えて再加速していた。

その瞬間に前をカットされたり、レース映像からもフェードアウトしたりでよく見えませんけどw

スタートは遅いものの、そこは最内枠経済コースでカバー。

基本的には東京2400mは内有利なはず。

じっくりじっくり内で我慢して脚をためて、直線弾けましょう。

 

母サンプルエミューズでナミュールの半妹。

ナミュールが父ハービンジャーでオークス3着なら、父キタサンブラックのこの馬はもっと適性高いはず。

 

名門矢作厩舎と主戦坂井瑠星騎手がこのまま黙ってるわけがない。

東京コースで間違いなくリバティアイランドの上をいくキレ味をみせた実力をもう一度。

 


 

消  2 ライトクオンタム

 

前付けで流れ込むしか出来ないし、変わり身もなく。

 


 

消  3  キタウイング

 

桜花賞上がり2位も最後方で何かやっただけ・・・

距離が無理かな。

 


 

消  4 キミノナハマリア

 

これといった武器もなく・・・

 


 

◯  5 リバティアイランド

 

直線だけでゴボウ抜きできる鬼脚を今回も発揮できそうな出来?

 

NFしがらき仕上げにしては、最終追い切りで時計を出してきたのがちょっと疑問。

いつもは帰厩1発目に出して、あとは休息にあてるような。

 

戦績もマイルのみ4戦。

後方からの競馬だから距離にも対応できるとの下馬評だけど。

意外と走りは押さえきれない気勢をギリギリ直線で解き放ってる感じもあって・・

2400mで直線まで我慢できるかどうかはやや不安。

 

その調整に苦労した跡が、不規則な追い切りパターンに現れたような。

 

とはいえ、無理矢理ケチをつけるのも難しいくらいの能力はあるわけで。

馬券内は確実と期待しましょうw

 

土をつけられるとすれば、当然、この馬より前で進めて決め手もある馬でしょうね。

 


 

消  6 ゴールデンハインド

 

さすがはゴールドシップ産駒という実績だけど、エミューの下かなぁ。

ユーバーレーベンをもう一度と言いたくても、こちらは先行タイプだし。

番手からハラハラさせて欲しいw

 


 

△  7 ヒップホップソウル

 

ほぼエミューと同様。

追い切りでも確かめられてるラスト1ハロンの鋭さとそこまでの溜めはキタサンブラック産駒らしいと言えばいいのか。

ただ、トップスピードがいま一歩のようで。

エミューと並んで「お!?」と思わせる瞬間はありそうだけど、その下までかな。

 


 

消  8 レミージュ

 

やっぱ逃げるのかな?

 


 

消  9 コナコースト

 

JRA公表の調教後馬体重からさらに減らしてきそうで。

スタミナもたんでしょう。

レーン騎手のマジックで土曜のように前付けから鮮やかな末脚を引き出したらビックリだけど・・・

さすがに・・・ないよね?w

 


 

消 10 ソーダズリング

 

武豊騎手が弟の武幸四郎厩舎のライトクオンタムを切って選んだのは、この馬。

自ら勝たせたシンザン記念馬よりも戸崎騎手でフローラS2着した馬を選ぶのは、やはりオークスの距離の壁ですかね。

デビューから2戦連続2着させた経験通り、距離は全く問題なく安定した末脚も出せるものの、突き抜けたものではなく。

前走フローラSでもがっちりマークした逃げ馬ゴールデンハインドに並ぶことも出来ないキレの無さ。

今回もキレ味上位の馬たちに交わされるだけでしょうかねぇ・・

ゴールデンハインドと結託して超ドスローに持ち込んで前残りを図れば・・・ですがw

 


 

★ 11 ミッキーゴージャス

 

そんな中で第一観でこの馬の激走に期待。

未勝利・1勝クラスのドスロー2連勝しかないが、追走スピードはまだまだ余裕がありつつ折り合いも問題なく、ロングスパートしても直線突き放す優れた末脚もあり。

さすがは2冠馬の母ミッキークイーン。

そこにテイエムオペラオーに捧げた宝塚記念馬の父ミッキーロケットという、これでもかという良血。

ハイレベルな経験の無さは致命的ではあるが、他馬を気にしてる感じもなく、あり余す血の力を存分に出せる舞台で一発ある。

 

CWの追い切りの反応が目を引く鋭さ。

幸いスローになりそうで、追走も楽だろうし、後ろの有力馬が並んでくる前に突き放す。

 


 

△ 12 ハーパー

 

謎の圧倒的2番人気。

ハーツクライ産駒だから距離を伸ばしてこそ!と言われるけれど。

そうだろか?

桜花賞後のルメール騎手のコメントは確かに「距離を伸ばした方がいい」だったけど、実は調教時のコメントでは「マイル戦がちょうどいい」だったのですw

なので、オークスを見据えてのレース・コメントではなく、この距離では勝ち目がないからという後ろ向きなコメントだった気がします。

だって、それならこの本番のオークス前の追い切りに乗りにくるべきですよ。

ちゃんと2400m仕様に仕上げるために。

それをせずに助手さん任せな時点で、ルメール騎手は諦めてる気がします。

 

全兄ダノンセレスタもミッキーセレスタもキレ味不足で距離を伸ばしたりダートに転向したタイプ。

この馬もそういう傾向があるんじゃないかな。

スローのキレ味勝負になる今回は直線でバッサリ斬られそうな悪寒。

 

といいつつ、ばっさり消せずに未練がましく△印にする弱腰予想w

 


 

消 13 ドゥーラ

 

賞金がある以上はでてくるよね・・・うん・・・

 


 

消 14 ペリフォーリア

 

前付けの一手だし、それでもコナコーストの下までの実力。

距離適性も無さげ。

 


 

△ 15 エミュー

 

不良馬場のフラワーCを勝つも桜花賞は後方モジモジで大敗。

だが、松山騎手に乗り替わったり間隔詰まってたこともあるけど仕上げも緩く。

1800mに伸ばして勝ち上がった経緯からしても記念出走でしかなかったはず。

貢献者デムーロ騎手に戻した今回が本番。

追い切りも一変して2回りは時計を上げてきた。

母父スペシャルウィークの血が騒ぐ。

東京の直線一気に賭けて、掲示板はある。

 


 

消 16 ドゥアイズ

 

スタミナ勝負希望らしいけど、スロー必至の今回はキレ味勝負。

分が悪いかな。

思い切って自分から動いていくかもですね。

 


 

▲ 17 シンリョクカ

 

キャリア3戦で阪神JF2着の賞金でブイブイ言わせる馬。

そう言えば、桜花賞でその賞金では足りなくて皐月賞に殴り込みとか騒いでましたっけ?w

そんなこんなで結局桜花賞に出て、慌てることもなくマイペース追走から、思ったより手応えがあったので直線外にだしたけどリバティアイランドが凄かったらしいですw

主戦吉田豊騎手がずっと手綱をとってる安心感もあり、この敗戦は完全にオークス目標の叩き台としての一戦だったと言い切れるでしょう。

追い切りで一変というほどの動きは見れなかったのが物足りないけど、新馬東京コースで見せたキレ味とGIの2戦で見せたハイレベルな末脚は信頼できる。

さすがサトノダイヤモンド産駒。

と信じたいw

マイルでは後ろになった追走スピードも、2400mになれば十分すぎるもの。

外枠はまずいけど、中団には割り込めるのでは。

少しでもリバティアイランドよりも前で直線に向いて、全力を出し切れば桜花賞で前に残らせてしまったライバルたちは全て差しきれる。

頑張れ。

 


 

消 18 イングランドアイズ

 

前走大外枠に泣きを入れた横山和生騎手が再び大外枠。

馬もスタートがいまいちで二の脚も遅く、後方必至。

もちろんキレ味抜群の末脚をもってるので、後方からのレースでいいんだけど・・

ここ2戦はそれで届いてないからなぁ・・

2400mに伸びて、その末脚が届くようになるのかどうか。

馬はいいけど、騎手が後ろ向きなのがなぁ・・・・w

 


 

まとめると、こう。

 

◎  1 ラヴェル

◯  5 リバティアイランド

★ 11 ミッキーゴージャス

▲ 17 シンリョクカ

△ 15 エミュー

△ 12 ハーパー

△  7 ヒップホップソウル

 

今回はそこそこ印しぼれたかなw

エミューまでの上位5頭の馬券で。

ミッキーゴージャスがんばれ!

« 平安Sの予想メモ | トップページ | 葵Sの予想メモ »

中央競馬」カテゴリの記事

予想」カテゴリの記事