カテゴリー「地方競馬」の39件の記事

2023年7月17日 (月)

マーキュリーカップの予想メモ

重馬場の盛岡はかなりの高速馬場?

 

★  2 サンライズホープ

今年2桁着順つづきで終わった感を出してますが・・

中央重賞の揉まれるハードな競馬が苦手なのでは。

だだっ広い盛岡の高速馬場で伸び伸びと差せば本来の力を出し切れるのでは。

ちょっと期待。

 

▲  4 テリオスベル

高速馬場は向かないはず。

展開的には、まくって直線先頭を奪えれば馬券内に粘れるメンツかも。

 

◎  7 バーデンヴァイラー

昨年同様に直線差し切る。

前々で勝負する自信もつけてきた1年で、昨年より積極的に前を捉えにイケるはず。

圧勝まで。

 

△  9 ウィルソンテソーロ

距離不安ありあり。

消してもいいくらいでは?

 

消 13 メイショウフンジン

番手に控える競馬を覚えて、昨年のような自爆暴走はしない予感。

しかし、そこからキレる脚を使えないだけに、今日の高速馬場では直線耐えきれないか。

 

最終結論・・・

 

★  2 サンライズホープ  5番人気

◎  7 バーデンヴァイラー 2番人気

▲  4 テリオスベル    3番人気

△  9 ウィルソンテソーロ 1番人気

 

川田騎手のウィルソンテソーロが、テリオスベルのマクリに反応するとは思えないし・・

着拾いに徹して直線だけのレースをしたとしても、先に行ったテリオスベルを捉えられる気がしないw

バーデンヴァイラーとサンライズホープの豪快な差し脚に期待。

 

そして、地方交流重賞の中央馬は「人気と逆順に買え」ってジッチャンが言ってたので。

サンライズホープ、がんばれ!

 

2023年3月 1日 (水)

エンプレス杯の予想メモ

地方交流重賞はJRA馬を人気と逆順に買えって、じっちゃんが言ってた。

知らんけど。

 


 

◎  2 グランブリッジ   +5

 

追い切り時計の数字に上積みは感じないが・・・

JBC→クイーン賞のローテを踏襲。

ま、これも2着・2着で勝ってないんだけどw

 

それでも川崎関東オークス・紋別ブリーダーズGC・大井TCK女王杯と時計の掛かる馬場に強いのは確か。

盛岡の高速ダートでヴァレーデラルナにやられた雪辱はここで。

 

追い切り時計の数字については最終坂路は大雪だったし、ってことでw

 

不安はサルサディオーネとテリオスベル。

サルサはテリオスベルに潰されるからいいとして、テリオスベルの積極策にどう対応するか。

しかし、そこは鞍上川田騎手。

馬に嫌われようが、ヴァレーデラルナより前で勝ちに行ってくれるでしょう。

 


 

▲  1 ヴァレーデラルナ  -5

 

名門藤原厩舎がグランブリッジに負けたままでいるわけがない。

と思ったけど、追い切りの動きがいまいち。

脚が上がってないなぁ。

JCB時は叩き→本番で追い切り時計は変わらず。

今回は時計を落としてきた。

上積みを見せろとは言わないけど、せめて同等に維持しないと。

今回は2着すら怪しい。

 

速い馬場が好きそうなのは戦績から明白で、今日は良馬場な上に初の川崎。

サルサディオーネとテリオスベルがずぶずぶの上がりの掛かる展開に持ち込むだろうから、この馬は直線早々にバテて止まる悪寒。

 

大井でグランブリッジに豪快に差された悪夢に萎縮して消極的に控えて差しに回るかもだが。

届かずそのままとなるのでは。

 


 

△  6 テリオスベル    -10

 

前走まさかのTCKからの連闘で川崎記念。

それでも2100mの距離延長でも直線でも見せ場ありの好走でした。

もう少し間隔あけてここへの挑戦なら十分勝ち負けになったと思うのに。

 

追い切り坂路時計は当然下降気味。

最終でも一杯に追われてヨレてたようなw

 

今回はサルサディオーネをマークしてペースは楽になると思うけど・・

やはりGIで全力投球して再度2100mはいくら何でも厳しいのでは。

 


 

◯  5 アーテルアストレア +5

 

となると、期待すべきはこの追い込み馬。

中京1800mを連勝して初OP初重賞挑戦。

キレ味は素晴らしく、中京で36秒台の上がりはなかなかのもの。

とはいえ、いずれもドスローですがw

 

ただ、新潟では2回りは速いペースでも楽に追走して脚を使えており、今回のペースでも大丈夫な気もする。

不安は連勝が牝馬限定戦を使われてのもので、牡馬に揉まれると弱いのかな?

でも後ろから直線一気するだけだし、揉まれる心配もないかな?

 

テリオスベルをグランブリッジが潰しに早めに動く展開なら、この馬の真価が引き出される予感。

直線一気で勝ち負けまで行っちゃうかも。

期待。

 


 

以上!

結論は、こう!

 

◯  5 アーテルアストレア +5

◎  2 グランブリッジ   +5

▲  1 ヴァレーデラルナ  -5

△  6 テリオスベル    -10

 

じっちゃんの遺言に従って、人気とは逆にアーテルアストレアに期待w

まぁ、馬券的には2頭軸ってことで。

 

2022年12月29日 (木)

東京大賞典(大井)の予想メモ

第一観は

◎ 10 サンライズホープ

 

差す競馬に転向し、鬼脚を繰り出せるようになった。

前走チャンピオンズカップでも上がり最速。

そもそも苦手な左回りでこの走りは上等。

得意の右回りに変わって、先団がやり合って脚の上がったところを後方一気でぶっ差すのみ。

 

追い切りでも坂路を一杯に追われて自己ベスト。

CWでは時計を出さず、間違いなくゆったり後方マイペース追走の狙い。

直線一気。

鬼脚に期待。

 


 

地方勢からは

★ 11 ミヤギザオウ

 

羽田杯勝ち時以上の仕上がり。

脚の捌き方がかなりの好感。

急速成長中とみた。

 

前走勝島王冠は案外だったが、不良馬場の最内枠で不利だったか。

今回は羽田杯も勝った縁起のいい外枠。

無念の東京ダービー除外の鬱憤をここで晴らす。

激走期待。

 


 

 6 ウシュバテソーロ

 

は1週前坂路で暴走気味。

その後が調子を崩したように時計も出てないし。

最終南Wでは併走馬に抗えず。

今回は不発では。

 


 

そして一番人気の

 

◯  5 メイショウハリオ

 

帝王賞勝ち時並の仕上がり。

坂路の走りは同等だが、最後にほんの少し脚があがったか。

その分を割り引いて◯印まで。

それでも他のライバルたちに比べれば右回りの実績実力と仕上がりで優位。

苦手な左回りの凡走を払拭する本来の走りを期待。

 


 

そして最後は

 

▲  9 カジノフォンテン

 

衰え見える近走だが。

叩き2走目。

かしわ記念4着時以上の仕上がり。

激走期待。

 


 

以上!

 

まとめると。

◎ 10 サンライズホープ

◯  5 メイショウハリオ

★ 11 ミヤギザオウ

▲  9 カジノフォンテン

 

2022年11月23日 (水)

東スポ杯的中・マイルCS感想メモと浦和記念の予想メモ

相変わらず予想はするが結果は見ない主義

でも銀行残高が急に増えててびっくりw

これはマイルCS当たったのか!?

と思ったら、土曜の東スポ杯でした。

でも、こちらも会心の予想。

単勝・馬単・三連複・三連単本線的中!

久々の万馬券でした。

うれしいヽ(=´▽`=)ノ

 

マイルCSはばっさり切ったダノンザキッドとソダシが残るという・・・

でも当初切り捨てるつもりだったセリフォスを、前走の走りをよく見て見直して高評価したのは会心。

想像以上の走りだったようですがw

コンディション評価は悪くない。

実績やオッズや下馬評よりも、もっと自分の目を信じた方が当たりますね。

さらに頑張るぞ!(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

で、当たる気のしない地方交流重賞。

悩んだらJRA馬を人気と逆順に買えって、じっちゃんが言ってました。

 

 

 1 タービランス 60 前走栄冠賞3連覇ならず。さすがに9歳の衰えは明らかか。

 

 2 ラーゴム 85 前走白山大賞典2着時以上の仕上がり。帰厩一発目の素晴らしいのが証。ケイアイパープルにせまった前走の末脚の頑張りも良かったが、今回はさらに鋭さがましている。短い浦和の直線でも差せるはず。本命で。

 

 4 ケイアイパープル 80 最終のはずの金曜追いの後に日曜・月曜も追った。仕上がり不安?いやいや平安S2着時にも前日追いをやりました。その時以上の時計を出しており、これはプラスにとらえて良さげ。上のラーゴムが勝つけれど、再び強い走りは見せる。

 

 5 アイオライト 70 11月頭の前走のあと、坂路一本のみ。時計は出したが・・最後止まったみたいだし、2000mは長いか。逃げてどこまで。

 

 6 クリノドラゴン 75 後ろからだが、重馬場ならばまくりあげて3着もギリ可能か。

 

 7 スワーヴアラミス 75 黙って買いw クリノドラゴンよりは前からいくだけに可能性高い。

 

 9 タイセイドレフォン 65 早い時計出さず。それで余裕かましてるのなら買いたくないなぁ・・・

 

10 ランリョウオー 75 やる気になればこの馬は走る。

 

結論

2→4→10、7、6

 

2022年10月10日 (月)

南部杯の予想メモ

昨年同様に不良馬場発表。

だが時計は0.5から1秒は早くなりそう。

一昨年のレコード決着に次ぐ芝並のスピードレースになるか。

33秒台もあるかも?

JRA勢(元JRA勢)以外に出番なしで良さげ

 

◎  1 ソリストサンダー 95 坂路引っ張り倒して昨年以上の好時計。昨年大外枠で3着なら1枠経済コースから突き抜ける。

   3 タイムフライヤー ? 今日の時計は早すぎて遅れをとる悪寒

◯  4 カフェファラオ 90 フェブラリーレコード連覇の実績ダントツも出来はもう一歩。目標はチャンピオンズCだし、今回はソリストサンダーに差される。

   7 サンライズノヴァ 70 出来いまいち。

△  8 ヘリオス 95 CW猛時計連発。休み前より上積みあり。明けは走る。早い時計の実績が全くないのがネック・・

△  9 アルクトス 90 南Wで時計が出るのは当然か?内を回ってのものだし過信は。坂路でラスト止まりがちなのが汚点。危険視。

△ 15 シャマル 85 好調維持も、2ハロン延長はさすがに・・惰性で粘りこまれてはGIフェブラリー上位勢の立場なし。

▲ 16 エアスピネル 90 かなり好調。昨年6着も僅差でほぼ3着。芝実績もあり、早い決着なら出番あり。

 

 

2022年5月 3日 (火)

かきつばた記念(JpnIII)の予想

新装名古屋トレセン競馬場w

直線が少し伸びたらしいですよ。

 

で、結論は。

 

◎ 10 ピンシャン

前走大井東京スプリントは控えて持ち味一切出さず。

完全に叩き台。

阪神1400mでの突き放しっぷりなら小回り名古屋でさらに。

 

◯  2 タガノビューティー

中央では追い込み届かずばかりだが。

阪神3.4コーナーでのまくり上げるスピード感は随一。

小回り名古屋でもロングスパートは使えるはず。

 

▲ 12 ヘリオス

前走高知黒船賞の先行しての渋太さをここでも。

 

△  3 ラプタス

前走の失速のトラウマが頭をよぎって弱気になりそうな悪寒。

強気にいっても外から職人川田さんがかぶせてハナを奪いますけどねw

 

以上!

結果が楽しみですね!

2021年12月29日 (水)

東京大賞典(G1)の予想

時間がねえ!

今年最後もやはりこれでしたw

 

30分だ!30分で当てるんだ!

 

頑張りまっしょい!

 

地方競馬にはストーリーが必要。

オメガパフュームの4連覇なるか。

JBC奪取で日本一の冠を手にしたミューチャリーが凱旋勝利してみせるのか。

 

はてさて。

 

ではでは、予想いってみまっしょい!

 

というわけで、結論は、こう!!www

 

◎  1 ロードブレス     4番人気

距離不安ありありだけど・・・

最内経済コースを死んだふりで直線一気。

 

◯  9 オメガパフューム   1番人気

ドスローだと昨年みたいに危ないけど・・

今年はアナザートゥルースがハイペースで逃げてくれるはず。

上がりのかかる展開なら負けない。

(ロードブレス以外にはw)

 

▲ 11 ミューチャリー    3番人気

鬼門の大井だけど、今の充実ぶりなら、他の馬には負けない(でw)。

 

★  8 ノンコノユメ     6番人気

ノンちゃん頑張れ!!!www

追い切りは超元気がなかったので心配だけど。

厳しいレースになれば実力がものをいう、よね?

 

以上!

タービランスが絶好調っぽくて怖いけど、距離と大井の壁は高いはず。

他のほとんどの馬はオメガパフュームとは勝負ついてる、よね?w

まだ未知数のロードブレスが魅力ありあり。

期待。

 

ではでは、結果が楽しみですね!!

そして、よいお年を!

 

 

 

 

2021年10月11日 (月)

南部杯(JpnI)の予想

ポイントは馬場。

盛岡ダートは今夏の開催前に砂を総入れ替え。

昨年とは一変して重い時計のかかるダートになってます。

今日は雨で足抜きよくはなってるようですが、それでも時計はでていない。

昨年のような芝並のスピードレースにはならないと予想します(したいw)。

 


 

 1 インティ

20211011_20211011153501

一ヶ月超びっしりと坂路をこなしてきた。

しかし好時計はほとんど出さず。

まさに「出さず」。

狙いがあってのことでしょう。

この馬はどうしても「掛かる」癖があるそうで。

最近は逃げても番手でも差しても競馬できてますが、いずれも道中掛かってもったいなかったというのがジョッキーの感想。

(ほぼ武さんですが)

この我慢に我慢の遅い坂路調整は精神トレーニングでしょう。

今回はその成果が出せるかどうか。

砂が変わって時計のかかる馬場になるのは◯。

昨年のように1000m57秒のハイペースではもちませんでした。

競ったモズアスコットが最後までもったのは、まさに芝のペースのレースだった証拠。

今回はきっちり得意の1分フラットで回れないか。

内枠に入って、出遅れなければ先手とれそう。

一昨年のフェブラリーS勝利の再現といきましょう。

 


 

 3 サンライズノヴァ

20211011_20211011162701

んんん~・・・

これは残念か。

期待しようと思ってたんだけど。

さすがに動けてないのでは。

末脚自慢のはずが、今回叩いてもいつものキレを出せず仕舞い。

そのかわり、やけにテンからとばすペース配分ばかりで・・・・

ん!?

あ。

( ゚д゚)ハッ!

これはw

そうか、昨年このレースを4着した次の武蔵野Sの時の坂路調整パターンなのか。

お!

そういう目で見直せば、これはその武蔵野S勝ち同等の時計の出し方ができてる!

むしろ全体的には今回の方が底上げできてる感すらあるか。

最終坂路での最後の止まる感じがイヤ~っだったんだけど、これは許容範囲なのか。

おお。

やっぱり期待してよさげじゃん!w

というわけで激走期待。

 


 

10 ワイドファラオ

迷走中だしねー・・・

今回も、来ないでね?w

 


 

13 エアスピネル

おお、これは。

動きよし。

フェブラリーS2着時よりも動けてますよw

これは本命じゃないですかね?w

 


 

14 ヒロシゲゴールド

坂路の動きが前走以上にキレッキレw

あれ?でも今回はマイルだよね?w

さすがに惰性でいける昨年までの盛岡のダートじゃないから・・・

無理だよね?

 


 

15 ソリストサンダー

あれ?本番前の仕上げにしては、いつもの好時計全然だしてないじゃん。

と思ったら、

どうやら9/29の日本テレビ盃に出走予定で仕上げてたらしく、その日程できっちりいつものパターンで時計だしてありました。

その日本テレビ盃当週追いでは自己ベストを叩き出してましたねー。

なんで出なかったんだろ?

今回はそのお釣りで走ろうってことみたいで。

大丈夫なんでしょうか?w

で、冒頭言った通りの控えめの流す程度の坂路調整に終えたようで。

それでも終いのキレは仕上がりを感じさせるものを見せてます。

9割くらいの出来でいけるんじゃないでしょうか?

となると。

昨年の武蔵野Sでサンライズノヴァの2着。

前々走かしわ記念ではカジノフォンテンを猛追しての2着。

左回りワンターンのマイルも、重い馬場もむしろ得意なところを見せつける実績。

前走エルムSのバテて止まったのは謎ですが、今回の仕上げに不安点はほぼなし。

武蔵野Sの再現を。

 


 

16 アルクトス

20211011

これは取捨が難しい。

脚部不安があったそうで、調教控えめだったらしく。

一週前と最終のみ時計をだしたそうで、控えてきた分、かなり元気いっぱいに動けた模様。

しかし、この馬は本番のダートで結果が大きく左右するっぽい。

ここ2年、盛岡と浦和のダートしか好走なし。

どちらも軽~いダートで有名。

今回の盛岡ダートは一変。昨年とは雲泥の差かと。

コンディションが悪いようには見えないけど、この馬場にパフォーマンスを削られるはずと見ます。

少し割引で。

 


 

以上!!

JRA馬だけ!

結論は、東京マイルの再現とみました!!

すなわち、こう!

 

13 エアスピネル    フェブラリーS 2着

 3 サンライズノヴァ  武蔵野S 1着

15 ソリストサンダー  武蔵野S 2着

 

そして、ヒモ穴が

16 アルクトス     ワンターン下り坂がいいのかも知れん

 1 インティ      それでもやっぱり加齢の限界を払拭できず・・

 

以上!

結果が楽しみですね!

 

 

2021年9月27日 (月)

日本テレビ盃(JpnII)の予想

今回は少し早めに記事を書き始めてみたり。

 

の前に・・少しだけ先週のJRAの反省・・

「大穴2つも狙っちゃだめ」ですね。爺ちゃんも言ってた。

二兎追う者は一兎も得ず、と言ってもいいのかも。

シャフリヤール、レイパパレの不調を言い当てても、さらに穴馬を期待してたのでは馬券は当たらない・・。

それと、万馬券狙いを一旦自重してみようかな。

単勝・複勝・ワイドでも当てれば勝ちは勝ちですもんね・・・

そのへん、冷静沈着堅実な馬券ってのも試してみようかな。

 

と、言うわけで、日本テレビ盃の予想にいってみまっしょい!

 


 

△  1 ダノンファラオ

20210929

追切:△ 馬場:◯ 評価:△

 

コンディショングラフに好走時のパターンが見える気がします。

今回は明らかに物足りないパターン。

速い時計を出した時に末脚がついてこない感じ。

先日のシャフリヤールのような印象です。

本番はJBCってことかな?

前哨戦で不甲斐なく止まってしまう印象を与えておいて、本番でのマークを薄くする作戦?w

いずれにせよ、コンディショングラフからは、ちょっと推せないかな。

 


 

◯  2 クリソベリル

20210929_20210927175401

追切:▲ 馬場:▲ 評価:◯

 

ぱっと見で「安定しすぎ。すげーw」と思っちゃった。

だけど、グラフをよーく見ると、今回は全体的に時計が出てない印象。

ただ、1ヶ月びっしり本数こなして、安定してこの時計なのだから・・・予定通りなのか?

叩いて時計を出した時はこれまでで一番良いくらいの時計だし。

経験積んで、追い切りでは自発的にメリハリをつけるようになったってことかな?

母父エルコンドルパサーとか、絶対賢そうだもんなw

 

まぁ、本番はJBCだろうから、ここでメイチにしないのは当然。

特にこの馬は間隔を詰めて良いタイプじゃないしね。

8割の仕上げでも、今回のメンバーなら楽勝?

そんなこと言ったら、ノンコやサルサディオーネが怒りますよ?w

でも、小回り金沢のJBCを回避したい気分なら、今回は勝ちに行ってもチャンピオンズCには再調整間に合うか。

うーんw

 

まーほぼ本命視でいいけど、もしライバルが絶好調なら脚元すくわれるかも?ってことで!

 


 

★  9 メイショウダジン

20210929_20210929161901

追切:◯ 馬場:◯ 評価:★

 

4歳の夏を越して一皮むけた「かも」しれないw

前走の勝ち方はそのくらい力強かった。

速い脚がないので、とにかく時計のかかる馬場がいい。

その点で今回の船橋ダートはうってつけ。

OP入り初戦がいきなりのJpnIIでGI馬相手でしかも初船橋・初ナイターだけど・・

臆せず自分のレースをすれば・・・

4番手くらいには・・・・w

ま、交流重賞でJRA馬は人気と逆に買えって爺ちゃんが言ってましたしね!

勢いに期待。

 


 

▲ 11 ラストマン

20210929_20210929183601

追切:◯ 馬場:▲ 評価:▲

 

クリソベリルのいとこだそうです。

母母が一緒。

砂をかぶるのを嫌がる馬は多いですが、この馬は砂を被った方が走りやすいそうです。

となると、大外枠はちょっと困る?

でもま、JpnIIの交流重賞ならJRA勢のスピードが違いますから、自然と馬群もバラけるので。

むしろ好きな位置に入り込みやすいかな?

それにスタートから1コーナーまで400mあるので、慌てずに位置取りできると思いたい。

 

追い切りは、↑のメイショウダジンでも思ったけど、この馬も夏超えて一回り成長したかな?

坂路の時計がおそらく一回り良くなってる気がする。

1週前に自己ベストを叩き出してます。

最終でも同等のキレを確認。

 

夏前の盛岡マーキュリーカップではマスターフェンサーやヒストリーメイカー・デルマルーヴルなどについで5着。

まぁJRA勢のビリなんですけどw

盛岡の3・4コーナーは非常に大きくゆるいのでスピードが落ちない。

そこで離されたのが大きかったのですが、直線では元気いっぱいに追い込んでました。

 

この馬は2勝・3勝クラスでの勝ち上がりがいずれも中山。

直線の短い、上がりのかかるコースで差し切ってるんですね。

つまり、キレがある。

船橋コースの3・4コーナーはスパイラルカーブ。

入りは速いけど、4コーナーがきつくてブレーキがかかるか大きく膨らませるか。

いずれにせよ、盛岡よりかは失速して直線再加速のキレが着順に影響しそう。

勝ち切るまでは難しくとも、逃げ先行馬が失速したところを差し拾うチャンスはあるのでは?

ノレてる菅原明良ジョッキーだしね!

控えめに言っても3着期待!

 


 

以上がJRA勢!

まとめると、こう!

△  1 ダノンファラオ

◯  2 クリソベリル

▲ 11 ラストマン

★  9 メイショウダジン

あれ?本命がいないぞ?w

 

その前に地元勢を加えましょう。

▲  8 ノンコノユメ

JRA先行2頭にはついていけないが、差し組の中では最上位。気合さえあれば。

△ 10 サルサディオーネ

持ちタイム優秀で逃げ粘れれば、だが・・・好成績は牝馬限定戦でのものだしね。

 

そして、先のJRA勢の各馬評価にもまだ迷ってて、見直すと・・・

◎  1 ダノンファラオ

追い切りでラスト止まって見えるのを悪く見て失敗したジンクスがあった気がするー・・w

何気に全体時計は超いいわけで、最内枠の逃げ馬はこのレース・コースで好成績。

正攻法の逃げ切り狙いなら。

 

以上、最終予想はこう!

◎  1 ダノンファラオ    3番人気

◯  2 クリソベリル     1番人気

▲ 11 ラストマン      6番人気

▲  8 ノンコノユメ     4番人気

★  9 メイショウダジン   5番人気

△ 10 サルサディオーネ   2番人気

 

馬券的には

馬単 1→2

3連複 1-2-11

3連単 (1=2)-(11,10,9,8)

みたいな。

 

クリソベリル、どうでしょうね?

結果が楽しみですね!

 

2021年9月23日 (木)

オーバルスプリント(JpnIII)の予想

今日の浦和の馬場は良発表。

前座レースを見ててもフッカフカの重いダートぽくて、時計も上がりもかかりそう。

ほぼほぼ昨年と同じ感じと思えばいいかな?

 

となると、スパッと切れるような脚よりも重戦車パワー系。

もちろんキレはなくともスタミナ重視。

馬体重の重い順と思ってもいいくらい。(?)

 

あとはJBCスプリントへ向けて賞金加算を目論む陣営もいるとかいないとか?w

 

ではでは、各馬評価をいきまっしょい!

 


 

◎ 12 テイエムサウスダン

 

はい本命です。鉄板の本命。

いきなり予想終了でしょうかw

実績を見てもスピード負けしてるけど時計のかかる馬場なら圧勝もあり。

 

近2走が象徴的。

前走の名古屋は薄いダートで結構速い馬場。

まんまとラプタスに行き切らせてしまいました。

しかし、前々走の高知はフッカフカの重々ダート。

そこでぶっちぎりの圧勝。

時計も上がりも名古屋の方が速いのに負けて、

時計も上がりもズブズブにかかって遅い高知で圧勝なのです。

 

今日の浦和はフカフカの良馬場!

中央場も手こずって時計も上がりのズブズブにかかる馬場です。

ならばこの馬テイエムサウスダンの独壇場!

 

追い切りも絶好調。

まだ4歳。夏を越えてもうひと回り成長した模様。

夏前より一回りも二回りも速い坂路時計を見事な加速ラップで叩き出してます。

 

大外枠は不利だし、ラプタスは最内枠と最悪の条件っぽく・・

前々走かきつばた記念と同じ展開になりそうですけどね。

今度は4コーナーの立ち上がりでこちらが捲くりあげて突き放します。

 

ラプタスのとこで書けばいいけど、先にこちらに「ラプタスのマイナス要素」を。

左回り経験は東京1度のみで大敗。

どうも右手前がぎこちなく、左回りコースは苦手くさい。

前走9/1サマーチャンピオンを激走して中2週

中間坂路2回しか追いきれてないし、遠征遠征はさすがに疲れとダメージあるでしょ。

 

そして何よりも・・・

馬体重で圧勝www

ラプタスは前走468kg。

テイエムサウスダンは前走なんと539kgですよ!!

圧倒的勝利ww

 

ま、とにかく追い切りの好調さ、コンディションの良さを重視する当ブログでは本命にせざるを得ません。

圧勝期待!!

 


 

▲  1 ラプタス

▲  3 サクセスエナジー

 

どちらも中2週の強行軍(?)

ラプタスは予定外でも若さと最内枠でなんとかするかもですけど・・

サクセスエナジーは明らかに前走が勝負レースだったはずで、今回中2週でも坂路をびっしり叩いてきました。

もう7歳なのに大丈夫ですか?と思うくらいw

うーん・・叩いて叩いて走るタイプかな・・・?

短い直線、3・4コーナーを強引にまくってどこまでってレースをするんでしょうね。

どちらも最後でぱったり止まって足元すくわれるんじゃないかなー・・

▲評価どまりで。

 


 

◯  4 アンティノウス

 

期待は大井所属のこの馬。

前走同条件のプラチナカップを快勝。

3.4コーナーの捲くりあげも直線の突き放しっぷりも素晴らしかった。

プラチナカップからの王道ローテをまずは信頼。

クロフネ産駒の厳しい上りのかかる展開での台頭も期待できるはず。

JRA先行勢のつぶしあいを後ろから差す。

テイエムサウスダンを差し切るところまで想定した方がいいかも。

 


 

★  2 ベストマッチョ

 

アンティノウス同様に内枠でじっくりこっそり追走から直線ズドン期待。

前走完敗は間隔が詰まってたから。

十分休養した今回は走るはず。

 


 

時間がねえ!w

以上!

まとめると、こう!

 

◎ 12 テイエムサウスダン

◯  4 アンティノウス

★  2 ベストマッチョ

▲  1 ラプタス

▲  3 サクセスエナジー

 

ですね!

当たってお願い!

結果が楽しみですね!

より以前の記事一覧