カテゴリー「中央競馬」の349件の記事

2023年12月24日 (日)

有馬記念の予想メモ

◎ 15 スルーセブンシーズ

 

ドリームジャーニーx池添騎手のグランプリドリーム再び。

ドリジャニが大成したのも5歳。

父の体重はほとんど変わらなかったが、この馬の大きくなるのは母譲りか。

それでも純粋にパワーアップに注がれているようで、追い切りの迫力満点のフォームは化け物級。

それでいて前後のバランス、蹴りの力の伝え方の効率良さは格段に向上。

まさに今がピーク。

 

宝塚記念でイクイノックスの2着は、着順以上に内容が凄い。

ともに内枠ながらスタート後に外枠勢に寄られて最後方へ。

3・4角のマクリを決めて、ルメール騎手は最安全策で大外へ。

池添騎手は勝つために外目でも馬群に突っ込んだ。

そこをジャスティンパレスにフタをされて1馬身後退りする万事休す。

ところがそんな致命的な不利を受けながらも再加速してジャスティンパレスを差し返してイクイノックスに迫る2着。

とんでもないw

3歳時には中山紫苑Sでも直線で前が壁になって詰まったことがあり、その時も再加速で恐ろしいキレの片鱗を見せてました。

とにかく中山コースは合う。

まさにステイゴールド一族の血。

ここで結実。

ステゴ一族に約束されたグランプリを獲る。

 

池添騎手が初重賞を獲らせたばかりのプラダリアよりもこの馬を選んだのも心強い。

ドリームジャーニーを勝たせたのも池添騎手。

世代を超えて再び池添騎手が元祖一発男の名を上げる。

 

外枠はほぼ関係ない。

常に後ろからのレースだし、変に内枠で接触などがあるよりもマイペースを守れるから楽。

ペースがドスローになると、その位置取りでは勝てないが・・

今回はラストランのタイトルホルダーがスタミナ勝負を仕掛けるはずだし、ディープボンドもキレ味勝負は避けたいので早仕掛けをするはず。(逃げ宣言してた気もする)

最高峰決戦らしく、超一流馬の死力を尽くすハイレベルなレースになるはず。

そうなれば確実にこのスルーセブンシーズが台頭する。

もう単勝買っちゃったしw

期待。

 


 

◯ 16 スターズオンアース

 

ルメール騎手が他のどんな有力馬よりも選んだこの馬。

それだけで十分。

てゆうか、戦績も追い切りも、正直わからないw

大外枠はこの馬にはマイナス。

いつもスタートやポジション取りで苦労してましたからね。

馬の強さのみで直線ぶっ差してくるでしょう。

期待。

 


 

▲ 13 タスティエーラ

 

ムーア騎手がこの馬のためだけにわざわざ負傷帰国から再来日するという。

堀厩舎もはるばる呼び寄せておいて無様なレースをさせるわけにいかないでしょう。

そこは勝算合ってのハズ。

3歳ダービー馬かつ菊花賞最先着馬。

黄金ローテで有馬で好走するのは必然。

期待。

 


 

以上の3頭しか買いません!!

がんばれ、スルーセブンシーズ!!

2023年11月 4日 (土)

京王杯2歳S

◯  1 アグラード     4番人気

おそらくメンバー中1番の切れ者。

使える脚が一瞬なのか、ルメール騎手でもラスト1ハロンまで我慢するくらい。

先を考えて教えただけかも知れないが。

代打津村騎手としては絶対に負けさせるわけには行かない素質馬。

 

 

◯  2 ロジリオン     7番人気

前走重馬場でも大きなストライドで鋭く伸びた。

後肢のケリの鋭さが目を引いた。

良馬場で爆発するはず。

スタートも追走も改善し、フォームも安定。

着実に成長してここ目標。

新馬戦でミスった北村騎手もここで名誉挽回。

大逃げを追う形で周りがアラアラになる中で、母方パイロのしぶとい血が生きるはず。

期待。

 

消  3 オーキッドロマンス スピード不足

 

◎  6 ゼルトザーム    5番人気

ダートデビューに前走はG3とはいえ重馬場函館2歳S勝ち。

高速東京コースに疑問視されて当然か。

しかし、ロジリオン同様に後肢の蹴りの鋭さは芝の良馬場向きなのは明らか。

闘争心も十分で、しっかりと前に壁を作って溜めれば距離は持つ。

調教に3週続けて乗ったという浜中騎手の本気度も信じるべき。

 

▲  8 ミルテンベルク   2番人気

キレないが直線長く伸びる。

前走↑に競り負けたが、鞍上が我慢できずに早々に馬上で暴れたせい。

モレイラへの乗り替わりは大幅プラスで、安定の追走力で直線まで溜めに溜めれば直線伸びきれる。

 

消 11 アスクワンタイム  3番人気

右手前が弱いし、直線で右に寄れる癖はまだ健在。

道中に力が抜けないからすぐバテるし、距離延長も東京コースもマイナス。

 

以上、結論はこう。

 

◎  6 ゼルトザーム    5番人気

◯  1 アグラード     4番人気

◯  2 ロジリオン     7番人気

▲  8 ミルテンベルク   2番人気

2023年10月29日 (日)

天皇賞(秋)の予想メモ

◎  3 ドウデュース

京都記念のブルドーザーのような脚の回転。前肢の振り上げ。

今回の1週前CWでもそれをさらに迫力を増して見せつけた。

ダービーでもGOサインの一瞬でイクイノックスを突き放したように、ギアアップの加速が異次元。

そして最後まで詰め寄らせなかった直線一杯まで伸び切る持続力。

唯一、極端に右手前に拘る癖はあるが、その右手前が強烈すぎるし、使い込んでないお陰で脚に負担も溜まってない。

直線一杯を右手前で走りきれる東京は能力を出し切れる最高の舞台。

問答無用に差し切るのみ。

何気に国内GIタイトルは朝日杯とダービーのみと種牡馬価値としては物足りない。

(たとえそのパフォーマンスに異論がなくとも)

王道古馬GIは何としても欲しいはず。

イクイノックスがジャパンカップを目標に隙を見せるここが最大のチャンス。

必勝態勢。

 

◯  4 ダノンベルーガ

昨年3着。末脚はイクイノックスに劣らず。

鞍上が川田→モレイラで大幅に強化されるし、内枠ゲットで上昇可能。

追い切りは相変わらず逆手前の悪癖を見せてるがw

それでキレッキレの時計を出せるなら、鞍上強化の効果は絶大。

期待できる。

 

▲  7 イクイノックス

今年の目標はどう考えても次のジャパンカップ。

ドバイと合わせ技一本のJRA報奨金8億を危うくしてまでここをメイチに行く必要なし。

すでに昨年に圧巻のパフォーマンスで勝ってるタイトルでもあるし。

色々負けてて今更全勝に拘る必要もないし。

ライバルがノーザン陣営同士なら・・・・だしw

そして、ルメールが宣言してるように、今回は前受けの予定。

ダービーの経験からドウデュースを後ろから差すのは不可能と判断してる模様。

また、イクイノックス自身の脚質もキタサンブラック産駒らしく前々寄りになってる。

これでどスローならば楽勝もありえたが、他のジョッキーたちに勝つ気があるのならそんなヨーイドンの競馬にはしないはず。

となると、このイクイノックスの超一流の持続力とそれを上回る切れ味を持つ馬との勝負になるのみ。

今回は仕上げ8割の分だけ、後ろのライバル有利と予想。

 

以上!

他の馬に出番なし!

2023年10月22日 (日)

菊花賞の予想メモ

適性・能力・やる気・騎手すべて◎なのは

◎ 11 サトノグランツ

 

すべて◯なのは

◯ 12 ハーツコンツェルト

特に松山騎手が「勝ちます」と言ったのは大きい。

前走時は南Wでの走りはフォームを崩していた。

レースで伸びなかったのも当然。

今回はダービー時のスムーズさとやる気がある。

 

京都でこそ期待できるのは

★ 10 マイネルラウレア

3・4コーナーの下り坂で勢いに乗せてロングスパートしてこそウマがやる気を出す。

 

リビアングラスの逃げが怖いが、

パクスオトマニカの無謀逃げやファントムシーフ武豊の早仕掛けで潰せるはず。

何より、タスティエーラのモレイラが前付けから勝ちに動くはず。

差し決着期待。

 

ドゥレッツアは距離適性疑問をルメール自身が唱えたはずで、乗鞍が無かったので乗ってるだけ(のはず)。

 

14 ソールオリエンス7 タスティエーラの2強は菊花賞向きとは思えないが、その他大勢に勝つ競馬をすれば負けるはずもなく。

ならば、別路線の11 サトノグランツ

ダービー3着の12 ハーツコンツェルト

ゴルシ産駒の10 マイネルラウレア

でレースは面白くなるはず。

 

2023年7月23日 (日)

中京記念の予想メモ

今日の中京芝は、晴天良馬場の割に土塊も飛んで荒れ気味。

時計も若干かかるようだし、なにより外枠有利の傾向が顕著。

パワー寄りの血統馬が勝ってる気もする。

 


 

 1 ヴァイリアメンテ  追切40

11ヶ月ぶりで昨年以下。

 

 2 シュリ       追切10

・・・。

 

 3 アドマイヤビルゴ  追切40

2年前の方が良かったな

 

 4 メイショウシンタケ 追切70

順調ぽいが、道悪嫌いと中京戦績が・・

 

 5 ワールドウインズ  追切40

出来落ち。

 

 6 セルバーグ     追切50

前走負けは不利以前に止まってた気もするが・・

 

 7 アナゴサン     追切50

特になし。

 

 8 サブライムアンセム 追切45

夏疑問にスロー展開では届かず

 

 9 ホウオウアマゾン  追切40

重い

 

10 ウイングレイテスト 追切85

反応かなり良し。

 

11 ディヴィーナ    追切85

キレより粘り目立つ動き。今日の中京に合う。

 

12 ダノンスコーピオン 追切45

坂路最後止まり気味

 

13 ペジャール     追切60

変わらずか。

 

14 カイザーミノル   追切80

激走フラグ立つ。前走前にCW51秒台。遠征嫌いの大敗は無視。中京は庭。

 

15 ミッキーブリランテ 追切40

坂路もCWも止まりがち。距離延長✕

 

16 ルージュスティリア 追切80

CW鬼時計は福永元騎手が乗ってただけで動きはいつも通り。

それでも坂路も出して勝負仕上げは間違いなし。

ただしクラスの壁に当たってるのはセルバーグ同様。

外枠のアドバンテージとスタート巧者の位置取りでどこまで相殺できるか。

 


追切評価からは、以下の6頭!

 

 4 メイショウシンタケ 追切70

10 ウイングレイテスト 追切85

11 ディヴィーナ    追切85

13 ペジャール     追切60

14 カイザーミノル   追切80

16 ルージュスティリア 追切80

 

ほぼ外枠寄りw

いいですねぇ。

 

そして、最終結論は、こう!

◎ 11 ディヴィーナ    追切85  2番人気

◯ 10 ウイングレイテスト 追切85  3番人気

▲ 16 ルージュスティリア 追切80  1番人気

△ 14 カイザーミノル   追切80 15番人気

△  4 メイショウシンタケ 追切70  6番人気

 

番手から早め先頭のウイングレイテストの突き放し。

それにしぶとく追いすがるディヴィーナがクビ差交わす。

離された後続馬群から追い込むのがルージュスティリアとカイザーミノル。

2頭が不発なら、上がり馬の勢いだけでメイショウシンタケ。

 

悲しいかな、上位人気馬そのままの予想になってしまった・・・

これは外れるなw

 

馬券的には、それでも

馬連 10-11 で 15倍。

3連複 10-11-16 で 20倍。

3連単 11-10-16 で 96倍。

なら十分かな。

 

以上!

 

2023年7月16日 (日)

函館記念の予想メモ

毎年荒れに荒れる函館記念。

近走好走も追い切り好時計も当てにならない無理ゲーレース。

強いて言えば血統とローテがヒントかな?

それでもやっぱりコンディション評価も添えたいところ。

 

考えても無駄なレースなので、あっさり風味で各馬評価。

 

 1 イクスプロージョン 追切60 ロテ70

 2 ユニコーンライオン 追切80 ロテ80

 3 ハヤヤッコ     追切75 ロテ70

 4 ドーブネ      追切30 ロテ30

 5 ヤマニンサルバム  追切60 ロテ40

 6 ロングラン     追切40 ロテ40

 7 ルビーカサブランカ 追切90 ロテ70

 8 ブローザホーン   追切70 ロテ60

 9 ローシャムパーク  追切65 ロテ70

10 アラタ       追切65 ロテ30

11 マイネルウィルトス 追切70 ロテ20

12 ローゼライト    追切30 ロテ60

13 スカーフェイス   追切55 ロテ50

14 テーオーシリウス  追切40 ロテ30

15 アルナシーム    追切80 ロテ60

16 キングオブドラゴン 追切70 ロテ50

 

まとめると、こう!

 2 ユニコーンライオン 追切80 ロテ80

 3 ハヤヤッコ     追切75 ロテ70

 7 ルビーカサブランカ 追切90 ロテ70

 8 ブローザホーン   追切70 ロテ60

15 アルナシーム    追切80 ロテ60

16 キングオブドラゴン 追切70 ロテ50

 

6頭・・・1頭切るなら・・キングオブドラゴンかな?

 

最終結論はこう!

◎  7 ルビーカサブランカ 追切90 ロテ70

◯  2 ユニコーンライオン 追切80 ロテ80

▲  3 ハヤヤッコ     追切75 ロテ70

★ 15 アルナシーム    追切80 ロテ60

△  8 ブローザホーン   追切70 ロテ60

 

個人的に注目はアルナシームかな!

以上!

2023年7月 9日 (日)

プロキオンSの予想メモ

無駄に悩まず、ポリシー守って簡潔的確な予想を目指す。

 

はずw

 

中京1400mに久々に戻ったプロキオンS。

自分はなぜか阪神のイメージを持ってたw

 

2019年以前の中京時代に遡れば、

レース傾向としては近走好走馬がそのまま来る感じ。

あまり荒れないかな?

そして、それだけにコンディション評価がいまいち通用しない。

追い切りで動いてなくても近走好走の勢いのまま来る。

 

困ったなw

 

しかし!

一応、その傾向には乗るけど、やっぱりコンディション重視は守る!

 

そんなわけで、とっとと各馬評価!

「追」は追切評価で、「近」は近走評価。

 

 1 ケイアイターコイズ 追70 近55

 2 ロイヤルパールス  追40 近30

 3 シャマル      追70 近30

 4 ジレトール     追60 近60

 5 エルバリオ     追50 近65

 6 イフティファール  追45 近60

 7 ドンフランキー   追65 近80

 8 ブルベアイリーデ  追95 近55

 9 フルム       追80 近80

10 リメイク      追90 近90

11 メイショウテンスイ 追40 近20

12 メイショウダジン  追45 近70

13 タガノビューティー 追80 近85

14 アティード     追45 近30

15 オーヴァーネクサス 追40 近55

16 オメガレインボー  追75 近70

 


 

はい!

高評価馬を抽出すると、こう!

 

◎ 10 リメイク      追90 近90

◯ 13 タガノビューティー 追80 近85

★  8 ブルベアイリーデ  追95 近55

▲  9 フルム       追80 近80

△ 16 オメガレインボー  追75 近70

 

リメイクが圧倒する後続馬群から差し追い込み勢が抜け出してくるって想定。

稍重高速馬場で前々有利の先行勢決着だったら・・・がっかりだなぁw

 

で、馬券としては

馬単 10-13 10.4倍(1番人気)

ワイド 8-10 12.3倍(13番人気)

が本命で。

 

あくまで夢馬券の3連系は

10-13ー(8,9,16)

の2頭軸で買っておこうかなw

 


 

 

◎ 10 リメイク      追90 近90

 

坂路のうなる勢いが素晴らしく、一杯に追っての自己ベストに馬なりで並べるほどでレベルアップ確実。

海外遠征は惜敗も、その負荷が成長に繋がった模様。

昨春の同舞台の昇竜Sで先行する川田騎手ジレトールを楽にぶっ差して圧勝。

その川田騎手が今回はこちらに乗り替わり。

当時よりレースレベルが上がってペースも早くなるはずだが、先行馬が少なくて時計は遅くなるかも。

1600mのユニコーンSでは大敗してて距離の壁がありそうなので1400mもギリだけど、ペースが遅くなれば助かる。

楽に先行追走できて、当時同様に直線弾けて突き抜けるはず。

必勝。

 


 

2023年7月 2日 (日)

CBC賞・ラジオNIKKEI賞の反省

惨敗w

でも、希望の兆しはあるかw

 


 

CBC賞は◯ジャスパークローネ(7番人気)が会心。

これは追い切りの動きで推せた。

なのに、もっと高評価のマッドクールは飛んだ・・・w

サンキューユウガも評価できなかったなー。無理。

スマートクラージュは書いた通り、差し勢が来なければ残る。

 


 

やっぱりコンディション予想はいい感じ。

そして、馬券の買い方を変えようと思う。

どうしても3連系の万馬券を目指してしまうんだけど、当然外れる。

(年に数回あたって回収できてるんだけどもw)

なので、コンディション予想で買える馬を見つけたなら「その馬で当たる馬券を買う」ことにしていこうと思う。

3連系だと、どうしても高評価以外の馬をくっつけなければならず、それがネックになってる。

オッズが低くても、馬券内に来ると自分が予想した馬で馬券をつくる。

うん、そうしてみよう。

万馬券で一獲千金は無理でも、もしかしたらもっと勝てるんじゃないかな?

 


 

で、ラジオNIKKEI賞はコテンパン。

時間を掛けなかったせいで、全然コンディション予想になってなかった。

実は1~3着馬はウッドチップコースの追い切り時計最上位馬だったんですねー。

めちゃくちゃ安直なコンディション予想で当たってたというw

 

でも、きっとそれでいいはずなんです。

そう思って始めたのがコンディション予想なんですから。

 

レースの格とか実績とか人気とかに惑わされてスランプでしたが、コンディション予想の原点に戻ると決めたら一気に好転。(馬券がとは言ってないw)

うん。

もっと、

じゃない

とことんコンディション予想に拘って、下馬評に惑わされず、そして自分が買えると思った馬で馬券をつくる!

これからはこれでいこう!

当てるぞ!

ラジオNIKKEI賞の予想メモ

時間がねえ!ので簡潔に。

 

追い切りで気になったのは・・・

 

 1 コレペティトール

 9 ウヴァロヴァイト

10 バルサムノート

14 レーベンスティール

16 マイネルモーント

 

うん、この5頭でいいや!

 

一応順位付けするなら・・

 

◎ 14 レーベンスティール  1番人気

◯  9 ウヴァロヴァイト   7番人気

▲ 16 マイネルモーント   5番人気

★  1 コレペティトール   6番人気

△ 10 バルサムノート    4番人気

 

これで最終結論!

全然自信なんかない!w

 

CBC賞のコンディション予想

自分に言い聞かせるためにタイトルにコンディション予想と書いてみた。

 

先週の宝塚記念もコンディション重視で成功。

久々に当たった気がする。

それでも、コンディション面で割引一切なかったスルーセブンシーズを「格下」扱いして評価下げるという愚行。

ローテ的にコンディション不安なジャスティンパレスを上げて失敗。

ほんとにコンディションのみに拘っていれば、もっと当たってたかも。

後出しジャンケンだけどw

 

そして帝王賞もコンディション抜群だった4番人気クラウンプライドを本命にして的中。

期待通りのあわや勝利という大接戦でした。

これもほんと納得の予想と結果で、やっぱコンディション予想やで!と思いました。

 

コンディション以外の評価って、結局ちまたにありがちな予想になってしまうわけで、当たっても外れてもモヤモヤするんですよね。

やっぱ本来の自分なりの視点のコンディション評価の方がスッキリする。

そして当たる確率が高い気がするw

 

ただ、それが通用するのは最上位クラスの馬たちのレースで、下位馬はやっぱり体調と本番が直結しないムラがあったりする(だから下位なんだけど)ので、特に夏のローカル開催などは他の要因の影響も大きくなりがちなので・・夏休みすべきなんですよねぇ・・・w

 

なので、極力軽くかるーく予想するようにしたいと思います。

時間的にも経済的にもコストを減らすためにw

 

以上、前置きが長くなりすぎました!

さっさと本文へ!

 


 

コンディション上げ下げ評価

 

 1 ヨシノイースター  40 時計は落ちてる

 2 タイセイアベニール 45 やや悪化

 3 エイシンスポッター 70 時計いまいちも動き良し

 4 サンキューユウガ  30 疲れ?

 5 テイエムスパーダ  50 変わらず

 6 スマートクラージュ 55 若干上積みあり?

 7 アビエルト     60 わずかに良化。

 8 マッドクール    90 万全の仕上げ

 9 トゥラヴェスーラ  45 若干疲れ?

10 ジャスパークローネ 80 坂路自己ベスト。

11 ディヴィナシオン  40 バテバテ

12 サンライズオネスト 30 バタバタ

 


 

評価50以下(前走同等以下)をバッサリ切ると、こう!

 

 8 マッドクール    90  1番人気

10 ジャスパークローネ 80  7番人気

 3 エイシンスポッター 70  2番人気

 7 アビエルト     60 11番人気

 6 スマートクラージュ 55  4番人気

 


 

この中でアビエルトはさすがに近走の内容からも期待薄いかな。

本命は上位3頭。

スマートクラージュもあんまりだけど、コンディション評価で一応残すかw

 

最終結論は、こう!

 

◎  8 マッドクール     1番人気

◯ 10 ジャスパークローネ  7番人気

▲  3 エイシンスポッター  2番人気

△  6 スマートクラージュ  4番人気

 

ジャスパークローネの逃げにマッドクールが番手追走な想定。

馬場適性や勢いから、この2頭の行った行ったに期待。

引き離された後続馬群から抜け出してくるのがエイシンスポッターかな。

抜け出してこなければ、先行勢から粘りに粘るのがスマートクラージュか。

期待。

より以前の記事一覧