« 朝日杯FSの予想メモ | トップページ

2023年12月24日 (日)

有馬記念の予想メモ

◎ 15 スルーセブンシーズ

 

ドリームジャーニーx池添騎手のグランプリドリーム再び。

ドリジャニが大成したのも5歳。

父の体重はほとんど変わらなかったが、この馬の大きくなるのは母譲りか。

それでも純粋にパワーアップに注がれているようで、追い切りの迫力満点のフォームは化け物級。

それでいて前後のバランス、蹴りの力の伝え方の効率良さは格段に向上。

まさに今がピーク。

 

宝塚記念でイクイノックスの2着は、着順以上に内容が凄い。

ともに内枠ながらスタート後に外枠勢に寄られて最後方へ。

3・4角のマクリを決めて、ルメール騎手は最安全策で大外へ。

池添騎手は勝つために外目でも馬群に突っ込んだ。

そこをジャスティンパレスにフタをされて1馬身後退りする万事休す。

ところがそんな致命的な不利を受けながらも再加速してジャスティンパレスを差し返してイクイノックスに迫る2着。

とんでもないw

3歳時には中山紫苑Sでも直線で前が壁になって詰まったことがあり、その時も再加速で恐ろしいキレの片鱗を見せてました。

とにかく中山コースは合う。

まさにステイゴールド一族の血。

ここで結実。

ステゴ一族に約束されたグランプリを獲る。

 

池添騎手が初重賞を獲らせたばかりのプラダリアよりもこの馬を選んだのも心強い。

ドリームジャーニーを勝たせたのも池添騎手。

世代を超えて再び池添騎手が元祖一発男の名を上げる。

 

外枠はほぼ関係ない。

常に後ろからのレースだし、変に内枠で接触などがあるよりもマイペースを守れるから楽。

ペースがドスローになると、その位置取りでは勝てないが・・

今回はラストランのタイトルホルダーがスタミナ勝負を仕掛けるはずだし、ディープボンドもキレ味勝負は避けたいので早仕掛けをするはず。(逃げ宣言してた気もする)

最高峰決戦らしく、超一流馬の死力を尽くすハイレベルなレースになるはず。

そうなれば確実にこのスルーセブンシーズが台頭する。

もう単勝買っちゃったしw

期待。

 


 

◯ 16 スターズオンアース

 

ルメール騎手が他のどんな有力馬よりも選んだこの馬。

それだけで十分。

てゆうか、戦績も追い切りも、正直わからないw

大外枠はこの馬にはマイナス。

いつもスタートやポジション取りで苦労してましたからね。

馬の強さのみで直線ぶっ差してくるでしょう。

期待。

 


 

▲ 13 タスティエーラ

 

ムーア騎手がこの馬のためだけにわざわざ負傷帰国から再来日するという。

堀厩舎もはるばる呼び寄せておいて無様なレースをさせるわけにいかないでしょう。

そこは勝算合ってのハズ。

3歳ダービー馬かつ菊花賞最先着馬。

黄金ローテで有馬で好走するのは必然。

期待。

 


 

以上の3頭しか買いません!!

がんばれ、スルーセブンシーズ!!

« 朝日杯FSの予想メモ | トップページ

中央競馬」カテゴリの記事

予想」カテゴリの記事